ペンタックス ペンタックス 望遠だよ! 広角だよ!

 以前、コニカC35でテスト撮影したことについて投稿したが、ペンタックスSPもTTL絞り込み測光もでき、撮影可能となったので近くで撮影した。撮影の舞台は相も変わらず近場だが。

 ⇧ 住宅地より大和路線を俯瞰する。レンズはおなじみの望遠135mm。遠くに葛城山、金剛山方面を望む。

 ⇧ 近鉄信貴山下駅前に保存されている東信貴ケーブル。車内を公開する予定だがコロナ禍で、いまだ公開されていない。レンズは35mmの広角である。この写真からすべて35mmレンズである。28mmが人間の見える範囲に近いようであるが、35mmレンズの方がちょうどよいように思う。

 ⇧ おなじみ、大和川を渡る鉄橋。

 ⇧ とんでもない暑さから徐々に日ざしが弱くなってきた頃。暑さが続くのも困りものである。やっと動き回ることができるようになった。

 ⇧ 春であれば桜が咲いているのであるが、今は猛暑の夏。

 ⇧ 平群谷はまだ暑いが今少しの辛抱なのだ。

 コニカC35で撮影しいていた時も、次に撮影しようとしてもシャッターが押せない。そうだ!フィルムを巻き上げないとシャッターが押せないのだ。デジタルカメラで慣れてしまうとフィルムカメラの操作に戸惑ってしまう。TTL測光なのでファインダー内の露出計の針の位置で絞りなどを合わしていく。めんどくさい操作なのであるが写真を撮っている感覚が楽しいし、また、すぐに見ることができないので上手く写っているかどうか、これも楽しみである。時々フィルムカメラで写真を撮るのもいいものだと思う。

2 thoughts on “ペンタックス ペンタックス 望遠だよ! 広角だよ!

  1. どですかでん さま
     ペンタックスSP懐かしいですね。私も愛用してました。レンズの交換がねじ式で、迅速性に欠けたのも良き思い出です。手動シャッターで一発入魂の撮影癖はスマホになってもぬけません。
     風光明媚な信貴山の麓にお住まいと思いますが、フィルムの購入や現像はどうされてるのですか。近鉄駅前にいまや写真機店などはないでしょうし、近在のジャスコみたいな大型店舗にも扱ってる処はないでしょう。天然色フィルムはどこのもので、ネガもポジも選べるのですか。すぐ値段を聞く大阪人の悪い癖ですが、フイルムていま一本なんぼなんでしょう。
    するでしょう。

    • 大阪通信員さん イオンモールなどにある「カメラのキタムラ」や「パレットプラザ」などでフィルムは売っています。また、現像もしてもらえます。現像して画像をCDに焼いてもらうこともできます。私は現像のみです。それぞれの店で価格は少し違いますが、今回はフジカラーの「FUJICOLOR100 135-24枚」を737円(税込)で、現像代は715円(税込)でした。若い人のあいだでは「写ルンです」とか「チェキ」などが人気があるようです。デジタルの写真もいいのですが、アナログな画像が何とも言えない味わいがあって好まれているようです。ポジフィルムも買えます。ヨドバシカメラのHPを見たらどのようなフィルムが買えるかわかります。休刊になった「アサヒカメラ」の今年の6月号の特集が「いまこそ、フィルム!」でした。プロの写真家の人も時々フィルムで写真を撮っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください