東急多摩川駅にて

最近は日本の人口が減少に向かい、特に地方では過疎化が進んで鉄道のローカル線や路線バスの廃止のニュースをよく見る。このような中でも東京だけは人口があまり減らないのか多くの駅で電車がひっきりなしに上下する風景が見られる。東京、新宿、渋谷、池袋、上野界隈がそうであるし先日も総本家さんが中央本線阿佐ヶ谷での複々線4列車総並びを発表されておりその一端がうかがえる。関東では私鉄に目を向けると関西の阪急十三、南海新今宮、近鉄鶴橋のような圧巻的風景は見られないが東急東横線の多摩川駅では実に多種の電車が見られる。特に最近は神奈川県内のみ(横浜-海老名間、支線の二俣川-湘南台間、厚木貨物線)の営業であった相模鉄道がJRや東急と相互乗り入れを実施して東京心部や埼玉県まで顔を出すようになったことで多摩川駅の車両のバラェティを深めている。

東急多摩川駅では東急の他、横浜高速鉄道(みなとみらい線)、東京メトロ、東武鉄道、西武鉄道、東京都、埼玉高速鉄道、そして相模鉄道が加わることにより8社の車両を見ることができる。各車両ほぼ同じ位置の単調で面白みに欠ける記録であるがこれだけの会社がそれぞれ2~3種類の車輛を投入してくるので飽きることはない。併走も含めて発表してみる。

まず最初に今回の定点多種車両撮影に至った起爆剤的な相模鉄道についても若干触れてみたいと思う。独特の単一カラーでよく目立つ相模鉄道通称相鉄は以前は準大手私鉄の位置づけであったが、1990(平成2)年4月にいずみ中央駅まで延伸されたのを機に同年5月31日正式に大手民営鉄道として認定を受けた。相模鉄道の歴史がややこしいのは相模鉄道とは現在のJR相模線のことで大正6(1917)年に創立され、現在の相模鉄道は当初神中軌道、後に神中鉄道となった鉄道でやはり同時期の創立である。昭和18年(1943)年には神中鉄道は相模鉄道に吸収合併され、元の相模鉄道自身は1944年に国有化され残った神中線が相模鉄道となって今日に至っている。その間相模鉄道は東急になったり小田急の干渉があったりして紆余曲折の歴史があったが横浜駅西口(相鉄ジョイナスや高島屋のある所)の土地買収により安定的な経営をするようになったと言われている。私が最初に見た相模鉄道には神中時代の汽車ポッポのムードが残っていた。駅の改札口は木製のラッチが多く海老名などは田圃に蛇が出てくるような田舎であった。1955年の流線形湘南窓ボディマウントの5000系や続いて登場した1961年の6000系20メートル車の導入で大手に近づいて来たように思う。5000系、6000系の写真である。

1972.2.20 大和付近を行く急行海老名行き5011。湘南窓に車体下部を覆ったスタイルに人気があったが直ぐに更新改造されて消えて行きそのスタイルが惜しまれる車両である。▼

1966年8月13日 大和-大塚本町(1975年8月廃止で2駅となりその一つ現在の相模大塚)を行く海老名行き6000系後部6014。上の5000系に続き相鉄の近代化に貢献した6000系。同じ車体で吊り掛け駆動の3010系がある。▼

参考までに相模鉄道の乗り入れ状況を表した図である。少し見づらいと思うが全体図として掲載した。

それでは多摩川駅にある東急電鉄の車両から順に発表する。

<東急電鉄>

東急3000系はかつての雑多な旧型車に続く2代目3000系として1999年に目黒線用に登場した車両である。2018.10.2各停日吉行き3105▼ 

5000系は初代5000系(通称青ガエル)の2代目の標準車輛5000系で3バージョンある。5000系は田園都市線、5050系は東横線、5080系は目黒線用である。

5000系は東急田園都市線用にデビューした車両で車体上に青のラインが入った10連であるが、5118F~5122Fは東横線用8連である。このうち5122Fは初代5000系(青ガエル)を模したラッピング塗装である。2018.10.2各駅停車元町・中華街行き5822▼

5050系は東横線用でJR東E231系と設計、部品の共通化を図った。このうち4110F渋谷の商業施設「ヒカリエ」を宣伝した黄色っぽい塗装。5050系でも4000番台とはややこしい。2024.1.15東京都6320-8各停日吉行きを追い抜く特急元町・中華街行き4010「ヒカリエ」号▼

SDGsとはご存知の方も多いかと思うが持続可能な開発目標ということでビジネスの世界ではお偉い先生や経営者の方々はよく使われるが、私はよくわからない。東急では西の阪急グループと連携してSDGsトレインが走っている。5875のSDGsトレインは何となくケバケバしいが西の方でもSDGsのラッピング車両を写されたら発表願いたい。▼

5080系は5000系の目黒線版で2003年に登場。車体上部には紺系(ネイビーブルー)の色が配色されている。2018.10.2急行日吉行き5681▼

<横浜高速鉄道>

次は横浜高速鉄道みなとみらい線(桜木町-元町・中華街)Y500系で東急2代目5000系と共通設計である。2018.10.2 横浜Baystarasのマーク付きのY502各停元町・中華街行き。▼

<東京メトロ>

東京メトロ7000系は6000系と共にそのユニークなスタイルが特徴であったが今は見られなくなって寂しい。2016.8.4各停元町・中華街行き7131、急行日吉行き9818の併走をとらえた。一番左にも上りの7115が見られる。何れも東京メトロの車両である。ここで東急線を紹介すると両端が東横線で渋谷から東京メトロ副都心線方向、中間が目黒線で目黒から都営三田線、東京メトロ南北線方向と直通連絡している。▼

正面が丸みを持った東京メトロ10000系も有楽町線、副都心線用の主力車両である。特急元町・中華街行き10134が同じ東京メトロ9817各停日吉行きを追い抜く。▼

同じく東京メトロ有楽町線、副都心線用最新車両で2021年より営業している。各停元町・中華街行き17195で東京都6317-8日吉行きと併走。左は上り東急5000系。総本家さんの阿佐ヶ谷のように4列車揃い踏みは未だ達成できていない。▼

東京メトロ9000系は東急目黒線、都営三田線、埼玉高速鉄道線との申し合わせで1990(平成2)年に登場したアルミ車体の車両で水色っぽい塗装が特徴。2021.2.19各停日吉行き。▼

<東武鉄道>

東武50000型は日立が開発したアルミ合金車体の次世代車両製造システムA-トレインのひとつで2005年から400両以上製造されており、東上線用50000型、伊勢崎線半蔵門線対応50050型、東上線副都心線対応50070型、東上線TJライナー用ロング・クロス転換装置車輛50090型に分けられる。写真は2020.9.22特急元町・中華街行き50070型51075で左の埼玉高速鉄道2803各停日吉行きを追い抜くところである。▼

東武9000型と90050型は東上線にあって地下鉄有楽町線、副都心線対応である。9000型は1981年に登場しAFEチョッパ、ミンデン台車、90050型は94年に登場しVVVF、ボルスタレス台車で外観もコルゲート、ビート処理、方向幕のLED化など登場時期によって違いがある。写真は特急元町・中華街行き9000型9108であり車体側面がコルゲートでなくビート処理仕上げである。▼

<西武鉄道>

西武6000系は1992年から営業に入っているが車両は詳細に見ると正面が銀色と白色があり、戸袋窓もあったりなかったり、車体もステンレスありアルミありでパンタグラフもシングルアーム化されたものもあるなど多彩である。東横線へは特急で乗り入れてくることが多いが、各社ともに自社線内、他社線内で列車種別が変わるようで複雑であり私もはっきり捉えられていない。2018.10.2特急元町・中華街行き6008▼

西武40000系は2017年に登場して座席指定列車に使用すべくロング・クロス転換装置を持った車両であるが、2019年に登場した40050系はオールロングシートで地下鉄有楽町線・副都心線乗り入れにも使用されている。写真は40050系40055で2024.1.17特急元町・中華街行きである。▼

<東京都>

都営6300系は6000系に続く三田線用車両として1993(平成5)年に登場、東京メトロ南北線、東急目黒線、新横浜線、埼玉高速鉄道線との申し合わせの設計で三田線、東京メトロ南北線を中心に他社線へ乗り入れている。2024.1.17各停日吉行き6315-8▼

 

都営6300系の後継車両として2022年にいろいろと最新技術を採り入れた新鋭車両車両である。ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」とあるが、世の中がこれほどギスギスしており、せめて正面だけでも何とかならなかったのかと思う車両である。▼

<埼玉高速鉄道>

埼玉高速鉄道は平成13年に赤羽岩淵ー浦和美園間を開業。2000系車両6両編成で通しているが東急、相鉄、東京メトロなど乗り入れ他社が8連化を始めているので今後の動向が気がかりである。2024.1.17急行新横浜行き2801▼

<相模鉄道>

相鉄20000系は東急線との直通運転に対応した車両で2018年から営業についている。その独特のカラーはヨコハマネイビーブルーといささかキザっぽいネーミングであるがとにかく目立つ色と思う。何でも相鉄創業100周年記念ということで駅設備や車両のデザインを一新した時の新型車両である。この車両も日立のアルミ製A-trainである。2024年1月17日急行湘南台行き20002。▼

21000系は2023年3月に相鉄・東急直通運転が始まったがその対応を行った車両で多少改良されているが外観を含め20000系と大差がない。特に東急目黒線方面直通に特化した車両である。2024.1.17急行海老名行き21108▼

同じ21000系をもう1枚。この車両の行先を見てどこへ連れて行かれるのか迷うお客もきっとおられるのではないかと思って出してみた。上京した関西人でもDRFC以外はわからないと思う。2024.1.17急行西谷行き21107 ▼

 

撮影した多摩川駅であるが、1923(大正12)年に目黒蒲田電鉄(東急の発祥路線)多摩川駅として開業したがその後1926(大正15)年に丸子多摩川駅、1931(昭和6)年に近くに遊園地があることから多摩川園前駅に改称した。その後1977(昭和52)年に多摩川園駅に改称し、2000(平成12)年に目蒲線が目黒線と地下から出発する多摩川線に分割された時期に再び多摩川駅と改称されて現在に至っている。尚、多摩川遊園地は1979(昭和54年)に閉園されている。1968.7.31写真は多摩川園前駅時代の目蒲線目黒発蒲田行き3510である。▼

 

 

 

 

 西のC59・C62全記録  (11)

昭和44(1969)年3月29~31日 DRFCメンバーとともに撮影

広島のユースで一泊した翌日3月29日は、DRFC春の狂化合宿が、呉市の国民宿舎「音戸ロッジ」で華々しく行われる日、九州で泥池にはまって風邪気味で体調は万全でないものの、メンバーとの再会を楽しみにして、ユース前からバスに乗り込み、広島駅へと向かいました。合宿の最終日の「安芸」狙いは、煙が期待できる安登~安浦の勾配区間へメンバーとともに向かった。と言うものの今まで、この区間で煙に恵まれたことは無かったが、今度は違った。北海道ヤマ線のC62重連も顔負けの凄い爆煙だ。見始めは違和感を覚えた「あき」のヘッドマークも、見慣れて来ると必須のアイテムとなった。体調は最悪だったが、それを吹き飛ばすシーンとなった。

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part 8 帰国

第8日目 1月30日

① 新竹 8:15 普悠瑪 278次) ⇒ 9:16 台北
② 台北 9:30(空港MRT) ⇒ 10:09 桃園空港T2

普悠瑪号のきっぷがない 】
8日間の厳冬の冬の台湾旅も今日は帰るのみです。桃園空港のJALカウンターでのチェックインは10:55からで余裕はあります。前回12/7は桃園MRTの台北側とは逆の老街渓を見てみたいと臺鐵中壢から老街渓までの未開通区間を歩きましたが今日は疲れてもいるとの実感がありましたので台北へ出て空港MRTに乗車する行程を選びました。
8:10 新竹駅の自動きっぷ販売機で発券手続きをしますが普悠瑪号は満席です。8:36 次発の自強号も同様です。

PPのE1000形 桟敷席

今回の旅では満席は経験していなかったので取れるものだと油断していました。朝の混み合うラッシュ時の列車です。前夜は駅構内にいましたので確認して確保しておくべきでしたね。またPPの自強号なら先頭の12号車には桟敷席がありました。これに挑戦してみる方法もありましたね。
続きを読む

 西のC59・C62全記録  (10)

昭和44(1969)年3月28日 DRFC合宿を前に一人で足慣らし

前記のように、ポールが建ち始めた呉線で丸一日撮った後は、九州各地へ転戦しました。DRFCメンバーとも要所で顔合わせしながら、17日間に渡って各地で蒸機を撮影。最終日は筑豊でたっぷり写したあと、夜行で広島へ向かいました。DRFCの春の合宿が開かれる前日であり、まずは一人で呉線撮影となりました。折尾から夜行の座席急行「桜島」に乗って、広島に4時30分に到着、呉線の一番列車622レが発車する7番ホームへ行く。外はまだ暗いが、ホームは明るく照らし出され、C62が堂々と待機していた。ほんの数年前、まだ山陽本線の蒸機が華やかな時代、次つぎに夜行列車が発着していた広島駅の昔日を思い起こさせるような雰囲気だった。C62 41[糸]

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part 7 台中港線 

第7日目 1月29日

① 台中 8:46(区間車 2604次)⇒9:33 台中港 
▲ 8:04 今日は前回12/2にも訪問しました台中港線へと参ります。その前にまだ保存改装が終わった台中站をまだ見ておられない方々とご一緒しましたがまだ開店前で外から見るにとどまりました。
続きを読む

DF50思い出写真(10)山陰本線

DF50は北海道や関東地方を除き概ね各地で見られた。伯備線、大社線や中央本線では撮ることができなかったが、0番台スルザー形(ズルツアー形)65両、500番台マン形73両計138両の走行線区は一応網羅したつもりである。

最終回はDF50が健在であった時代にDRFC-OBの皆さんが日常よく見たり乗ったりされた山陰本線である。所属は勿論DF50が大量に配属されていた米子区である。

最初は1969.5.4京都駅山陰線ホームから撮ったDF50525である。カラーでなく残念であるが旧塗装(新製時の茶系)の方が急行を含め旧型車を牽くのに似合っており私は古い色が好みであった。▼

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part6 虎尾糖業鉄道 

第6日目 1月28日

① 高雄 6:10(MTR)⇒6:22 左営
② 左営 7:25(高鐵 806次)8:11 雲林

今日は台湾で唯一現役で残るシュガートレインを撮るため虎尾へと向かいます。いつもは斗南站から路線バスで向かうのですが極力早く着きたいと今回は新幹線で雲林まで行きTaxiをチャーターする行程です。

▲ 8:11 高鐵雲林に降り立ちましたが裏站Taxi乗り場には何も停まってはいません。しばらく待ちましたが来る様子はありません。どうする事も出来ませんでしたがTaxi乗り場とは違って送迎車が停まる表站一角に黄色のTaxiが入る姿が見えましたのでダッシュして捕まえました。どうやら裏站のTaxi乗り場の方は近距離利用者が多くTaxi運転手からは不評だったようです。
続きを読む

 西のC59・C62全記録  (9)

昭和44(1969)年3月 1年ぶりの呉線へ

ふたたび呉線に移ります。前回は昭和43年3月の呉線行きでしたが、この年の10月にはヨンサントオ改正がありました。呉線には大きな変更はなく、列車番号の変更や、一部ダイヤの手直しで交換駅の変更が行われた程度でした。いっぽうで、昭和45年10月を目指して行われている電化工事は着実に進み、全区間でポールの建植が進んで来ました。DRFCでは、ちょうど昭和44年春の“狂化合宿”が呉の音戸ロッジで行われることになり、絶好の機会と、例によって九州方面との撮影と兼ねて、1年ぶりの呉線入りとなりました。

「安芸」にヘッドマークが付いた! 何の予告もなく、雑誌に掲載されて驚いたことを覚えている。蒸機牽引の優等列車は、特急にはヘッドマークが付き、急行には無いのが、われわれ世代の常識で、“ヤラセ”っぽくて違和感を感じたものだった。「あき」とかな書きしたのも気になる。改めて写真を見ると、ヘッドマークより、続く客車に眼が奪われた。ヨンサントオでカニ38などの荷物車の連結はなくなり、機関車+ハネフ+ロネ2両+ハネ‥が通常編成だが、なんとオロネ10が3両、間に挟まっているのは、10系ではなく、青色に塗られたスハネ30のようだ。安芸幸崎~忠海

続きを読む

 あの日あの頃 ほぼ同月同日に還る ~38~

2008年2月24日 淡雪の京都駅で国鉄型を撮る

今日は各地とも4月並みの気温で、スキー場の雪も融け始めたとか。いつもは寒波の戻りで、京都でも2月中頃には積雪もありましたが、今年はもう期待できません。毎年、少しでも積雪があると、嬉々として朝早くから近くへ駆けつけた日々も懐かしく思い出します。まだ国鉄型車両が幅を利かせていた時代、原色に塗られた車両は、実に淡雪に似合ったものでした。朝の光線に“こだま色”が映える。特急「たんば」クハ183-702ほか。下回りは白く化粧していた。「はるか」専用の30番ホームに、一日に何本か山陰本線特急が発着して、2番ホームからの編成・形式写真の撮影に最適だった。

続きを読む

 あの日あの頃 ほぼ同月同日に還る ~37~

東京でも撮ってまっせ ④  東急渋谷駅を記録する  2008年2月22日 

東急東横線の渋谷駅が、東京メトロ副都心線との直通運転に伴い、地下化され、駅も地下に潜ったのが2013年3月のことで、もう10年以上経つことになります。撮影の合い間に、それまでの高架駅も記録したことがありました。いま駅の跡地周辺では、高層ビルが建ち再開発ラッシュが続いています。最近、会合で、年に1、2回、渋谷に行くことがあり、渋谷で都電を写していた世代にとっては、異次元の世界に戸惑うことばかりでした。9000系急行が終点の渋谷に到着、両側の扉が開いて降車客が吐き出される。2004年には、みなとみらい線との相互直通が始まっていて、9000系にとってはいちばん華やかな時代だった。

 

 

 

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part5 南廻線を撮る

第5日目 1月27日

台湾ではもうじき小正月(2/5)を迎えます。各地でお祭りが開催され、ここ台東も
お祭りの一つとして
幻想的な光の祭典「台東光祭(台東ライトフェスティバル)」が予定されているそうです。

7:30 台北発23:58、台東着5:48の台鉄に残る週末だけ運行される夜行列車莒光666次で来られた893-2さんは暖房がなく寒くて寝られなかったと言われながらも無事に合流されました。宿泊しました台東の娜路彎花園酒店(フォルモサ ナルワン ガーデン ホテル)の1階ロビーに全員が集合したロビーの天井には従業員の手作りと思われるランタンが吊るされていました。

続きを読む

東進続々

小湊鉄道は昼過ぎには切り上げて東京へ戻ります。五井からJRだけで速く戻れるのですが、せっかく東京まで来ていて、少しは時間もあるのでここは京成電鉄に乗ってみることにしました。泉北高速鉄道と同じく新京成電鉄も社名が消滅すると報じられているので、その前に乗ってみようとも思いました。またSNSにアップするような投稿ですがご覧ください。このような投稿なら日常フェイスブックに出しているものとほぼ同じですので簡単に出すことが出来ます。丁寧に過去の資料の下調べをして投稿をされる先輩からはお叱りを受けそうですが、ご容赦願います。

▲新京成電鉄8800型 京成津田沼 京成もそうですが標準軌で18メートル級車体3扉というのは関西では京阪や阪神もほぼ同様なので親しみを感じます。

続きを読む

スクラップブック 事件・事故編・第13回

国鉄だけではありません。
我らが京福鞍馬線でも大事故が発生しました。
この事故は、この後続いた福井での事故と合わせて京福電鉄にとって取り返しのつかない大事件の序章となりました。

1964,1,6,0001

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part4 南廻線を行く

第4日目 1月26日

今日はツアー参加の皆さんと合流する日です。各自の行程がLINEで送られてきていますが、殆どの方は台東のホテルへ着かれるのが夕刻以降です。私は既に高雄に居りますので午前中でも合流は可能です。誰か早くに合流できる方はおられないかと探していましたらブギウギさんが昨夜は花蓮に宿泊されて「花蓮6:35(莒光602次)⇒9:48台東、莒光701次到着を撮影後、台東10:17(新自強372次)⇒10:46金崙」という投稿が入っていました。私もほぼ同じ行程を立てていましたので金崙大橋でお会いできるだろうとホテルを出発しました。

① 高雄 6:40(莒光701次)⇒9:12 金崙

【 ドジ一発目 】
高雄車站へはMRTで向かわなければいけませんが、ホテルの最寄り駅「巨蚕站」始発は 6:12です。高雄車站までの所要時間は約14分ですので十分間に合います。
朝5時半には起き上がりチェックアウトをして巨蚕站へと向かいました。
5:45 ホームに下りましたが始発電車なのに待っておられる客が多いようです。直ぐに電車も入線してきましたが始発にしては多い感じがします。
6:00 台鉄高雄站に着きいつものようにきっぷ自動販売機に入力して莒光701次のきっぷを購入しようとしますがモニターには表示がされません。壊れているのかと隣の販売機に同じことをしますが同様です。腕時計を見ても間違いありません。
どうしてか聞こうと有人カウンターへ行って莒光701次のきっぷが欲しいと言いますと「明日のきっぷですね。発券しますか?」とトンチンカンな返答です。
ここで初めておかしいと気づき駅の時計を確認しますと、7:00が表示されています。腕時計は6:00と1時間違っています。
どおりでMRTの乗客が多かった訳です。
台湾に着く前に飛行機の中で台湾時間に合わせていました。昨日まで間違っていませんでしたがなぜか日本時間に変わっていました。これでは何度きっぷ販売機に入力しても希望する列車は表示されません。
改めて今からでも間に合う新自強 415次のきっぷを購入しました。

① 高雄 7:48(新自強 415次)9:36 台東 
続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part3 もう一度高雄トラム全線開通区間を撮る

昨日は高雄トラムの新線区間 約5㌔強を歩き、疲れました。高齢者ですので今日は安息日として無理をせずに行動することにします。高雄の宿は常宿となった「ロンシャンホテル」を予約していますのでゆっくりと過ごします。

第3日目 1月25日

連泊しました嘉冠大飯店の朝食は 6:30からと早く鉄ちゃん向きです。起床後直ぐに朝食会場に参りいただきました。
献立はご覧のように台湾のビジネスホテルにある一般的なものです。

続きを読む

東進続

東武鉄道を撮った翌日、あいにくの雨でしたが小湊鉄道へ向かいました。小湊鉄道はJR東日本からキハ40を導入し、さらに魅力がアップしたように思います。もちろんキハ200も車体の造形だけでなくDMH17エンジンを搭載し貴重な存在ですが、今や原型に近いキハ40が走るのはとても素晴らしいことです。午後には東京に戻らねばならなかったので、昼からは雨も上がるとの予報だったのですが、消化不良な撮影になってしまいました。こちらも次回以降再訪の宿題です。それにしても首都圏には面白い非電化私鉄がいくつもあり羨ましい、と思います。他にも数を減らしていますが関東鉄道には在来車のキハ0系やキハ532、鹿島臨海鉄道には6000系が最後の活躍を見せています。さよなら運転とかですと、人が殺到し激パ状態となり一気に戦意喪失してしまいます。そうならないうちに行くのです。行くのなら今です。

▲キハ401 五井 もとの番号はキハ402021 コイルサスなので暖地仕様です。

続きを読む

東進

先日2月のはじめ、久しぶりに東京へ行って参りました。特別な列車が走るとかさよなら運転があるとかではありません。ただの日常です。東武鉄道は、車両や線区のバリエーションが広くなかなか興味深い存在だと思っています。本当は、奥地に行ってSLやうまく行けば野岩鉄道に残る6050系も、と考えていたのですが都合により叶いませんでした。次回以降の宿題です。その代わりと言っては何ですが、大師線と亀戸線に初めて乗ることが出来ました。SNSに載せる写真日記のようですが、ご笑覧ください。

▲新鋭スペーシアX、思っていたよりも白が映えます 獨協大学前

続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part2 高雄トラム全線開通区間に乗る・撮る

第2日目 1月24日

① 嘉義 8:10(新自強 371)⇒9:14 新左営
今日は高雄で今年1月1日に全線開業しました高雄LRT(軽軌)の乗車と撮影に参ります。2月25日まではIC利用に限り、無料だそうです。

2015年10月16日 、 籬仔内(C1)~凱旋中華(C4) 2.2キロで体験乗車のみのプレ開業(運賃は無料)以来少しずつ延伸されて、8年と1ケ月半ぶりに予定された全線 22.1キロが繋がり環状線となりました。

7:45 ホテルで朝食を済ませて台鐵嘉義駅へと参り新左営への切符購入です。嘉義駅駅舎は正面が改装されてスッキリとした姿で迎えてくれました。
続きを読む

癒しの島 台湾鉄道2024年厳冬の旅 Part1 旅立ち 嘉義へ

台湾に行く時にいつもご一緒させていただいておりますDRFC-OB会の台湾大好きメンバーから1月末にツアーを予定しているが参加されますかとのお誘いが来ました。
11月末に行ったばかりですが、まだまだ撮り足りません。二つ返事で参加を伝えました。参加者は一日Taxiをチャーターして撮影場所を回りますので1台当たり4人が限界と言う事で東京方面から参加のクモハ73106さん、千住のヤスベイさん、不銹鋼號さん、デカンショまつり号さん、関西からは大津の86さん、893-2さん、ブギウキさん、そして私を含めた8人となりました。
全員が一緒に行動しますのは1月27日だけで前後はそれぞれの希望と都合を考慮してバラバラで、いつものように現地集合現地解散です。

第1日目 1月23日

① 長岡京 6:15(快速)⇒6:23 高槻 6:34(はるか3号)⇒7:41 関空
② 関西空港 10:00(JL8667)⇒12:15 桃園空港 ( 搭乗;3時間15分 )

7:41 前回11/28に参りました時は 8:19 到着でしたがセキュリティチェックが行われる出発口にたどり着くまで長蛇の列が出来ていて約1時間を要しました。これに懲りて今回は1本早いはるかに乗車しての到着でしたが今日はガラガラです。待ち時間は、なしでした。

続きを読む