【77273】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅2016年 Part26 最後にウォンウェンヤイ駅で撮る、帰国

第16日目 8月17日 その3

インドネシア、タイ、ミャンマーと3カ国を回った旅も最終訪問地マハーチャイ線ウォンウェンヤイ駅へと参りました。タイ王国鉄道の駅でも気に入っている駅の1つです。前回は3回訪問していますので変わりはないか見る程度です。

⑤ バンワー16:05(BTS)⇒16:15ウォンウェンヤイ
03_%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%a4%e3%82%a4%e9%a7%85

ウォンウェンヤイ駅
▲ 今回も神谷さんたちと参りましたメークロンですが鉄道で参りますと、市内からの路線は途中、運河で切れてマハーチャイ線メークロン線に分かれています。この間の接続は運河を渡る鉄道連絡ボートが運航しているのが面白いところです。
ウォンウェンヤイ駅へ行くにはBTSシーロム線のウォンウェンヤイ駅で降りて約15分ばかし歩いて向かいます。
記事の続きを読む


【77037】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅2016年 Part25 タイ国鉄バンコク市内線(SRT)を撮る①

第16日目 8月17日 その1

今日は今回の旅の最終日です。帰国のフライトは23時ですので撮影には目一杯の時間があります。前回訪問した時はタイ国鉄(SRT)の市内線を撮りました。宿泊しているホテルも前回と同じですので、勝手知ったすぐ下を走るSRTを撮ることにしました。
dsc_8467_100▲ 9:51 ホテル前の路線に走ってきた保線用のモーターカー。写真では隠れているがもう一人乗っておられます。定員4人乗りによくぞ乗ったりの合計12人の作業員です。前回訪問時にはウドンタニの本線上でも走っているのを見ました。乗り心地はよくはないでしょうが一度乗ってみたい車両です。
記事の続きを読む


【76245】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅2016年 Part17 バンコクMTRのパープルライン視察

第12日目 8月13日 その3

トンブリー機関区から次に向かったのは1週間前の8月6日に開業したばかりのバンコクMTRのパープルライン線タオプーン駅です。
04_%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af%e3%81%aemtr▲ バンコク市内にはすでに高架鉄道のグリーンラインと地下鉄道のブルーライン、そしてスワンナプーム国際空港と市内を結ぶ高架鉄道(2010年開業)のエアポートレールリンク(ARL)が運行されていますが、円借款を活用してバンコク北西郊外のノンタブリ県バンヤイとバンコク北部のバンスーを結ぶ高架鉄道のパープルラインが建設されました。バンコク初の日本製車両が走行することになりました。
※ 上の地図は朝日新聞デジタル版からの転載です。
記事の続きを読む


【76153】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅2016年 Part16 トンブリー機関区で、C56も撮る

01_map_e100第12日目 8月13日 その2
dsc_7245
メークロン市場で撮影後は蒸気機関車が所属するトンブリー機関区へと向かいました。

11:30 Google座標; 13.760963, 100.480687
約2時間強を走り、トンブリー機関区に到着です。

記事の続きを読む


【76097】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅2016年 Part15 メークロン線の線路市場

第12日目 8月13日 その1

今日はタイ鉄道の名物の1つ、メークロン線の線路市場の中を走るDCの撮影です。前回来た時は列車の乗り継ぎも楽しみましたが、今回は直接に専用車で乗り付けます。04_%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%b3%e7%b7%9a 記事の続きを読む


【29294】微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part11 ART(エアポート・レール・リンク)と、SRT(タイ国鉄)の撮影

第10日目 12月11日
① ラーチャプラロップ11:50(ARL)→13:04バンタップチャーン

② バンタップチャーン13:28(SRT)→ヨムマラート
③ ファランボーン駅近く17:05(トゥクトゥク)→ホテル
④ ホテル(BTS)→CalyPso(トゥクトゥク)→ホテル

38_鳥37_鳥▲ Y崎さんと撮影に励んでいますと、線路脇からお兄さんが綺麗な白い鳥を手に止まらせて我々の方に来られました。手乗り文鳥やインコ等はよく聞きますが、これほどの大きさの鳥を見るのは初めてでした。いったい何という鳥なのでしょうか?
お兄さんは、犬のように後ろを付いていく様子も紹介してくださいました。手乗り鳥マニアには、応えきれないでしょうね。

00_▲ 駅というより停車場で、下校帰りの列車を待っていた女学生のお嬢さんたち。カメラを向けると、元気な笑顔のピースサインで答えてくれました。
00-0▲ こちらの女学生のお嬢さんは、列車のデッキからの微笑みをいただきました。純粋な笑顔がとっても素敵に感じました。
タイ鉄道の旅では、お会いした皆さんからたくさんの微笑みをいただきました。おかげでとても楽しい毎日をおくれました。微笑みに会える事が一番幸せをも感じられる時だと分かりました。ありがとうございました。

高層ホテルのスイートルームで快適な朝を迎えました。今日の予定は、ARLを撮りたいとのY崎さんの希望と、バンコク市内を走るタイ国鉄線(SRT)を撮りたい私の希望も入れて、両方を回ることにしました。出発は、ARL乗車券が安くなる11時と決まりました。さすが、JTBで海外経験豊富なY崎さん、バンコク情報は精通されておられ、細かい所にも抜かりはありません。頼もしい限りです。それまでは、ゆっくりと部屋からの撮影にしました。
01_朝の国鉄とARL線▲ 7:32、部屋のの窓からは、バンコク市内が一望できます。眼下のSRT線ARL線では、丁度両方の列車のツーショットが見られました。SRTの列車は、5両編成の通勤列車、ARLは、空港直行の4両編成です。
02_ARL各駅電車▲ 7:52、ARLの各駅停車3両編成がきました。何とHISのラッピング電車です。直ぐに「広告料金はいくらかなあ?」と、思いました。と、いいますのも私の現職時代は、鉄道広告を扱う会社に勤めていました。ラッピング製作にかかる費用は莫大で、年間広告料金を含めると日本では、数千万も必要です。日本と比べると、タイでは安いでしょうが、広告出稿については即効果を狙うHISが、イメージ的な広告をするとは意外に思えました。広告対象は、日本から来る観光客はすでに予定を決めていますので、タイで暮らす人々です。現地での営業意欲は相当に強いのでしょうね。
04_ARL▲ 10:00、ようやく高層ビルの影がなくなり遠方も見渡せるようになりました。小さくてお分かりにくいでしょうが、これもラッピング電車です。ARLは、今後この先のチャオプラヤー川を超えて延伸されるそうです。
記事の続きを読む