2012年冬の中国鉄路の旅 Part7 国境の町、绥芬河(綏分河)へ  その2

第8日目 11月19日

今日は、旅に出てから8日目です。そろそろ疲れが溜ってくる頃です。ゆっくり起きて、ホテルで朝食を食べにレストランに行きますと、ロシア人ばかりです。子供を連れた家族連れが多く、ロシア人にとって綏芬河は、気楽な海外旅行のようです。そして、朝からビールを飲んでいます。アルコール度数100%近くにもなるウオッカを飲みなれているロシア人には、中国の薄いビールは水と一緒なのでしょうね

昼近くまで部屋でインターネット接続との格闘です。と、言いますのも、接続できたと思って使っていると、いつの間にか切断されています。昨夜から同じ状態が続きますので、フロントに苦情を言うと、強制的に接続できるIPアドレスを教えてくれました。中国のホテルでは、ホテル内の回線設備が悪く、いつも経験していますので、ここもそうなんだろうと、強制設定をしますが、それでも接続できなくなりました。お手上げです。部屋を代えてくれと申し出しますが、どの部屋も一緒と取り合ってくれません。
▲ 部屋で過ごすのを諦めて、国境に向かう午後の列車を撮りに街に出ることにしました。
零下の世界ですので、雪が降ってもほうきで掃けば飛ばせられます。町のあちこちで作業員がほうきでの作業をされておられました。
昨日のロケハンで、撮れる場所は国境に向かう道路橋しかありません。Taxiは結構走っていますので、捕まえて向かいました。町のはずれまででも6元(約80円)です。昨日と同様にロシアから輸入された原木運搬貨車のヤード作業が続いていました。

 ▲ 13:13、ロシア国境のグロデコボへと向かう310次列車が発車してきましたが、昨日の編成とは違って、ロシア側1525㎜の3両編成です。 ▲ 国境へと向かう路線は、4線区間です。ゆっくりと、山の彼方へと向かって行きました。
ダイヤをよく見ますと、朝と午後の列車は、中ロの双方向から発車して、途中のどこかで交換しているようです。

続きを読む

2012年冬の中国鉄路の旅 Part6 国境の町、绥芬河(綏分河)へ  その1

第7日目 11月18日
长春19:46(2727次)→翌日9:10绥芬河

長春から乗車した2727次は、ロシアとの国境の町「绥芬河」までの794キロを13時間24分で走破します。丹東駅で切符購入の際に軟臥下鋪を要求しましたら、ありません。なぜかなと思っていましたら、この列車には軟臥車の連結そのものがありませんでした。
取れた切符は硬臥下鋪でしたが、運良く2階建て車両の2階席で見晴らしも良くて大変快適でした。また 同室者は牡丹江へ行くという若い女性3人です。日本人と話すのは初めてなので、日本の事を教えて欲しいと深夜まで質問の嵐を受けました。

▲ 6:45、浜綏線下城子駅にて日の出をむかえました。終着駅はもうすぐです。


▲ 北海道を思わせるような車窓が続く中、綏分河に定刻到着しました。終着まで乗車する乗客は少なく、駅員から追い立てられるように改札口を出ました。

 绥芬河站は、哈尔滨から548キロにあり、1898年に建築されました。1900年1月14日に臨時開業、1903年7月14日に正式開業されています。以降、ロシアとの活発な貿易窓口となっています。年間貿易額は約350万トン、旅客は約100万人と言われています。左は、イミグレのある駅舎、右は中国鉄路国内線の綏分河駅舎です。

▲ 上のイミグレはドアを開けると、直ぐに出国検査場になっていましたので、即刻退去を命じられました。下は、国内線の待合室です。この右手に切符売場がありました。

続きを読む