【20007】2012年春の中国鉄路の旅          Part3 鄭州世紀歓楽園の満鉄展望車トク2形

第3日目 4月21日

今日は朝5時半に起きて、鄭州駅で4月25日に乗車する瀋陽から平庄までの切符を買いに参りました。上海で買うのを忘れたからで、残席が十分ある列車ですので、昨日鄭州到着後で良いなあと思っていましたら、降りたメインの東口では何と前日の切符しか売っていません。
鄭州鉄道日記さんによると、裏の西口では10日前からの切符を売っているとのことですが、通り抜けの通路がありません。大きく迂回していかなければならないとの言われましたので、夜道は危ないと昨夜は断念して今日の朝にしたわけです。

▲ 駅前のホテルから歩くこと約30分余りで西口に到着しましたが、開いている窓口は1つだけです。そして早朝にも関わらず、約50人以上が並んでいます。丁度、労働節休暇(4月29日~5月1日)の3連休があって、小旅行に出かける人民達が多くなっているためだそうです。

途中で別の1つの窓口も開きましたので、ダッシュで前に並んで20分後には購入できましたが、軟臥下鋪2枚と書いた紙を渡しているのに、上下です。おまけにコンパートメントの部屋が別々です。これはダメだと申し立てるのですが、窓口のおばさんは頑として聞き入れず、途中からは次の客の発券をやりだし、完全無視です。困ったおばさんです。
諦めてホテルにトボトボと戻り、まだ終わっていない前回の旅日記の投稿作業をやりだしましたら、瞬く間に時間が過ぎていきました。

昼過ぎに今日は、次の講義の準備に追われているので同行できないと言っていた鄭州鉄道日記さんに電話しますと、「ぶんしゅうさん、明日朝の列車に乗るのを忘れていませんか、今日行かないといけませんよ。」と、注意を受けました。投稿作業に夢中になっていて、もう1日鄭州でゆっくりできると勘違いしていました。だいぶボケてきたようです。

慌てて準備をして、フロントで場所を聞いてから、Taxiで向かいました。

▲ ホテルから約8キロ余りで 、鄭州世紀歓楽園に着きました。求める満鉄客車の展示写真しか見ていなかったので、街角にある小さな公園かと思っておりましたら、数々のアトラクションが設置された広大な遊園地でした。

入場門正面には、中国初の電気機関車韶山1型展示されていました。後ろの客車は、入場券売り場になっています。120元(約1,500円)です。年金生活者にとっては多大な出費です。しかしよく見ますと、「三」に60歳以上の老人は無料と書いてあるではありませんか。パスポートを出して窓口に提示すると、何やら相談してから、「入場改札で、再度パスポートを提示ください。無料です。」との快答をいただきました。以前に同じようなケースがありましたが、外国人は別ですと断られていましたのでラッキーです。早速、遊園地内に入りました。



▲ 入って直ぐの正面には、建設型蒸気機関車がドカーンと展示してありました。


▲ 先に進みますと、鄭州に来た目的のトク2形が展示されていました。1940年(昭和15年)1月に、満鉄皇姑屯工場で製造されたGW97350GW97351です。瀋陽鉄道博物館で見たテンイネ2形とそっくりです。2両は、一緒に運用されたようで、豪華な造りです。中国解放後は、革命家孫文の奥さん宋庆齢の特別専用列車にも使われたとの表示がありました

GW97351】

▲ 展望席は、曲面ガラスで、カーブした乗降ドアも設置されていました。テンイネ2形は3軸ボギー台車でしたが、この車両は住友製の2軸台車です。


▲ 車内に入りますと、会議室仕様になっていました。厨房もありますので、食事もしたのでしょうね。
続いての部屋は、幅1.5mほどのダブルベットになっています。この部屋には扉を開けるとバスタブとトイレが付いた浴室兼洗面所がありました。


▲ ①も大きめのベットが1台設置されています。②は、約70㎝幅の2段ベッツが、③では、②と同じ幅の2段ベットの設置です。④は厨房で、本格的な石炭炊きのレンジ設置されています。これなら、高熱を必要とする中華料理も大丈夫です。

【GW97350】


▲ もう1両の客車には、展望室の設置はありませんが、同じように会議室があります。③隣の部屋は、約70㎝幅の2段ベットと、閉めれば机、開ければ洗面台があります。室内は、あじあ号の客車とは違って、2両とも非冷房で扇風機が設置されていました。

▲ ①は、GW97351とは違って会議室とは離れていました。トイレの設置はなく、バスタブの形も違っています。秘書室との表示がありました。ベットは約1m幅です。②の室内は、③より見た目広く、ベット幅も広く感じました。洗面台は同じ仕様です。

▲ 真ん中は、乗務員室で、狭いながらも2段ベットが設置されています。厨房も GW97351 と同様の設備でした。


▲ 台車は、2両とも同じ住友製の台車です。


▲ 遊園地内には、ぐるりと一回りの762㎜の鉄路が敷設されています。走るのは、C2型蒸気機関車を改造して、ウエスタン調になっています。客車は、片デッキで板張り椅子でした。



▲ 1970年代に開発された液体式ディーゼル機関車。


▲ 客車は、現在も使用されているY22形の緑皮車。下は、60トン起重機が付いた救援車。

14時半に着いて、閉園の5時半まで約3時間を堪能しました。展示されている車両は他にも客車数両がありましたが、ここでの紹介は長くなりますので、止めておきます。土曜日とあって 恋人たちや家族連れでの入場者は多ったのですが、園内は広大で、ゆっくりと楽しめました

▲  帰りはバスにしようと思いましたが、中々来ません。Taxiも通りません。出口道路で「火車站、 火車站 」と大きな声で客を呼び込むおばさんの方向を見ると、遊園地内で走っているような、オープンデッキの電気自動車がありました。しかし、これで一般道路を走る事ははないだろう、どこか近くまでいくのかな?と思っていると、スイスイと発車していきます。えぇ~と思い、次のバスの運転手に、本当に鄭州駅に行くのかと聞いてみると、そうだと言います。半信半疑で乗車しますと、約40km/h以上のスピードで、約8キロの広い道路を駆け抜け、往路のTaxiより早く、安く(5元)着きました。

日本では、こんな乗合自動車は、一般道を走る事は安全性の面からも許されないでしょうね。さすが、中国ですね。
夕食は軽くビールと麺にしました。麺は、昨夜、鄭州鉄道日記さんと食べた鍋に入れた、鄭州名物のフイ麺です。


【19886】2012年冬から春への中国鉄路一人旅     ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅 総集編

海外旅行では欠かせない、クレジットカードを忘れるという大失態から始まった旅でしたが、倹約を重ねて何とか手持ちの現金でやりくりしながら、O氏に自宅から送ってもらったクレジットカードを持ってきていただくまでを凌ぎました。
O氏と合流できなかった場合は、街角に這いつくばって道行く人からの施しをお願いするしかないかと覚悟しておりました。O氏様、助かりました。ありがとうございました。

44日間の人生最長の旅は、前半の「2012年冬から春への中国鉄路一人旅」と、後半の「ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅」になっております。まとめましたので、ご覧ください。


▲ 今回の旅では、成都から广州までと、深圳から大連までは、飛行機を利用しましたので、乗車地図では、つながっていません。

▲ 昆明のメータゲージ区間は、時刻表に記載がないので、現在調べております。分り次第に差し替えます。广州~九龍間の乗車距離は、中国鉄路区間のみです。

下記をクリックしていただきますと、内容をご覧いただけます。

【2012年冬から春への中国鉄路一人旅】

Part  1  とほほのスタート
Part  2 1891次に乗って齐齐哈尔へ
Part  3 富拉尔基(フラジル)の蒸気機関車
Part  4  国境の町、黒河(ヘイフー)へ
Part  5 国境の町、黑河(ヘイフー)のあじあ号展望車
Part  6 ( ハルピン )から鸡西(ジーシー)へ
Part  7  鶏西鉱業集団鉄路 その1
Part  8  鶏西鉱業集団鉄路 その2
Part  9  鶏西鉱業集団鉄路 その3
Part10 大地横断5,010キロ 鸡西から昆明へ
Part11 昆明のメータゲージ、 湏越(雲南)鉄道
Part12  昆明のミシェラン 雲南鉄路列車陳列館
Part13  成昆鉄路に乗って、グースの里 北碚(ベイベイ)へ
Part14  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その1
Part15 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2
Part16 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その3
Part17 北碚(ベイベイ)から重慶(重庆)へ
Part18 重慶モノレール(重庆軌道交通)
Part19 重慶から芭石鉄道へ
Part20 芭石鉄道その1
Part21 芭石鉄道その2
Part22 芭石鉄道その3
Part23 簡単便利に購入できる中国国内線航空券と鉄道切符
Part24 一旦出国、再入国で大連へ
Part25 大连市電(大连軌道交通)

【ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅】

Part  1 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その1
Part  2 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その2 展示車両
Part  3 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型)
Part  4 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型) その2
Part  5 平庄炭鉱から阜新炭鉱へ
Part  6 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その1

Part  7 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その2
Part  8 北台製鉄所 その1
Part  9 北台製鉄所 その2
Part10 北台製鉄所 その3
Part11 錦州八角台発電所の建設型
Part12 瀋陽から天津へ、そして帰国

以上です。現在、次の中国鉄路乗車の旅も始まっております。近々にアップロード始めさせていただきますので、またご覧いただければ幸いです。


【18018】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part5  国境の町、黑河(ヘイフー)のあじあ号展望車

第7日目 2月25
黒河20:40(K7036次)→ 7:08ハルピン

黑河へ来た目的は、国境の町の終着駅を見たかった以外に、是非とも会って見たい車両があったからです。ただ、情報は古く既に解体されているかとの不安がありましたが、行って確認する事にしました。

朝食後、ホテルに荷物を預けて駅に向かいました。まずは、10日後の切符購入です。昆明から成都までの切符は今日、駅での販売が開始されます。シーズンでは、団体客におさえられて中々入手困難ですが、この時期は大丈夫です。ネット残席情報でも大半が残っています。難なくゲットできました。


▲ ローカル駅だけあって、窓口は1ケ所だけですが、直ぐに買えました。

▲ 見たい車両基地は、最先端でここで線路は終わっています。



▲ 客車区の隅っこに、おりました。恋人に会った気持ちがします。もう、お分かりでしょうが、満州の荒野を快走したあじあ号の展望車です。

富士で使用されたテンイネ2型は、少なくとも3両が確認され、復元保存されていますが、あじあ号の展望車だけはどこに行ったのか分らず、ここ国境の町の隅でボロボロの姿を発見されました。窓ガラスは全部割られて無残な姿ですが、二重窓だった痕跡は残っています。3軸台車は残念ながら履き替えられています。
公務車とされていましたので、最後は事業用車として使用されたようですが、どのような数奇な人生をおくってきたのか語る人はいません。是非とも当時の姿に復元して展示をしていただきたいと思うのは私だけではないと思います。


国境の町といっても、ロシア風の建築が残った町との印象以外はありませんでした。今回の訪問目的は遂げましたので、早め駅に行ってPCをいじくりながらの時間を過ごしました。
昼間ガラガラだった待合室も発車2時間前になると一杯になってきます。ロシア人も多く見かけられました。

K7036次は、黒河からハルピンまでの655キロを10時間28分で結びます。ホームに入ってびっくりしたのは、何と軟座寝台が5両も連結してあり、ロシア人も多く乗っています。今日の同室者はどなたかと思っていましたら、陽気なロシア人姉妹でした。
お姉さんは、4ケ月前にハルピンに来て、大学でロシア語の先生をしています。妹さんは、7日前に郷里のモスクワから遊びに来ているそうです。中国語と英語を交えて、会話を楽しみました。