【23952】八月だ、もっと熱くなろう!赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part12 PC TASIKMADU(タクシマドゥ製糖工場)

神谷武志企画のテレマカシーツアー  第7日目 8月10日 2の2

am; ソロ(スラカルタ)のIndah Palace Hotel 6:30→6:40 ソロ市内線(6:40~10:15)→
pm;
 →14:53 PC Tasikmadu(15:00~17:30) 17:28→ジョグジャカルタBorobudurのManohana Hotel


▲ タシクマド製糖工場で初めて見かけた厳つい車は、日本では見た事のないトヨタ車でした。

車名は、TOYOTA KIJANG。インドネシアで1977年からノックダウン生産されたトヨタ・キジャン初代型です。現地の悪路・過積載にも耐える、はしごフレームの四角張った頑丈な車で、約35年経った今も現役です。日本国内なら10年も経過すると中古車販売店に並ぶのが貴重なくらいですが、約100年経った蒸気機関車を今も使い続けているインドネシアですから、このぐらいならまだまだなのかも・・・。この車なら多少ぶつけても大丈夫ですね。エンジンは、初代カローラに搭載された水冷直列4気筒OHV1200cc 68馬力で、東南アジアにトヨタの名を知らしめた記念の車だそうです。


▲ GPSロガーのホテルからタシクマド製糖工場への軌跡です。

フォトランしましたソロ市内線のPurwosari駅~Solo-Kota駅~ソロ川鉄橋は、赤線です。

Purwosari駅からは、約20キロの道のりでした。
門の下の鉄製椅子は、鉄輪を材料に作られたようで中々素敵なモニュメントにも見えました


▲ タシクマド製糖工場の構内図ですが、積替ヤードⅡは既に廃止され更地になっていました。積替ヤードⅡからの道路併用軌道も廃線となり、積替ヤードⅠが残るだけでした。

▲ 機関区横のヤードです。左側で積込行われているようです。右側に隠れているのが機関区です。


▲ 機関区内の壁に掲示されていた在籍車両の一覧表です。ドイツ製が圧倒的で、最も古いのはⅡ号機で1912年製造、丁度100年が経過しています。

記事の続きを読む