【21183】塩江温泉鉄道跡を訪ねて

湯口先輩の20981「長春の旧塩江温泉鉄道気動車」を拝見して、2009年の年末に塩江温泉鉄道跡で少し写真を撮っていたので、ご紹介します。徳島県側から山越えし 塩江を通ったときのスナップです。線路跡は「ガソリン道」と呼ばれているようですが、知らない人には何のことかわからないネーミングですネ。
ガソリンカーの漫画がよく描けている

ガソリンカーの漫画がよく描けている

塩江温泉駅跡に建つ食堂と香東川の橋台跡
塩江温泉駅跡に建つ食堂と香東川の橋台跡
香東川の橋脚と橋台跡
香東川の橋脚と橋台跡
道路として使われているトンネル
道路として使われているトンネル
手前は鉄道橋の橋脚、向こうに見えるのは沈降道路橋
手前は鉄道橋の橋脚、向こうに見えるのは沈降道路橋

以上のように 塩江温泉から香東川沿いに線路跡はよく残っていましたが、谷が開けて平野部に入ると高松空港もあって道路が整備され、琴電仏生山駅付近も殆ど痕跡が見れませんでした。昭和4年から昭和16年までの短い生涯の鉄道だったにしては、よく遺構が残っているほうだと思いました。撮影は平成21年12月29日ですから、今は少し変わっているかもしれません。 

 

コメントを残す