【52720】提携先のカラー電車

 表題だけでは何のことかよく分からないが要するに最近相互PRと称して連携や提携する相手先車両の色を相互に採用して話題となっている電車のことである。デジ青2014年6月18日[48069]で京急の西武色黄色電車Happy Trainを紹介したが、今回は西武の京急色赤色電車Lucky Trainおよび同じ様な趣旨の提携先カラー電車を紹介したい。

2014.10.21六郷土手駅を通過する快速特急三崎口行きHappy Train 1057▼

s-14.10.21六郷土手

記事の続きを読む


【52899】定山渓鉄道モロ1100型

申し訳ないけど定山渓には一度も乗っていません。見たこともありません。
でも、“北限の電車”には魅力を感じます。 札幌のディーゼル市電と共に乗ってみたかった鉄道でした。
定山渓モロ1100_NEW 定山渓モロ1100(文)_NEW


【52792】 秋は気ままに一人旅 -4-

湘南色115系を撮る141007_074sysy八木原駅を発車する水上発高崎行き726M、クハ115-1028ほかの7連。朝の光線のなかに湘南色の長編成がよく映えていた。

高崎で泊まって、翌日は上越線に向かった。上越線は夜行列車で通ったことはあるが、日中は、以前に準特急さんと八木原へ写しに行った程度で、ほとんど初めての乗車・訪問だった。北陸新幹線が開業すると、上越線も様変わりする。その前に一度は行っておきたかった。
さらに高崎~水上には湘南色の115系がまだ頑張っている。関西での113系湘南色車もほぼ絶えてしまったいま、ヘンな細工も何もない、手入れの行き届いた原色を堅持する高崎車両センターの115系は貴重な存在になってきた。同センターの115系は、3連、4連の固定編成に分れ、上越線をはじめ、高崎周辺の信越線、吾妻線、両毛線で使用されている。

記事の続きを読む


【52774】2014年 天空の鏡 チャカ塩湖に走るナローへの旅 Part12 西安⇒北京 西安北站、中国高速鉄道の現状

高速鉄路03▲ 今日は西安北からCRH(高速電車)に乗車して北京西に向かいます。赤線が乗車する高速鉄路の区間(営業距離:1,216キロ)です。
中国の高速鉄路は北京オリンピック直前の2008年8月1日に開業した京津城際鉄道(北京南~天津、116.907キロ)から始まりました。実質距離こそ違えてはいますが、日本の新幹線(東京~新大阪、515.4キロ)が東京オンピック直前の1964年10月1日に開業したのとよく似ています。
国家の威信をかけて建設されましたが、中国では大躍進の新規開業が相次ぎ、気が付けば10,000キロを超えて日本の新幹線(2,620.2キロ)の3倍を上回る距離で建設されています。今年中には4倍を越えようとしています。

なぜにこれほど計画通りスムーズに開業が相次いでいるのか、それは都市間移動短縮に伴う大きな経済効果があげられますが、中国では55もの少数民族を有しているがために日本とは違った事情があります。
最近では新疆ウィグル自治区に始まり、少数民族による反政府テロが発生しました。これを武力鎮圧するには短時間で大勢の軍隊を移動させなければなりません。外務省公式HPでは中国960k㎡、日本は38万k㎡と約25倍もの大差があって、もし有事があった場合には高速大量輸送が国策上で欠かせないためでもありました。
高速鉄路建設には最初に用地買収が必要ですが、土地は国の物であって使用権は認められているものの国策となれば転居は強制的に行われます。日本とは全く違った状況が早期の高速鉄路建設の前進を進めました。
記事の続きを読む


【52772】 秋は気ままに一人旅 -3-

上信で夕陽を狙ってみる

141007_037sysysy上信電鉄南高崎~根小屋の烏川鉄橋で、上信に31年ぶり登場の新車7000形を流してみた。車内はセミクロスシーシになっていることが分かる。

深谷で廃線跡探索のあと、近代建築巡りにも時間を割いたため、想定外の長居となってしまった。高崎に着いたのは、もう陽が傾きかけていた。高崎で夕方となると、行くところは決まってくる。上信電鉄南高崎の先にある烏川鉄橋だ。上信高崎駅に行くと、沿線の富岡製糸場の世界遺産登録の号外が貼ってあったりで、世界遺産の恩恵は相当なもののようだ。烏川鉄橋の夕景は今回で3回目だが、なかなかいい夕陽に恵まれず、この日も昼間は青空だったものの、次第に雲が多くなってきた。失意のうちに電車に乗り込むと、発車のとたんに居眠りしてしまい、気がついた時は、くだんの烏川鉄橋を渡っているところだった。居眠りによる乗り過ごしはよくあることで、慌てることなく、つぎの根小屋で下車、オバチャン駅長に聞くと、撮影者はみんなこの駅から歩いて鉄橋まで行くとのこと、たしかに農道をたどっていくと、それほど時間も掛からず、鉄道橋の南に架かる、人・自転車専用の木橋に着くことができた。なお、南高崎~根小屋には新幹線高架の直下に佐野信号所があり、日中はここで列車交換を行なっているが、今年12月からは“佐野のわたし駅”として駅に昇格するとのこと、駅ができれば、烏川に最も近く、撮影は格段に便利になる。

記事の続きを読む


【52666】2014年 天空の鏡 チャカ塩湖に走るナローへの旅 Part11 陝西歴史博物館、回民街グルメ

DSCN47807023▲ 今日も西安の回民街でグルメウォッチングです。その中でも愛想と威勢が良かったのは炭火でゆっくりと鶏を焙るおばちゃまです。
焼け出した鶏から出た油がジュウジュウと音を立てて炭火に落ちます。その度に香ばしい煙が立ち上がり、鶏を燻していきます。美味さを増してコンガリと焼き色が付いたところで1本いただきました。パリパリとした皮と、ほどよく火が通った食感、そして味付けは抜群で、大変美味しくいただきました

今回のPart11には、鉄分が含まれておりません。ご承知、ご了解の上、ご覧ください。
記事の続きを読む