「多摩川をめぐる鉄道風景」

吹雪をモノともせず、数キロも歩いて敢然と雪中撮影に挑まれる準特急さんは、そのいっぽうで、自らの足跡を趣味誌に寄稿されています。そのひとつが、「レイル」に掲載されている各地の河川を渡る鉄道橋の歴史・現況のレポートで、同誌82号では、高校時代までの居住地に近い武庫川を、tsurukameさんらの写真とともに紹介されています。続いて同誌では、別の寄稿者によって高梁川、紀ノ川が発表され、「レイル」の独自企画として育ちつつあります。そして、このたび発売された97号では、その提唱者たる準特急さんが、再び筆とカメラを持って、いま居住されている近くの多摩川を発表されました。
015syかつて川は、ヒトとモノを運んだ。いま、ヒトとモノは、その川を渡る鉄道によって運ばれる。縦糸と横糸を組み合わせた、たいへん興味深いこの企画、これぞ、鉄道趣味者らしい研究成果と言える。少し前の号では武庫川、今回は多摩川と、東西を代表する川を紹介できるのも、各地を転々とされた?準特急さんらしい成果だ。


多摩川と言えば、天下の東京都を縦断する一級河川、それだけに鉄道橋の多様性、趣味的な奥深さが多くあります。本誌では、下流から上流へ、また、多摩川を渡らずに並行する鉄道も含めて、全22ヵ所の鉄道橋、線区の現況を写真と文で紹介されています。
写真を仔細に見てまず感心するのは、撮影日がほとんど違うこと、試しに数えてみると延べ36日に及んでいました。しかも晴天ばかり、また花火などの特定日の行事も巧みに取り入れて、走る車両も拘りを持ったもの、たとえば新幹線では500系と言った具合です。これは、単なる思いつきではなく、相当前から念入りに撮られていることが判ります。しかも近年の写真だけでなく、さりげなく昭和40年代の50年前、現役のDRFC時代の写真も載せられており、八高線では、C58の牽く高尾山初詣臨と言う具合、永く趣味活動を継続させた人間でしか成し得ない、写真の厚みを感じさせます。
IMG_20160209_0001sy私が多摩川の写真で印象深かったのは、交通科学博物館で開かれた第二回写真展の時で、京王線聖蹟桜ヶ丘の多摩川を渡る、初日の出の写真を出展されています。日の出と電車通過の時刻がみごとに一致しており、何の迷いもなく、案内はがきの絵柄に使用させてもらいました。
ある時はカメラ、ある時はキーボードと、この“文写両道”は、老年の域に入って、たとえ時間があってもなかなか実現が難しいことを、私は身を持って感じています。その実現には、何よりも強い意思が求められます。それらを両立させつつ、発信・発表を継続されているのは、まさに、われわれ老年鉄道趣味者の鑑だと言えるでしょう。

2 thoughts on “ 「多摩川をめぐる鉄道風景」

  1. 準特急様
    今頃になってコメントを書きます。2週間も遅くなり申し訳ありません。関西人にとり、多摩川は新幹線で見るくらいです。それも東京近くになり、荷物を纏めたりせわしない時刻で、ゆっくり眺めもせずに、乗った時は乗った時で落ち着かぬ間の通過です。そんな多摩川を鉄道と共にゆっくり鑑賞できました。

    今日、2月21日の日曜日は久し振りに自宅です。朝から第6回写真展のHPの最終仕上げを行いました。その時一杯目に入るのが第5回写真展の準特急さんの多摩川の初日の出です。特派員さんの上の記事にある写真です。第2回の作品ですが、第5回のトップページ自動スライイドに使用しました。第6回のトップページには別の画像を使い更新しましたが、時々入れ替えますので、半年後位にはまた復活します。

    武庫川に始まり、多摩川に続き、日本中の川と鉄道を特集して下さい。あと100冊くらい作って下さい。私の場合は、武庫川と大川(阿賀野川)、紀ノ川(南海電車)くらいですね。話し変りますが、武庫川の遡上は今、藍野まで行きました。あと篠山の山中にも分け入らねばなりません。マムシの出る前にと思いますが、間に合いますやら。

  2. tsurukame様
    武庫川ではお世話になりました。私もtsurukameさんの武庫川渓谷廃線跡の道場編に遅れてコメントさせていただきました。武田尾-道場間はよく探検されたと思います。テレビに出演されたり、廃線跡の人の立ち入りが難しい区間をよくぞ調査、報告されたと思っております。篠山は爬虫類よりも恐竜で有名な所ですね。私の高校3年の担任の先生も篠山鳳鳴高校の出身ですし、丹波篠山で有名な唄をデジ青の芸名に使われている方のお父さんも同校のご出身と聞いております。篠山は城跡とそれを取り巻くお堀や武家屋敷跡がよろしいですね。それに全国的に有名な食べ物があります。多摩川の方は関係する鉄道が多すぎて内容に乏しくなった面は否めませんが、まだ日本全国には魅力的な橋梁や天井川に向かう勾配築堤などの題材はあると思います。またどこか散歩がてらブラつこうと思っております。

tsurukame へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください