【42163】EVE展示から「京都市電で偲ぶ昭和の同志社」 -5-

烏丸上立売

烏丸上立売にも電停があったことを現役会員に言うと、驚いていた。確かに、市電廃止後の代替バスにも烏丸上立売バス停はあったものの、地下鉄開業後はそれもなくなり、もう30年以上も「烏丸上立売」は存在しない。現在、烏丸今出川~烏丸車庫前(現・北大路駅前)は、市電外郭線内の廃止路線で唯一市バスの走らない区間である。京都バスは走っているものの、烏丸今出川のつぎは、烏丸中学前である。

・EVE 福田IMG0038sy【17】烏丸線には「烏丸上立売」の電停もあった。右の建物は、当時の学生会館(大学側は大学会館と呼んでいた)で、現在の寒梅館の建つ位置である。 (昭和49年 撮影/福田静二)

131130_019sy当時の学生会館は学生のための厚生施設で、食堂や書店があったが、学友会本部もあり、大学闘争の拠点ともなっていた。学友会本部は、落書きだらけ、ゴミ屋敷同然の鬼気迫るところで、近づき難かった。現在は寒梅館が建って、すっかりしゃれた雰囲気に変わったが、手前の店2軒が、外観もほぼそのままで今も健在なのが面白い。

 

・EVE 井原C680526sy【18】学生会館から見た烏丸線の市電。15系統800形と6系統700形がすれ違う。電停上にも市電が停車中。左手に図書館が建つ前の華族会館が見え、京都御苑の緑も背後に広がる。(昭和43年 撮影/井原 実)

IMG_0031

学生会館は、同志社の建物には珍しく、レンガ色のタイル貼りの外観だった。アジビラが貼られている学生会館の前を、まもなく廃車となる700形が行く。外観を見ても、撮影できるようなところがなく、上の俯瞰写真はどこから撮られたのか謎である。

EVE展示から「京都市電で偲ぶ昭和の同志社」 -5-” への2件のコメント

  1. 総本家青信号特派員様
    学生会館は本文にも書かれている食堂(学館食堂と呼んでいました)で新入生のころ半年くらい配膳のバイトをしていましたので、特に思い入れがあります。学館の2階には女子ラウンジがあって、当時その存在を知らず、中に入ったことも無かったのですが、ある時、例のごとく全学連が烏丸通を封鎖して機動隊と乱闘になったことがありました。その際私はたまたま学館の前あたりにいて、あわてて皆と学館に逃げ込んだところ、女子ラウンジがあって、中にいた子がわれわれをラウンジに入れてくれました。そこからは烏丸通が一望に眺められ、しばし、学生と機動隊の衝突を眺めていました。俯瞰の写真はそこから望遠で撮ったような風景ですが、2階からでは少し低すぎるような気がします。ラウンジはもっと上の階にあったのでしょうか。尚、残念ながらその後女子ラウンジに入る機会はありませんでした。

  2. 大津の86様
    おっしゃるように女子ラウンジに忍び込んで撮影したのではありません。
    その時私は新入生で、模型班の人に連れていかれて、学館の屋上に近い階の東南角の部屋で何か作業を命じられたのですが、烏丸通りに面した窓が少し開き、なんとか外へ出られたので狭い露台で「落ちたら助からんな」と思いつつ命懸けで撮影したものです。レンズは200ミリでした。

コメントを残す