【18653】2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part15  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2

第19日目  3月8日
① 北碚
6:45(Bus)→7:05水土7:20→7:55泰山石

今日は朝から頑張るぞと、薄暗い中バスに乗って水土へ向かいました。水土から炭鉱までは、黄色の小型バスが30分に1本出ているのを昨日確認済みです。泰山石に到着すると、丁度グースご一行がやってきました。今日の朝は、5編成が続行しています。

▲ 泰山石で1度停車してから、間隔をあけて順に発車していきます。


▲ 戻りの5列車を待ち受けるには、昨日通った大カーブが1番だろうと待ちました。
9:55、 最初の列車が戻ってきました。行く時は、石炭満載でしたので、かなり間隔を開けての続行運転でしたが、帰りは空車ですので、ぴったりでやってきます。


▲ 天気は回復しませんが、何とか持ちそうです。午前2番目の石炭列車が来ましたが、間隔が全く違います。

▲ 気分が乗ってきたところで、泰山石に戻って小さな食堂に入りました。おばちゃん、何か作ってというと出てきたのは、これでした。まずくはないが、美味しいと言える菜ではありません。


まずかったのは、昼飯だけではなく、撮影場所で待っていても中々来ないので、泰山石に向かって歩いていくと、遅れていた戻り便が来てしまいました。 もう少し粘り強く待てば良いカットが撮れましたが・・・。どうも疲労が蓄積されてきて、いつもとは違うと気づき始めました。喉も痛み、発熱しています。
こんな時は、薬を飲んで、早くベットに入った方が良いだろうと、切り上げることにしました。

2012年冬から春への中国鉄路一人旅 Part15  江合煤鉱鉄路 グースの里北碚(ベイベイ) その2” への2件のコメント

  1. ぶんしゅう様

    凄いレポートを毎回楽しませて頂いています。大旅行ですね!

    亜細亜号やミシュラン等々圧倒されました。

    北から南へ東や西へのお疲れが溜まり張ったんですね。

    くれぐれもお大事になさってください。無理は禁物ですよ!

    症状が軽く済みますようにお祈りします。

    泰山石の食堂、はっきり言って不味そうでしたね。

    食事の我が儘がきく環境じゃないから、大変ですね。

    日本は100,300,日本海、きたぐに、予定通りサヨナラでした。

      「くれぐれも大事にしてくれ~」

  2. マルーン様
    コメントをいただきましてありがとうございました。
    発熱もようやく治ってきたようでリタイアせずに済みそうです。
    只今訪中第34日目、一人旅は終わり昨日からドイツ人グループと合流してのドイツ風中国鉄路SL撮影ツアーとなりました。日本人ツアーとは違ってのエピソードをご披露させていただけると思いますので、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください