【27232】2012年冬の中国鉄路の旅 Part8 鶏西鉱業集団鉄路

第9・10日目 11月20日、21日
綏芬河7:40(Bus)→9:50鶏西 

6:00、2日間宿泊した興合飯店(兴合饭馆)からTaxiに乗ってバスターミナルのある中国鉄路の綏芬河駅へと向かいましたが、途中で運転手が20元と言い出します。何の話しかと聞くと、日本人と韓国人は別料金と答えます。既に中間地点を過ぎていますので拒否して降りることも考えましたが、差額180円程度で、朝からチャンチャンやるのも気分が進みません。降りる時に10元渡せばいいだろうと思っていましたら、バスターミナル前の運転手が5~6人かたまっている場所で停車しました。こいつらグルです。こうやって集団で観光客からわずか180円ぽっちですが、倍以上の料金を請求しているんですね。これが〇〇の歩き方で掲載されていた悪徳Taxi集団と思われます。

中国では、たまにこういう情けない人民がいるのですよね。公安を呼んでもよかったのですが、相手にするだけバカらしいので、降りる際に20元札で渡さず、ずっしりと重いだけで処分に困っていた小銭数10枚で支払ってやりました。乞食にやったつもりでスッキリしました。皆さんご参考にしてください。
▲ ズラリと並ぶ長距離バスです。切符を買うのに国鉄駅のように並ばなくとも良いし、身分証も必要なく運賃も安く、目的地では任意の場所で止まってくれます。利用客はこちらに流れるのは当然ですね。
6:49、見たことのない不思議な空に朝日が上がってきました。

▲ 绥芬河から鸡西までは、凍てつく高速道路、一般道を約170キロ走ります。バスのタイヤはノーマルです。信じられませんが、乾燥していて水分のない道路では、普通のスファルト道路と一緒でスリップすることがないといいます。ただ、少しでも水分を含んで、ツルツルになった凍結路面は、スケート場と同様だそうですが、一見して見分けはつきません。ヒヤヒヤの乗車でした。

 ▲ 11:00、所要時間は、約3時間半弱で鶏西駅前に到着しました。今年の2月に泊まった鶏西賓館に飛び込んで、空いてる部屋はないかと聞くと、外国人は泊まれなくなったとの返事です。安くて駅に近くて、朝飯の美味しいホテルでしたのに残念です。
近くに外国人も泊まれるホテルはどこかと聞くと、正面を指さしてくれました。PCも設置されていて、朝食込で240元(約3,000円)です。宿泊所ならもっと安いですが、ここは外国人お断りが多い所です。駅前なので場所で決めました。

黒竜江省 鶏西市
※ 鶏西鉱業集団鉄路の詳細つきましては、前回の紀行記もご覧いただけます。
下記をクリックしてください。
2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part1 鶏西鉱業集団鉄路
その1その2その3  << クリックください。

記事の続きを読む


【19886】2012年冬から春への中国鉄路一人旅     ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅 総集編

海外旅行では欠かせない、クレジットカードを忘れるという大失態から始まった旅でしたが、倹約を重ねて何とか手持ちの現金でやりくりしながら、O氏に自宅から送ってもらったクレジットカードを持ってきていただくまでを凌ぎました。
O氏と合流できなかった場合は、街角に這いつくばって道行く人からの施しをお願いするしかないかと覚悟しておりました。O氏様、助かりました。ありがとうございました。

44日間の人生最長の旅は、前半の「2012年冬から春への中国鉄路一人旅」と、後半の「ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅」になっております。まとめましたので、ご覧ください。


▲ 今回の旅では、成都から广州までと、深圳から大連までは、飛行機を利用しましたので、乗車地図では、つながっていません。

▲ 昆明のメータゲージ区間は、時刻表に記載がないので、現在調べております。分り次第に差し替えます。广州~九龍間の乗車距離は、中国鉄路区間のみです。

下記をクリックしていただきますと、内容をご覧いただけます。

【2012年冬から春への中国鉄路一人旅】

Part  1  とほほのスタート
Part  2 1891次に乗って齐齐哈尔へ
Part  3 富拉尔基(フラジル)の蒸気機関車
Part  4  国境の町、黒河(ヘイフー)へ
Part  5 国境の町、黑河(ヘイフー)のあじあ号展望車
Part  6 ( ハルピン )から鸡西(ジーシー)へ
Part  7  鶏西鉱業集団鉄路 その1
Part  8  鶏西鉱業集団鉄路 その2
Part  9  鶏西鉱業集団鉄路 その3
Part10 大地横断5,010キロ 鸡西から昆明へ
Part11 昆明のメータゲージ、 湏越(雲南)鉄道
Part12  昆明のミシェラン 雲南鉄路列車陳列館
Part13  成昆鉄路に乗って、グースの里 北碚(ベイベイ)へ
Part14  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その1
Part15 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2
Part16 江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その3
Part17 北碚(ベイベイ)から重慶(重庆)へ
Part18 重慶モノレール(重庆軌道交通)
Part19 重慶から芭石鉄道へ
Part20 芭石鉄道その1
Part21 芭石鉄道その2
Part22 芭石鉄道その3
Part23 簡単便利に購入できる中国国内線航空券と鉄道切符
Part24 一旦出国、再入国で大連へ
Part25 大连市電(大连軌道交通)

【ドイツ風的蒸気機関車の撮影の旅】

Part  1 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その1
Part  2 瀋陽鉄道博物館(沈阳鐡路陳列館) その2 展示車両
Part  3 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型)
Part  4 平庄炭鉱(元宝山の建設型と、平庄の上遊型) その2
Part  5 平庄炭鉱から阜新炭鉱へ
Part  6 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その1

Part  7 阜新炭鉱(阜新煤礦鉄路)その2
Part  8 北台製鉄所 その1
Part  9 北台製鉄所 その2
Part10 北台製鉄所 その3
Part11 錦州八角台発電所の建設型
Part12 瀋陽から天津へ、そして帰国

以上です。現在、次の中国鉄路乗車の旅も始まっております。近々にアップロード始めさせていただきますので、またご覧いただければ幸いです。


【18286】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part9  鶏西鉱業集団鉄路 その3

第11日目 2月29日

今晩は、夜行列車で遠く昆明まで移動しますので、鶏西での撮影は最終日です。1カットぐらいは、納得できるのを撮りたいと、早朝にヤードに行きましたが、霧です。今まで、快晴ばかりが続いていましたので、霧が出るとは想定外でした。
ズリ山や付近の小高い丘からの俯瞰撮影を考えていましたが、 どうしようもありません。霧が晴れるのを待ちました。

▲ ヤードには、凸型ELが2台、DLが2台と蒸気機関車が4台、昼夜交代のために待機中でした。蒸気機関車は、1340・1369・1437・1544号機です。
運転手と話してみますと、富陽炭鉱と正陽炭鉱に向けて出発すると言われますので、ボケボケ写真になるだろうが、見てみることを主眼に置いて向かいました。


▲ 上左が正陽炭鉱行き、上右が富陽炭鉱行きです。煙は出ているのですが、霧にかき消されました。下左は、杏花炭鉱からプッシュでズリ捨てに上がってくる列車です。霧の中から雪が落ちてきました。零下の中、粉雪ですのですぐに積もりましたが、積雪量はわずかでした。下右は、昨日同様のズリ捨てです。

これは、大きくカーブして富陽炭鉱へと向かう列車です。
かなりの急勾配を爆炎で上って行きますが、雪でかき消されました。

残念ながら、今回はいい写真は撮れませんでしたが、電化・DL化で消えてしまったと言われていた鶏西には、まだ蒸気機関車が活躍しているのが確認できました。電化については、架線を張ればすぐにでもできそうですが、何か進ませない理由があるように聞きます。

と言って、まだまだこの状態が続くとも考えられません。行かれる方は、お早めにとお勧めします

初めての場所でした。列車時刻が分らないので、これが1番障害となりました。それでも踏切番のおじさんにしつこく付いて、過去の通過記録を見せてもらって、何とか撮れました。
いいポイントはいくつかありますが、1日1~2本ですので、覚悟して凍え死なないような準備をして待つしかないと思います。


【18250】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part8  鶏西鉱業集団鉄路 その2

第10日目 2月28日

昨日、部屋に戻ってからネット接続に再挑戦しましたが、やはり駄目です。早め寝ておこうとベットに入ってから、ふと書いてあるIPアドレスは本当なのだろうかとの疑問に気づきました。起きて、部屋に置いてあるデスクトップを立ち上げて、ネット接続のアドレスを調べてみると、全く違っています。これでは、いくら頑張ってもできるわけありません。
もう1度、LANケーブルを入れなおして、持込みPCにデスクトップと同じアドレスを入れると、 すんなりと接続OKになりました。多分、接続機器類を取り換えた時に、部屋のPCはアドレス変更したが、表示してあるアドレスは前のままで放置していたのでしょうね。中国では、疑ってみることから始めないと真実は見えてきません。改めて勉強しました。接続できましたので、深夜までPCにかじりついて日本のニュースやらを見ていました。

と、言うわけで今日は5時には起きて、ヤードで終結する姿を撮ろうと思っていましたが、昨夜の疲れか、ぼんやりとして9時過ぎの出発になってしまいました。目的地は昨日のロケハンで電化されていないことが確認できたズリ捨て線です。
まずは本線から分岐して富陽炭鉱へと向かう所までTaxiを走らせました。ラッキーなことに着いてすぐに汽笛が聞こえ正陽炭鉱行きの列車がやってきました。

10:21、逆向きの1340号機がやってきました。複線に見えますが、左は正陽炭鉱、右が富陽炭鉱への単線です。ここで右側線はカーブして直角に山に向かいます。

ここで迷いました。左に行けば今きた列車の折り返しが正向きで撮れます。一方右側は、まだ列車が来た形跡がありません。行くのか待つのかの選択です。時刻表がない以上、現実を追いかける方が無難です。急勾配の富陽炭鉱を諦めて、正陽炭鉱に向かいました。

1340号機は、ホッパーに入って作業をしていました。
11:14、積み込み作業が完了したので、発車しましたが、 期待した爆炎はありません。ゆっくりとポイントを渡っていきます。石炭を満載して城子河に向かうと思っていましたら、杏花炭鉱方面へと向かっていきました。歳をとると若い頃とは違っての思い込みが強くなります。荷を積んだのでそのまま、もと来た鉄路を帰ると思い込んでいましたら、逆でした。

それなら、発車してすぐに上りの大カーブがあります。煙も出たでしょうし、残念です。機関区を発車した空の列車は、正陽炭鉱でズリを満載して、ズリ捨てに向かう事が分りました。

正陽炭鉱から歩くこと約45分、杏花炭鉱近くのズリ捨てに着きました。丁度、山への急勾配を高速で勢いをつけて、1369号機が上がって行きました。


▲ ここでは。線路を挟んで、片方はズリ捨て、反対側は選別された石炭を、細かく砕いて超大型トラックや、セキに詰め込みをしています。1340号機は、その作業をしていました。

別々の作業ですが、2台の蒸気機関車が重なるシーンが見られました。

この場所は、両方の炭鉱からのサミットに鳴っていますので、爆炎が見られるのですが、1時間に1本ぐらい来てくれるのは、杏花炭鉱からの後ろ向きのプッシュ編成で、今一です。
正向きで上がってくるのは、正陽炭鉱からの列車ですが、長編成セキを牽引するのは、DL化されています。

朝8時以降に。1本が上ってくるようですが、昼間に待ちましたが、来るのはDLだけでした。

帰り際に、ズリ捨て戻り列車を、夕暮れバックに撮ってみましたが、煙が出ていないので、さっぱりでした。



【18223】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part7  鶏西鉱業集団鉄路 その1

第9日日目 2月27日

ロシアとの国境に近い 黒竜江省鶏西市、近辺には大小たくさんの炭鉱があり、専用線を蒸気機関車が走行していましたが、近年は電化・DL化が進み、残っている可能性があるのは、城子河地区のみだろうとの推測のもとに空振り覚悟でやってきました。

鶏西站のホームに降り立って分りましたが、思っていたよりも暖かい。マイナスには違いありませんが、零下20度はあるだろう、煙も期待できると期待していた冷たさはありません。昨年2月、12月と行ったウルムチの三道嶺の方がまだ冷たさを感じました。

站を出て、まずはホテル探しです。目の前に鉄ちゃんがよく利用する鶏西賓館があります。入って空室はあるか、いくらなのか、部屋を見たいと告げると案内してくれました。通されたのは、3階でPCも置いてあり、そこそこの部屋の広さもあって、朝食付きで128元(約1,600円)とくれば、大歓迎です。
即決で部屋で持込みのPCにLANケーブルをさし込んでみましたら、うまくネット接続ができません。どうしてかと聞くと、壁に貼ってあるIPアドレスを見てセッティングしてもらわないと、接続できないと申されます。
一昔前にはこんなケースが殆どでしたので、手慣れていましたが、OSがどんどん変わってしまったので、さてどこにあったのかと探すのに一苦労です。
ようやく探し当てて、指定された接続コードを全て入力しましたが、撥ねられます。何度やっても状態は解決できずで、担当者を呼びましたが同じでした。

仕方ないと諦めて出かける準備をしていたら、昼夜の交代でヤードに機関車が終結する8時をとうに過ぎていました。 はまり込みやすい性格は損をします。急いでTaxiを捕まえて城子河站の踏切に向かいました。


真ん中のデルタ線が最も本数が多く勾配もあるというので最初にTaxi(8元=約100円)に乗って行ってみました。 踏切からヤードを見ると、白煙が上がっています。 踏切番のおじさんに聞くと、まだ5台は走っているよとの、安心できる言葉をいただきました。

9:53、O氏の言われた通り架線柱が立ち並んでいます。D:北場へ向かって歩いていますと、E:東駅への青年號1544号機が降りてきましたが、斜め順光での下り勾配で絶気です。


▲ 10:20、続いてC:南場からも汽笛が鳴って、1340号機が、北場へのカーブを上ってきましたが、たった2両のセキ牽引では、風も吹いていて写真になりませんでした。


▲ 折角きました1340号機ですので、何とか絵にならないかとアングルを変えたりしましたが、入替作業で、それも好まない逆向きとあっては気持ちも入らずで、載せるにはお恥ずかしい写真です。

ここでは大した写真にはならないと、C:南場へ行き、国鉄との接続駅に向かいますが、はるか先まで一直線に線路が伸びています。B:鉄橋付近の丘まで行きたかったのですが、徒歩では小一時間で済みません。夜行疲れもありますので、ここは無理しないでおこうと、踏切まで戻り、昼食後Taxiに乗りました。目的地は、H:正阳炭鉱です。

▲ 13:00、正阳炭鉱着。車を降りて構内を見ましたが、機関車はいません。炭鉱内を散策しますと、600ミリゲージでしょうか、架線も張ってあって、小さなELとトロッコが置いてありました。 線路は山に向かって続いていましたが、昼飯を終わった職員に見つかって、先へ向かうのを静止させられました。

工場正門を出てから客待ちTaxiに乗りました。グーグルアースやネット訪問記を見て、鶏西地区の地図は頭の中に入っていますが、思っていたより広く、徒歩での移動は移動は困難です。バスも頻繁に走っていて便利なのですが、乗換等、時間を要します。全体像を掴むために運転手に地図を見せて、回ってみることにしました。鶏西には市内地図は売っていませんので、運転手が地図を見るのは初めてです。この投稿地図を印刷して持ってきましたので、これを見せながらの説明が必要でした。

正阳炭鉱→杏花炭鉱→富陽炭鉱→ズリ捨て→水泥廊と回って約1時間半、80元(約1,000円)の出費でしたが、起伏に富んでいるので、老体の徒歩だけでは困難、バスとTaxiを組み合わせないと無理なことは分りました。


▲ DL化の立役者、中国を代表する東風4型(通称;緑亀)電気式DL。 3300HPで電動機は1900kwとEF58並みの力持ちです。3,558台が製造されました。珍しいヘッドマークを付けた7333号機。
もう1台は、
杏花炭鉱を石炭を満載したセキ25両を牽引して出発する7119号機。
今回は、この2台だけを見ましたが、長編成の石炭列車を牽引していました。


▲ 昨年7月以降に運用に入ったらしい東ドイツ製の中古小型EL。6399と6400の2台をデルタ線で見ました。


▲ 15:16、再び城子河の踏切に戻ってきてましたら、長編成の石炭列車を牽引して1340号機がきましたが、逆行を正面からではもう1つです。

▲ 16時以降に頻繁に走るよと踏切番のおじさんは言いますので、夕日のギラリを狙って、北場で待ちましたが、中々光ってくれません。 バスは満員すし詰めでしたので、やもなく相乗りTaxiで引き揚げました。