2012年~2013年 極寒の中国鉄路の旅 Part12 中国最北端の北極村へ その1 古蓮駅、月牙湖駅、漠河駅

第13日目 1月4日
齐齐哈尔10:50(6245次)→9:16古蓮

朝、目覚めると二人だけだった部屋には、あと二人の乗客もおられました。そして、ガラガラだった他の部屋も満員です。爆睡しておりましたのでどこで乗車されたかはわかりませんが、多分加格达奇(ジャガダチ)だったのでしょうね。
11_漠河へ12_DSC_8749▲ 列車は昨日までの雪原ではなく森林地帯を走っていました。1站1站、古莲へと近づいていきます。いよいよ中国最北端に来たなあとの実感がわいてきました。育英を過ぎた頃に朝日が昇ってきました。

10分停車の漠河では殆どの乗客が降りました。我々の下車站は、まだ17キロ先です。
12_漠河→古莲12_古莲0112_古莲01-1▲ 9:16、北の大地の夜明けを味あうようにして、古莲に到着しました。阜新から約2,000キロ、約40時間半をかけての乗り鉄旅でした。
古莲站では、兴隆森林鉄路案内でお世話になりました趙さんがTaxiをチャーターしてお待ちでした。当初は小竹先生と二人で行こうかなとも思っていましたが、初めての地です。古莲駅前には何もないとの情報でしたので、二人だけで降りると、動きが取れなくなります。冬以外では行った経験もある哈尔滨の旅行社の趙さんに案内を依頼した次第です。
一緒の列車にするつもりでしたが、依頼した時には切符は売り切れていました。しかし、1日前の切符が取れましたので先乗りしていただきました。
続きを読む

2012年~2013年 極寒の中国鉄路の旅 Part11 阜新から漠河の北極村への旅路 齐齐哈尔站(チチハル駅)

第11~12日目 1月2日~3日
① 1/2-阜新17:41(4207次)→21:07沈阳(Taxi)→沈阳北
② 沈阳北22:35(K549次)→1/3-7:24齐齐哈尔(チチハル)

② 齐齐哈尔1/3-10:50(6245次)→1/4-9:16古蓮

今夜から小竹直人先生と二人で阜新を出発して、中国最北端の地、黒竜江省漠河のその名も北極村へと向かいます。移動距離は、約2,000キロです。
北極村の極寒の冬はマイナス50℃にもなり、運が良ければオーロラも見えると言われています。鉄道とは無関係の所ですが、小竹先生より「中国の蒸気機関車撮影には数10回も来ているが、最北端の地も一度は行ってみたい。それも極寒の真冬こそ一番。」とのお誘いを受けて、綏棱森林鉄路阜新大爆煙ツアーの後で訪れることにしました。

黒竜江省 漠河県
また丸谷氏からは、グーグルアースを見ていると終着站の古莲から線路が伸びている。古莲站構内にはデルタ線も見えているので、ひょっとして森林鉄道ではないだろうか。古莲には訪れた日本人も少なく情報がない。行かれた方でも列車本数が少なく、周りになにもない站なので直ぐの折り返し列車で戻っている。行くなら是非とも探索をお願いしたいとの依頼もありました。
2つの目的を持って訪れることになりました。
中国鉄路線_地図第11日目 1月2日 阜新
昨日にも増しての強風が吹く、凍てつく朝を迎えました。T中さんの朝撮はどうだったのだろうかとお聞きしましたところ、「205信号所から蒸気機関車に乗って、かぶり付き撮影に挑んだが自分が望む位置に止まってくれなかった。撮るには撮ったが、風も強く思い通りのカットにはならなかった。また機会を見て臨みたい。」と、今回は条件に恵まれなかったが、飽くなき挑戦を続けると誓っておられました。
何度も阜新を訪れ、自らのイメージを追いかけておられます。今までにも素晴らしいカットをお撮りになっておられると思いますが、達人の視線はもっと先にあられます。たまたまで満足している私としては見習わねばならないところです。
小竹先生は、T中さんの求める映像を追いかける姿勢に絶賛されておられました。研ぎ澄まされたプロの目からは、秀でた映像は努力しか求められないと言い切っておられました。

今日はゆっくりとしようと思っていました。小竹先生はお仕事、私はデジ青投稿の用意に勤みました。正午には、大爆煙ショーがまた始まるとの情報をいただきましたが、私は昨日のATMに飲み込まれたクレジットカードを返してもらうために銀行に行かなければなりません。小竹先生も急ぐ仕事があるようで、手が離せないようです。

午後になり先生も一仕事が終わったようで、街の様子も見てみたい。昼食を食べに出かけてみようとのお言葉をいただきましたので、繁華街に参りました。
まずは銀行で私のクレジットカードの受け取りです。パスポートを提示して、無事にカードを受け取りました。試しにキャッシングを試みましたが、問題なくできました。これで安心です。
昼食をとっていますと、T中さんから先生への連絡がきました。かぶり付きに行かれると思っていましたが、昨日と同じ場所での撮影に挑まれていました。あの場所での凍てつく寒さをもろともせずに行かれたとは恐れ入ります。私にはやはり達人の境地に入るのは難しそうですね。

駐在先の广州に戻られるT中さんとは、阜新でお別れです。飛行機ですが、3,000キロの移動です。ご苦労様でした。またご自身のカメラとレンズに限界を感じられたようです。次回の帰国時には、私と同じNikon800Eに買い換えられるそうです。T中さんの熱意とパワーがあれば私には叶わぬ求める映像を撮れると思います。またどこかで同じカメラを持ってお会いしましょう。よろしくお願い申し上げます。

02_阜新駅

続きを読む