八月だ、もっと熱くなろう! 赤道直下のインドネシアSL撮影の旅 Part17          ジャカルタ鉄道博物館(Museum Transportasi)

第12日目 8月15日
① ジャカルタ空港 9:25(Bus)→10:50 カンプン・ランプータンターミナル

② 11:00(Taxi)→ 11:15 タマン・ミニ・インドネシア・インダー
③  タマン・ミニ・インドネシア・インダー14:30(Taxi)→18:04 ジャカルタ空港
④ ジャカルタ空港21:55(JL726)→7:25成田空港
⑤ 成田空港 8:27(京成アクセス特急)→10:18羽田空港
⑥ 羽田空港11:30(JL115)→12:35伊丹空港→長岡天神

今日から帰宅まではいつもの一人旅です。O氏からジャカルタには、鉄道博物館があって結構多くの蒸気機関車が展示されています。行って見てみる価値はあるよと入国時に聞いていましたので、行ってみることにしました。

と、いってもインドネシアで一人で行動するのは初めてです。どういって行けばいいのか分かりません。Taxi料金は安いと「地球の歩き方」には書いてありましたので、最悪Taxi。もしBus便が分かればもっと安いBusと決めて、空港内のバス乗り場で調べてみますと、鉄道博物館近くまで行くBusが見つかりました。

さすが国際空港です。切符売場では英語が通じました。切符(約210円)を買ってBusを待ちました。

10:50、乗ったBusはノンストップで鉄道博物館近くのカンプン・ランプータンターミナルまで直行しました。走行距離は約50キロ、所要時間は途中で渋滞もあり1時間25分でした。

ここからはTaxiですが、中国同様にメーターでは乗せてくれません。どこに行きたいかは地図で示して、料金交渉は数字を書いての筆談です。500,000Rp.提示を200,000Rp(約170円)に値切って交渉成立で向かいました。

 

約15分で鉄道博物館のあるタマン・ミニ・インドネシア・インダーに到着。東京ドームの約21倍、100haもの広大なインドネシアのテーマパークです。

 

 

 

全体像を掴むには上から見るのが一番です。入口からロープウェーがありましたので乗ってみました。

▲ 上から見ますと何やら高架軌道がありますが、走行はしていない様子です。
終点からは殆ど見学客がいないパーク内を歩いて鉄道博物館(Museum Transportasi=正確には交通博物館)に参りました。
飛行機もバスも展示してありました。 


▲ 入場券を買って入りますと、かつてインドネシア鉄道を走った数多くの車両がゆったりとしたスペースに展示されていました。

続きを読む