【19886】2012年冬から春への中国鉄路一人旅     ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅 総集編

海外旅行では欠かせない、クレジットカードを忘れるという大失態から始まった旅でしたが、倹約を重ねて何とか手持ちの現金でやりくりしながら、O氏に自宅から送ってもらったクレジットカードを持ってきていただくまでを凌ぎました。
O氏と合流できなかった場合は、街角に這いつくばって道行く人からの施しをお願いするしかないかと覚悟しておりました。O氏様、助かりました。ありがとうございました。

44日間の人生最長の旅は、前半の「2012年冬から春への中国鉄路一人旅」と、後半の「ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅」になっております。まとめましたので、ご覧ください。


▲ 今回の旅では、成都から广州までと、深圳から大連までは、飛行機を利用しましたので、乗車地図では、つながっていません。

▲ 昆明のメータゲージ区間は、時刻表に記載がないので、現在調べております。分り次第に差し替えます。广州~九龍間の乗車距離は、中国鉄路区間のみです。

下記をクリックしていただきますと、内容をご覧いただけます。

【2012年冬から春への中国鉄路一人旅】

Part  1  とほほのスタート
Part  2 1891次に乗って齐齐哈尔へ
Part  3 富拉尔基(フラジル)の蒸気機関車
Part  4  国境の町、黒河(ヘイフー)へ
Part  5 国境の町、黑河(ヘイフー)のあじあ号展望車
Part  6 ( ハルピン )から鸡西(ジーシー)へ
Part  7  鶏西鉱業集団鉄路 その1
Part  8  鶏西鉱業集団鉄路 その2
Part  9  鶏西鉱業集団鉄路 その3
Part10 大地横断5,010キロ 鸡西から昆明へ
Part11 昆明のメータゲージ、 湏越(雲南)鉄道
Part12  昆明のミシェラン 雲南鉄路列車陳列館
Part13  成昆鉄路に乗って、グースの里 北碚(ベイベイ)へ
Part14  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その1
Part15 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2
Part16 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その3
Part17 北碚(ベイベイ)から重慶(重庆)へ
Part18 重慶モノレール(重庆軌道交通)
Part19 重慶から芭石鉄道へ
Part20 芭石鉄道その1
Part21 芭石鉄道その2
Part22 芭石鉄道その3
Part23 簡単便利に購入できる中国国内線航空券と鉄道切符
Part24 一旦出国、再入国で大連へ
Part25 大连市電(大连軌道交通)

【ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅】

Part  1 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その1
Part  2 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その2 展示車両
Part  3 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型)
Part  4 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型) その2
Part  5 平庄炭鉱から阜新炭鉱へ
Part  6 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その1

Part  7 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その2
Part  8 北台製鉄所 その1
Part  9 北台製鉄所 その2
Part10 北台製鉄所 その3
Part11 錦州八角台発電所の建設型
Part12 瀋陽から天津へ、そして帰国

以上です。現在、次の中国鉄路乗車の旅も始まっております。近々にアップロード始めさせていただきますので、またご覧いただければ幸いです。


【18653】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part15  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2

第19日目  3月8日
① 北碚
6:45(Bus)→7:05水土7:20→7:55泰山石

今日は朝から頑張るぞと、薄暗い中バスに乗って水土へ向かいました。水土から炭鉱までは、黄色の小型バスが30分に1本出ているのを昨日確認済みです。泰山石に到着すると、丁度グースご一行がやってきました。今日の朝は、5編成が続行しています。

▲ 泰山石で1度停車してから、間隔をあけて順に発車していきます。


▲ 戻りの5列車を待ち受けるには、昨日通った大カーブが1番だろうと待ちました。
9:55、 最初の列車が戻ってきました。行く時は、石炭満載でしたので、かなり間隔を開けての続行運転でしたが、帰りは空車ですので、ぴったりでやってきます。


▲ 天気は回復しませんが、何とか持ちそうです。午前2番目の石炭列車が来ましたが、間隔が全く違います。

▲ 気分が乗ってきたところで、泰山石に戻って小さな食堂に入りました。おばちゃん、何か作ってというと出てきたのは、これでした。まずくはないが、美味しいと言える菜ではありません。


まずかったのは、昼飯だけではなく、撮影場所で待っていても中々来ないので、泰山石に向かって歩いていくと、遅れていた戻り便が来てしまいました。 もう少し粘り強く待てば良いカットが撮れましたが・・・。どうも疲労が蓄積されてきて、いつもとは違うと気づき始めました。喉も痛み、発熱しています。
こんな時は、薬を飲んで、早くベットに入った方が良いだろうと、切り上げることにしました。


【18592】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part14  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その1

第18日目 3月7日

北碚12:10(Bus)→12:30水土鎮
② 水土12:35(バイクTaxi)→12:52 302工場
③ 302工場13:03(グース)→13:56炭鉱

朝起きて暗闇の外を見ましたら、今日も雨が降っています。初めての撮影地で、ぬかるみも多く山の中です。出発は天候の回復を待ってからの方が良いなあと、様子を見ることにしました。しかし、雨はやみそうにありません。12時前には早めに昼食を済ませて昨日調べておいたバスに乗りました。

北碚だけの地図が見つかりました。ただ炭鉱鉄道については、路線の記載がありません。どこを走っているのかは、グーグルアースを見ながら線路をたどっていく以外ありません。バスは30分に1本が運行されていて、乗車20分で水土に着きました。
ここから、公共機関がありません 。歩くにも目的地302工場と距離が分りません。丁度、客を降ろしたバイクTaxiと料金交渉しましたが。25元を譲らず、言いなりです。
コンクリート舗装はしてありますが、補修はされていなく穴だらけの岩の上を走って行きますと、302工場だという広場がありました。グースや線路など見えません.
近くの雑貨屋のお姉さんに聞くと。上よと指さします。坂道を上がると、2編成のグースが見えました。

【江合煤鉱鉄道】
開業は1890年、山の炭鉱から水土付近まで石炭を輸送するるために英国人が建設した延長11.3キロ600㎜ゲージの炭鉱鉄道。 1885年までは客運もやっていたとか、当初から蒸気機関車は配属されず、トラック用エンジンを載せて、自社製で走っています。
なぜにグースと呼ぶのか私は分っていませんが。O氏より「galopping gooseは駆け回るガチョウという意味で、ボンネット付きトラックの荷台を改造して線路上を走れるようにした気動車の一種とありました。」とのフォローをいただきました。
しかし、何となく沿線のあちこちにいるグースに似たL型DLですので、そう名づけられたのかも・・・。


▲ 誰が名づけたのかグース、その中でも特異なのは、ベルト駆動です。プーリーにかかる5㎝幅の12本の古タイヤ製ベルト。これは古タイヤを5センチくらいの長さに切りボルトで繋いだものだそうです。見るのは初めてでした。
▲ 丁度13時。昼食が終わった運転手さんが出てこられました。1番偉そうな方に。「日本から、このDLの写真を撮りに来ました。ロケハンをしたいので、終点まで乗せていただけませんか?」と、嘆願すると、あっさり「可以=良いですよ」と返事が返ってきました。助手席に坐らせていただきました。

▲ 502工場をすぐに出発して、炭鉱へと、向かいます。時速は、約15~20km/h程度で、昆明で乗った1000㎜ゲージといい勝負です。唯一の交換駅泰山石までを0~5‰の緩やかな上り線になっていて、トンネルまでありました
▲ トンネルを出ると高速道路が見えてきました。初めての踏切がありましたが、運転手さんぱ突然に大声を上げて停車です。何かと思うと牽引していたトロッコ数両が、置き去りになりました。あわてて後進して、助手が連結をやり直しての出発です。振動は半端なものではありません。連結ピンが外れてしまったようです。
やがて、 13:31山石交換所に到着しましたが、交換する列車がないようで、停車することなく走行します。太山村の踏切からほぼ平行していた道路から90度右に回って再び山中に入っていきます。そして、ここがサミットなのか緩やかな下りとなりました。


▲ 13:56江合炭鉱に到着。思いもかけずの600㎜ゲージ、53分間乗車の楽しい時間を過ごせました。車上からのロケハンもばっちりです。運転手さんにお礼を言っておりました。


▲ 構内には、石炭を満載した列車が待機していました。ホッパーでは、積込みも行われています。DLは同じようですが、よく見ると1台1台違っています。

▲ そして、なんといってもいいのが、木製トロッコです。多分1台3~4トンを積んでいるのでしょうね。7両を牽引して、302工場に向かいます。 ここに採炭所があるそうです。

▲ ホッパー上に上がってみてみましたら。さらに600㎜ゲージ線があって、トンネルへと続いています。架線も張ってありますので、鉱山型の小型ELが走っていると思われます。さすが長いトンネルですので、ここへの突入は自重しました。炭鉱はまだこの先のようです。

14:30、下へ降りてみると、待機中だった採炭列車が1編成づつ302工場へと出発していきました。入口手前に左カーブをして行ったDLがありましたので、この先はどうなっているのかと行ってみました。


▲ U字型にカーブした先には、機関区がありました。そのまま入って撮っていますと、責任者らしき人が声をあげてしゃべってきますが、全然分りません。近づいて、にっこり笑ってから自己紹介と鉄道が好きなんだと申しますと、表情が変わって穏やかに機関車の説明をしていただきました。9台あると聞いたが今は何台かと聞くと6台と答えられます、出力190HPエンジンを積んでいると開けて見せてくれます。車両は全部自家製と誇らしげに言われました。

まだ時間もありましたので、明日からの撮影に備えて、交換駅の泰山石まで歩き出しました。
歩き出して分かったのですが、 全線の枕木は、石です。沿線に砕石場があって切り出されたものと思いますが、バラスも十分ではない状態でよく走行できているなあと感心します。

▲ 丁度いいカーブがあったのですが残念ながら、向こうが先にきてしまいました。

今日は昼から期待感なしにでましたのに、600㎜ゲージ乗車と全線のロケハンが出来ました。運行も午前2往復、午後2往復になるとお聞きしましたので、予定が立てやすくなりました。
明日の天候回復を祈って、早め就寝しました。


【18404】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part13  成昆鉄路に乗って、グースの里 北碚(ベイベイ)へ

第16・17日目 3月5・6日
① 昆明9:31(K114次)→5:31成都 1,100キロ 20時間6分
② 成都8:00(D5102次)→10:20
重庆北  315キロ 2時間20分
③ 重庆北10:45(Bus)→11:30北碚 約20数キロ 45分

今日は車窓が中国一と言われる成昆線の乗り鉄旅を楽しみます。計画時に成都昆明とどちらから乗車するのか迷いましたので、いつもの鄭州旅日記さんに聞きましたら、いずれも景観が最高と言われている区間は、夜間走行になる。私のお勧めは、昆明からですとの教えていただきました。
▲ 発車前の待合室。左が一般車、右が軟座車です。椅子が違って、広いです。
▲ 始発駅では、乗客も多く、途中駅よりも早くの約30分前に改札乗車開始ですが、さらに早くの40分前に始まりました。民族衣装の方がいないかと狙ってみたのですが、もう過去のもので、今時は祭りか、民族村にでも行かないと見れないのでしょうね。

【成昆線の歴史】
ロシアとの蜜月時代から一転紛争を抱えた中国では、今迄沿岸部で進めてきた兵器等の重工業建設を、攻撃防止のために内陸部へと方向転換しました。ベトナム戦争時には、兵士物資輸送のために成昆線の建設が行われましたが、世界でも有数の山岳区間を走る鉄路は、41%がトンネルと橋梁で、5ヶ所にループ線があります。12年間の人民総力を挙げての工事の末、1970年に総延長1,100キロが完成、2000年に電化されました。 当時の建設工事に携わった方から、1m進むのに人間一人が犠牲になった区間もあった、工事は難業を極めたとお聞きしました。当初は、軍事用路線ですので、軍事機密として車窓すら撮影禁止でした。
▲ 今では、もう解除されていますが、ループ線に入って撮ろうとすると、トンネルが連続して中々撮るのは難儀です。加えて、今日の同室者に若くて可愛いチワン族(壮族)の美少女が一緒で、会話が弾んでしまいました

中国には全人口の94%を占める漢族の他、55の少数民族が住んでいます。その中でも最も人口が多いのがチワン族で、美人が多いので有名です。 彼女は、昆明の大学生でまだ19才、少数民族らしく家族には、姉・弟と3人がおられますが、21才のお姉さんと18才の弟とも既に結婚していると聞いてびっくりです。
みんなそうなに若く結婚するのかと聞くと、だいたいそうだと言います。早婚の民族なのですね。貴女には婚約者はいますかと聞くと、まだ決めていないけれども、男朋友はたくさんいますと答えます。 今日は、大学の試験まで1ケ月あるので、成都にいる朋友に会いに行きホームステイさせてもらって、一緒に勉強しますと言います。授業は受けなくても良いのかと聞くと大丈夫との返答です。英語を学んでいて、次はフランス語を修学して、将来は通訳になりたいと夢を語ってくれました。英語でも話してみましたが、私より流暢で熱心に勉強しているなあと思いました。

旅行は好きですが、今迄昆明を出たことがなく、今回が初めての旅です。憧れている日本の方とお会いして話すのは初めてですので大変嬉しいと、日本についての質問がいろいろと出ました。 中国で寝台列車には数えきれないほど乗車していますが、これほど無垢な美少女と一緒は初めてでした。楽しい時間を過ごせました。しかしツーショットを忘れてしまったのが残念です。
▲ 成都局と肩を並べると思われる昆明局食堂車の料理の数々。味付けも美味しく値段も適正です。

翌朝、夜明け前に成都駅に定刻到着しました。私は、乗り換えて重庆まで向かいます。美少女に再見と別れの挨拶をして、待合室に向かいました。
▲ 昆明とは天候が一転して小雨模様の重庆北駅到着でした。
▲ 重庆北駅では、駅前のバスターミナルから 北碚へと向かうバスを探しました。辺りの人民に聞きながらようやく約30分後、558路(10元)が行くと分って乗り込みました。路線数が圧倒されるほど多いだけに番号と乗り場を聞いて探すのはいつも大変です。着いた 北碚では蔵重さんが泊まっておられた川儀大酒店に飛び込みで入りました。宿泊料は228元(約2900円)と予算内でした。部屋の広さはまあまあですが、エレベーター内に貼ってあった朝食無料のレストランがどの階かを聞くと、没有の返事です。なら、さっさと剥がせと言っておきましたが、これで3ツ星ホテルですから全体のサービスはお分かりと思います。


ここからグースの撮影地に向かうには、またバスに乗って、その先はバイクTaxiを捕まえないと行けません。ロケハンが必要ですが、今日は半日ゆっくり静養します。シャワーを浴びて、洗濯物を洗って干して、荷物の整理をしていたら昼はとっくに超えていました。


まず、昼食を食べに行ってから、撮影地へと向かうバス乗り場と路線番号の確認でした。 そして問題は天候です。今迄殆ど晴天でしたが、四川盆地は年中どこも霧・スモッグが多いのです。明日の天気を祈りました。