微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part8 国際列車で国境を超えてラオスへ

第7日目 12月8日
① ファランボーン前日20:00(国鉄69)→11:22ノンカイ11:50(国境列車)→11:59タナレーン

② タナレーン駅12:25→12:55ヴィエンチャンバスターミナル(BT)→市内観光→BT
③ ヴィエンチャンBT14:55(Bus)→17:18ウドンターニ

000_さっそうとスクーターで走るラオスのお嬢さん▲ さっそうとラオスの国道をスクーターで走るお嬢さん。信号待ちで我々の車の横に並ばれた時にお願いしますと、にっこりと笑って後ろを走ってくださいました。日焼けもない白い顔に、上品な笑顔がとてもすてきなお嬢さんでした。

01_ファランボーン駅食堂02-1_ファランボーン駅218時前にはファランボーン駅に到着。預けておいた荷物を受け取り、駅内の食堂で小腹を満たしました。

待合室は、夜行列車の乗車を待つ客でいっぱいです。お坊さんの姿も多く見かけました。

4番ホームには、お召列車の姿はもうありませんでした。我々が乗車するのは、5番線に止まっている20時発の東北本線ノンカイ行きの列車です。乗車するのは、11両編成の最後尾の上下2人1室の1等寝台車です。
隣の部屋とは仕切りドアを開けるとつながる構造になっていました。
さてどこの国の方と一緒になるのかと楽しみでした。

07_ノンカイ行き69列車切符▲ 東北本線(ファランボーン~ノンカイ)の総延長は、621.10キロ。69列車は時刻表では、12時間25分、表定速度50.01km/hで走行します。運賃は、1,317バーツ(約3,700円)と、日本と比べると格安ですね。
02_ファランボーン駅▲ 今日の69列車の編成は、①荷物車+②BTC1371+⑤BTC1346(②⑤とも1980年マッカサン工場製3等車)+⑥食堂車+⑦BNS1073(1975年マッカサン工場製2等寝台)+⑧ANS1056(1989年DAEWOO製2等寝台)+⑨ANS1082(1992年DAEWOO製2等寝台)+⑩ANS1039(1989年DAEWOO製2等寝台)+⑪ANS1070(1992年DAEWOO製2等寝台)+⑫ANS1032(1988年日立製作所製2等寝台)+⑬ANF1003(1997年HYUNDAI製1等寝台)の11両編成でした。(※ ③④欠番)
05_1等寝台車内▲ 車内はまだ寝台のセッティングができていませんでした。ミネラルウォーターも置いてあり、寝具は綺麗で清潔そうな室内でした。我々のツアーは7名、最後に申し込んだ私は、他のお客と同室です。希望の下段寝台です。上段は、バンコク駐在の日本人の男性でした。
発電所関係のお仕事をされているとか、昨年の水害のお話をお聞きしましたら、日本のマスコミは被害の多かった所ばかりを探して報道していた。全体からすると被害を受けたのは1部の企業なのに全体と思い込ませていた。日本からの問い合わせは本来の業務ではなく、その事ばかりに殺到して、その対応の方が大変だった。もっと冷静に真実を報道して欲しいと嘆いておられました。
やはり、島の問題同様に日本のマスコミには、何か意図的な偏った報道を誇張する傾向が強すぎるようですね。こうやって現地におられる人の声を直接に聞くと中国同様に実態がよく分かってきます。
05_1等寝台食事メニュー06_1等寝台食事▲ 乗車しますとすぐにボーイが、朝夕食のオーダーを聞きにきました。セットで160~200バーツ(約440~550円)と、まずまず気軽に注文できる料金です。上段のお方とあれこれ悩んで別々を注文しました
続きを読む