再び近鉄、でも木造車 モ1型

この電車に乗ったような気がします。叔父が生駒に住んでいてよく遊びに行ったときです。たぶん鋼製化されてからでしょうが・・

ところで今夜澤村君のお通夜に行ってきました。多くの会員にお線香をあげてもらい、写真の顔がすこし煙って見えました。焼香台の横に彼が最後まで作り続けたD50(この掲示板に製作記がでていました)の完成品とEF58が並んでいます。明日葬儀に行かれた方は必ず見てあげてください。奥様と息子さんたちが選んでくれたそうです。

2 thoughts on “再び近鉄、でも木造車 モ1型

  1. 今、澤村君の葬儀から玉座に戻ってまいりました。山へ送っていったクラブメイトも南ブライトホールに戻っている頃です。米手作市さんの紹介されたD50、EF58の陳列なく、寂しい思いが一段と増したように思います。最後に会ったのが本年2月4日、総本家さんの裏庭に隔離され、ど頭のバイパス手術を受けて4日目であった。トイレから帰ったら4人部屋の真ん中にパイプ椅子を広げ座っていた。京都市民病院での定期検診の帰途にお立ち寄り下さったのだ。「近じか4度目の治療を受けます、これが最後になります」と少し寂しげに語った。老人のように外科手術ではなく、循環する本体にかかわるものだけに、最初に市民病院を訪ねた時の明るさは欠けていた。4月23日のクローバー会総会に欠席しますとメールが入った時、元気がないなぁー、そのうちに会いに行こうと思いながら、メールのやりとりだけに終わってしまった。穏やかな姿で先立った澤村君、いろんな事があったなぁ。合掌

  2. 長老様、お疲れ様でした。
    模型の件は私からご遺族にお聞きしたところ、今日は出棺やお別れで展示するスペースとかたづける時間的余裕がないため展示しませんでした、とのご説明を頂きまして理解いたしました。ご期待を裏切り様な書き込みをしまして申し訳ございません。お詫びいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください