駅名喫茶店(第30回:江若鉄道の駅名)

最近は新しい試みとして、デジ青の予約投稿機能を活用しています。書きたいときに書いて、見せたいときに見せられる、なかなか使い勝手の良い機能だと思っています。

私の駅名データベースは未完成です。世界遺産のサグラダ・ファミリアは2026年に完成予定とのことですが、データベースはいつまで経っても完成しないことでしょう。誕生する駅名がある一方、廃駅により消滅する駅名もあるからです。

廃駅名とはいえ、駅名として存在していた事実は消えることはありません。世の乗換検索アプリからは消えた廃駅名を、データベースには残していきたいと思い、最近は廃駅名も少しずつ打ち込み始めています。

さて、今回は江若鉄道です。よろしくお願いいたします。 続きを読む

駅名喫茶店(第28回:近鉄特急が停車する駅名)

今回は近鉄特急の停車駅をまとめてみました。ひのとり、アーバンライナー、しまかぜ、伊勢志摩ライナー、あをによし、さくらライナー、ビスタカー、青の交響曲、ACE、Ace、サニーカー等、多種多様な列車で構成される近鉄特急に惹かれた方は、私だけではないはずです。

続きを読む

駅名喫茶店(第27回:都道府県境に関わる駅名 和歌山編)

車を走らせていると、都道府県境をまたいだときに「ポン♪ 大阪府にはいりました!」と軽快な声でカーナビ君が知らせてくれます。一方で鉄道を利用していると、いつの間にか大阪府に入っていたといった経験はたくさんあるかと思います。

そこで、皆様に鉄道路線での都道府県境またぎを意識していただくために、都道府県境の両サイドの最寄り駅名をまとめてみました。2回目は、和歌山県編です。

続きを読む

駅名喫茶店(第26回:「・」を含む駅名)

寒波到来でぐっと気温が低くなりました。そんな時こそ、駅名喫茶店で一服してくださればと思います。

今回は「・」を取り上げました。中黒というものでしょうか。「・」を含む駅名をまとめているサイトを確認することができませんでしたので、おそらく本邦初(?)かと思います。それほど、「・」に需要はないということでしょうか。

続きを読む

駅名喫茶店(第25回:「センター」を含む駅名)

準特急様から頂戴したお写真の中に、「京王多摩センター」の駅名標がありました。サンリオのキャラクター(ポムポムプリン)が描かれており、サンリオファンにも好まれていそうな可愛らしいデザインだと思いました。

ということで、今回は「センター」を含む駅名特集です。ちなみに、「センター」とは広辞苑第5版(岩波書店)で、・・・④ それぞれの分野の中心となる機関・施設とあります。 続きを読む

駅名喫茶店(第24回:京王の駅名)

普段は関西ばかりですが、今回は私も2年間だけお世話になった京王電鉄を取り上げました。聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)、高幡不動(たかはたふどう)、分倍河原(ぶばいがわら)など、関西にはない音の響きが好きですね。

今回の京王編をまとめるにあたり、準特急様よりお写真を賜りました。改めて御礼を申し上げます。

続きを読む

駅名喫茶店(第23回:元号に関する駅名)

駅名喫茶店は、あくまで「副業」なので気まぐれの開店です。開店できる時に開けようという心意気です。今回は、年号に関わる駅名です。単に年号の「漢字」を含む駅名も番外編として紹介しています。

さて、本題からは一旦離れますが、2023年1月4日(水)に、名古屋市交通局と長崎電気軌道で駅名改称がありましたので、お知らせいたします。名市交から「市役所」の駅名が消え、長崎電気軌道で「市役所」の駅名が誕生したのは興味深いです。ちなみに、「市役所前」という駅名は日本全国至る所にあり、同一駅名としては最も数の多い駅名といわれていますが、真相を確かめるべく、後日調査してみます。

続きを読む

駅名喫茶店(第22回:京都市電の駅名)

こっそりと温めていた廃駅名シリーズの最初は、京都市電です。廃駅名といえども、今でもバスの停留所名として残っているのが、嬉しい限りです。宇都宮に近々、LRTが誕生します。京都でも再び機運が高まり、生きている間に京都でのLRT実現を目の当たりにしたいと思います。【2023/1/3 21:36修正】

続きを読む

駅名喫茶店(第21回:「神宮」を含む駅名)

元旦も駅名喫茶店は開店いたします。皆様、今年もよろしくお願いいたします。

今回は、以前にコメントで頂戴していた「神宮」を含む駅名をまとめてみました。コロナ禍で初詣が厳しいという皆様は、ぜひ駅名をご覧になられ、初詣気分を味わってください。

続きを読む

駅名喫茶店(2022年総集編:年末最後の営業日)

駅名喫茶店は、駅名についての話題でほっと一息つける場所として、2022年9月10日に開業しました。それ以来、多くの読者の皆様に支えられ、第20回まで記すことができました。コメントがあったからこそ、続けてこられたのだと思います。

年末最後は、総集編として今年(2022年)投稿した20回分(第1回~第20回)を振り返っていこうと思います。

続きを読む

駅名喫茶店(第20回:ら行の駅名)

第14回で、わ行の駅名をまとめました。駅名喫茶店(第14回:わ行の駅名)

その後、継続して調べていると、ら行の駅名もそれほど数が多くないことが分かり、記念すべき第20回のタイミングでまとめてみることにしました。もっとも、ら行とわ行はそもそも単語自体が少ないですが。

では、ら行の駅名一覧です。

続きを読む

駅名喫茶店(第19回:都道府県境に関わる駅名 奈良編)

車を走らせていると、都道府県境をまたいだときに「ポン♪ 大阪府にはいりました!」と軽快な声でカーナビ君が知らせてくれます。一方で鉄道を利用していると、いつの間にか大阪府に入っていた、といった経験はたくさんあるかと思います。

そこで今回は、皆様に鉄道路線での都道府県境またぎを意識していただくために、都道府県境の両サイドの最寄り駅名をまとめてみました。はじめは、奈良県編です。

高の原(近鉄京都線)

イオンモール高の原は、店内に奈良県と京都府との府県境の境界線があることで有名です。店内は撮影禁止なので写真はありませんが、その代わりとして、駐車場の写真をアップしました。駐車場にもしっかりと境界線が示されております。 続きを読む

駅名喫茶店(第18回:東海道五十三次の駅名)

皆様のお陰で、駅名喫茶店も第18回を迎えました。年内には第20回まで書けたらよいですね。当初はネタで困るかと思っていましたが、皆様からたくさんのリクエストを頂戴し、むしろネタが多く、執筆の優先順位をつけるのが難しい今日です。

さて、今回は東海道五十三次の駅名をまとめてみました。宿の名は果たして駅名として、どれほど残っているのでしょうか。まとめてみました。

今回の執筆にあたり、準特急様の温かいご支援を賜りました。改めて御礼を申し上げます。 続きを読む

駅名喫茶店(第17回:漢字表記が1字である駅名)

以前の回 駅名喫茶店(第14回:わ行の駅名)で「蕨」に触れたところ、漢字一字の駅名に関するコメントを頂戴いたしました。これならば、すぐにリストアップできるだろうと思い、調査を始めましたが、結構多かったですね。

リストをスクロールしながら探していく作業は困難を極めました。おそらく、抜け落ちがあろうかと思いますので、その際は遠慮なくお知らせくださいませ。

では、いきましょう。漢字表記が1字である駅名一覧です。

続きを読む

駅名喫茶店(第16回:「学園」を含む駅名)

奈良県には、帝塚山学園に由来する「学園前」という駅名が存在します。他にも結構な数があるだろうと思い、今回は「学園」を含む駅名を調査しました。実は、調査自体はだいぶ前に済ませておりましたが、トップ画像を撮れていなかったため、遅れての投稿となりました。

駅名喫茶店のマスターはあくまで「副業」です。ご容赦くださいませ。

大阪難波駅で、ならしかトレインに遭遇しました。12月5日(月)にデビューしたばかりの列車です。この時間帯は、阪神線直通の快速急行でなく、東花園行きの普通運用でした。東花園到着後は回送となり、大和西大寺へ向かい、一旦車庫方面へ走っていくところまでは確認できました。

続きを読む

駅名喫茶店(第15回:〇〇港)

〇〇港といっても、今回は〇〇空港を除外としました。筆者は、いつかフェリーさんふらわあに乗船してみたいと思っております。まずは、南海フェリーでもよいかもしれませんが。

続きを読む

駅名喫茶店(第14回:わ行の駅名)

9,000を超える駅名ですが、わ行となると65駅名しかございません(奈良の駅名研究家調べ、誤りがあればご指摘願います)。そこで今回は、その65駅名をすべてご紹介します。読者の皆様はこの中でいくつの駅を訪ねたことがあるでしょうか。

山陰本線には和知駅があります。

続きを読む

駅名喫茶店(第13回:名鉄の駅名)

今回は、デジ青ではあまり話題にあがることのない名鉄です。多種多様な路線を抱えており、近鉄にも負けない路線網を保有している会社であるといえます。その分、駅名も多いですね。

難読駅名もいくつかあります。

今は廃駅の「西中金」をどこで切って読むか分からず、「さいちゅうきん」と読んだことは、今でも反省しております。

では参りましょう。

続きを読む