【50614】2014年 ドイツ、メルヘン鉄道の旅 Part28  ドレスデンのトラム

1616_1▲ アウグスト2世騎馬像に向かってT字路交差点を左に曲がって行くトラム。
東洋から伝わった白磁は中世の西洋では憧れの陶器でした。これを西洋でも作るように命じたのがアウグスト2世。そして作られたマイセン磁器は今日、世界に名だたる西洋白磁の頂点として育ちました。
またアウグスト2世はドレスデンに多くの宮殿を建築し、ドレスデンを芸術・文化の町へと導きました。その功績をたたえて、ここには金色に輝くアウグスト2世像が立っていました。

記事の続きを読む


【50615】50年前の撮影地を行く -3- 余話その2

新幹線記事を切り抜く

新幹線の開業が迫っていた時期の京都での話題は、やはり最速列車の超特急(まだ愛称は決まっていなかった)の京都停車問題だった。当初の最速列車の停車駅は名古屋だけで、京都は通過扱いだった。これは、京都に停車すると、路盤安定後の営業運転で、3時間ジャストを維持できないと言うのが表向きの理由だった。なかには、京都周辺の土地買収がなかなか進捗せず工期も遅れ気味だったため、協力しなかった京都府市への仕返しだとも囁かれた。しかし、“特急が停まるとは言え、特急は各駅停車ではないか”と、京都人のプライドがいたく傷つけられた。各所を巻き込んでの陳情合戦の末、ついに超特急の京都停車が実現するのは、開業のわずか1ヵ月半前のことだった。

sy381220開業まで10ヵ月を切ったと言うのに、まだ停車駅が決まらない昭和38年12月20日の新聞。これから京都の逆襲が始まる。

記事の続きを読む


【50493】2014年 ドイツ、メルヘン鉄道の旅 Part27 ラーデボイル(Radeburg)鉄道=レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)

106 ▲ 13:23 撮影地② Google座標; 51.149872, 13.677221
青く晴れた空の下、多くの観光客を乗せた9両のレトロ客車編成が丘陵を駆けてきます。
ドイツらしいメルヘンな光景が広がっていました。

Logo Traditionsbahn Radebeul e.V.ラーデボイル(Radeburg)鉄道は、レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)とも呼ばれています。
logoslogan89blau開業は1884年、ラーデボイル-オスト~ラーデブルク16.634キロの路線でゲージは750㎜、最大勾配16.6‰、最高速度30km/h。
ドレスデン近郊にある他の2路線と合わせてサクソン蒸気鉄道会社(SDG)が経営しています。

ラーデンボイル鉄道としての公式HPはこちらです。
レスニッツグルント鉄道としての公式HPはこちらです。 記事の続きを読む


【50565】新幹線を走った阪急電車。

INUBUSEです。
新幹線を走った阪急電車が話題となっていますがその昔 名古屋に住んでいた時に乗った記憶がありましたので アルバムを探してみました。1963年(昭和38年)11月10日と書かれていました。中学3年生の時です。当日「比叡1号」で京都へ行き、駅前で市電を写し四条から阪急電車(2300形特急)で梅田に行ったようです。新幹線線路を走る阪急電車に乗るのが目的だったようです。
写真は河原町発車前の大阪梅田行き特急2300形です。
2302-2352+2313-2333-2363の5連です。
この特急に乗車しました。
19631110 2300-2

記事の続きを読む


【50530】どですかでん さん のリクエスト記事

新幹線を走った阪急電車

昨日のコメントで、どですかでんさんから頂いた「新幹線を走った阪急電車」の記事リクエスト、京都周辺の新幹線ニュースなら必須なのに、私のスクラップブック「新幹線の出来るまで」にはありませんでした。あわてて物置に駆け込み、探索しましたところ、ありました。新幹線の分類ではなく、一般の鉄道の分類をしていましたので、別のスクラップに貼っていました。

いずれも昭和38年4月24日夕刊の記事です。「一足お先に超特急」のタイトルが、当時の事情をよく物語っています。私も、切り替え直後に乗ったことがありましたが、とくに乗り心地で印象に残っていることはなく、新幹線気分を味わうことは出来ませんでした。ただ、今まで地上線だったところが、築堤に移設され、窓から見る風景が違っていたことは覚えています。

なお、私は写真を撮ってはいませんが、I原さんは撮影された写真があるはずです。

sy2地上線だった阪急京都線大山崎~水無瀬~上牧は、平行して新幹線が築堤で建設されることになり、阪急も新幹線と同じ築堤で高架化することになった。阪急の工事期間中、すでに完成している新幹線の軌道を走ることになったもの。阪急が標準軌だったからこそ出来た芸当だった。

記事の続きを読む


【50495】50年前の撮影地を歩く-3- 余話その1

新幹線記事を切り抜く(1)

-3-で扱った新幹線開業のことで少し横道へ。
大阪のデパートに「夢の超特急展」を見に行ったところ、当時のパンフ、新聞記事などの紙資料も多く展示されていた。さらに、ピクの最新号「東海道新幹線50年」を見ると、高名な鉄道研究家の名を採って△△コレクションとして、当時の新聞記事が載せられていた。なるほど、新聞記事の切り抜きでも、50年も経てば立派な資料として展示・掲載されるのか、と改めて思ったものだ。
私も鉄道関連の新聞切り抜きは、中学生、高校生時代には熱心にやっていた。鉄道の成長期だったから、新線開業や車両新造も多く、“△△で電車とダンプが衝突”と言った、当時は日常茶飯事の鉄道事故まで、こと細かに切り抜いていた。いま見返しても、鉄道雑誌には決して載らないローカルネタは貴重な記録で、不鮮明ながらも添えられた写真にも注目である。
その時代の鉄道の注目株は何と言っても新幹線だった。新聞にも、大きな扱いで記事が載り、私も“新幹線ができるまで”とタイトルを付けた特製のスクラップブックを作っていた。そのなかから、京都を中心とした新幹線関連の記事を時代順に抜粋してみた。sy371027初めて切り抜いた新幹線の記事。従来の狭軌のスピード記録175キロを、初めて広軌の新幹線が190キロを出して追い抜いた、と言うもの(昭和37年10月27日)。

記事の続きを読む