【99697】京急ブルー車、イエロー車と特別塗装車

INUBUSEさんのデジ青2018.8.26付[99564] 「京急(色)を求めて」では日本全国の京急色の路面電車やモノレールが発表された。これは撮りに行きたいなと思いつつも直ぐには無理だと理解した。この中ではどですかでんさんがコメントで阪急マルーンと京急の赤基調を対比して「西の阪急、東の京急」と述べられており、他人の受け売りでなく自分の言葉で表現されており、私も常々そうありたいと思っているところである。さて、その色のことであるが、最近はラッピングなるものも流行し各社リバイバルカラーや誘客PRで特別塗装車もそう珍しくなくなってきた。撮影していても変化があって楽しい。京急でも御多分にもれず海をイメージしたのか青色と西武と色交換をしたのか黄色の編成を見ることができる。どですかでんさんには横槍を入れるようで大変申し訳ないが10年ほど前に走っていた復刻カラーの初代1000形と共に赤以外の車両もデジ青に登場させていただく。

 

2017.05.03 追浜~金沢八景 快速特急品川・泉岳寺行き ブルー2140 ▼

 

2011.03.11 京急田浦~安針塚 上り回送 ブルー606-1(この後大地震に遭遇)▼

 

2014.06.16 新馬場 快速特急三崎口行き 黄色の西武カラー1057 ▼

 

2014.09.05 西武池袋線 ひばりケ丘~保谷 急行池袋行き 京急カラーの9003▼

 

以下は2008年2月25日から同年12月23日まで運転された京急110周年記念塗装

2008.05.04 港町 小島新田行き1324 大正~昭和初期の車両イメージカラー ▼

2008.05.27 六郷土手~京急川崎間六郷川(多摩川)を渡る昭和20~30年代のカラーの浦賀行き1309~1312。私が始めて見た昭和40年の京急は既にこの色から現在の赤になっていた。▼


【99673】 北のC62 全記録 〈8〉

最終日の北海道は、3度目の上目名へ  昭和43(1968)年9月14日
北海道へ入って14日目の最終日、事前のプランではフリーにしていましたが、やはり足は上目名に向かいました。いつもより遅い目の時刻に上目名に着くと、澄んだ青空に秋の深まりを感じます。最初に上目名に来た時に比べると、駅に集まる人数もぐっと少なくなっています。撮影地を探して、一人でトボトボ線路上を歩いていると、突然、自分の名前を叫ぶ声が、頭の上のほうから聞こえてきます。

次いで“ここや!ここや!”の声、声の聞こえる方向を、よ~く見定めると、なんと数日前に別れたはずの鉄鈍爺さんが、90度近い絶壁の上に立っているではないか。たしかに、その付近だけ岩場になっていて、熊笹もなく、何とか上がれそうだ。上からの声に励まされて、何度も滑りそうになりながら、人一人がやっと立てそうな岩場の頂きに到達することができて、偶然の出会いに喜び合った。鉄鈍爺さんは、倶知安YHから私より早い目に着いて、撮影地を確保し、偶然、あとから歩いて来た私を見つけたそうだ。まもなく、例のジェット機音が聞こえてきた。

 

 

 

記事の続きを読む


【99619】鉄道、つれづれ草ー福井編ー

乙訓の老人は、大学卒業後に富山の企業で働いておられました。
この時期に会社が火災に遭い、それまで撮りためたネガや資料を全てなくされたのです。ここにご覧に入れる写真は全てその後に撮られたものなので、時期的に一時期の車種に集中しております。また、台数などの資料も当時のデータに準拠しており、その後変動したものもあります。
なお、一部に介護士が撮ったものも了解を得て挿入しております。

京福電鉄越前本線という。福井県へ電力を供給していた京都電灯が余剰電力の活用のため、大正3年4月10日に福井ー大野口間を開通させたのに始まる。因みに、「京福電鉄」という名前は、京都と福井を繋ぐ鉄道計画があったという意味ではなく、京都電灯の「京福送電線」から来た名前である。
国鉄との貨物車輌の乗り入れは昭和55年7月まで続いた。
記事の続きを読む


【99642】 北のC62 全記録 〈7〉

大沼で単機「ていね」を撮る  昭和43(1968)年9月13日
初めての北のC62訪問も終盤を迎えます。釧路発函館行き422レに、札幌から乗車し、大沼まで向かいます。この列車は函館本線経由の夜行鈍行で、さすがに観光シーズンも外れたこの時期、車内は閑散としており、乗車したオハフ6036は、車内設備が嫌われたのか、とくに超ガラガラで、深夜の倶知安で二人が下車すると、残ったのは自分一人だけでした。連日の夜行続きでぐっすり眠り、気がつくと、「おおぬま」の駅名標が。あわてて荷物をかき集め、発車直前に飛び降りました。
列車の大沼到着は4時16分、さすがに暗く、涼しさを通り越して寒い。待合室で、寝袋にくるまって仮眠し、明るくなってから撮影地へ向かう。目的地は、国道と函館本線が並行する当たりに高台があり、そこから見下ろした線路の正面に駒ヶ岳がきれいに収まる。当時のキネマ旬報社の雑誌「蒸気機関車」に載った写真が忘れられず、同じ列車、同じ写真を撮ろうと魂胆していた。ちょうど日の出前後、季節によっても光線が微妙に変化する写真的には絶好の時間帯に、C62 44の牽く「たるまえ」が通過した。

記事の続きを読む