【韓国】非武装地帯の放置SL 復元展示       工-’79 山下敬司

半世紀以上非武装地帯に放置されていた京義線長湍駅SL(登録文化祭第78号)が
59年ぶりに化粧直しして一般に公開された。

臨津江(イムジンガン)の通称「帰らざる橋」の隣の上り線側橋梁跡の延長線上に、復元SLが保存された。

先日訪問してみた。

当日はあいにくの雨だったが、観光客は結構いた。

雨のせいもあるが、鉄の色がさび色を帯びて茶色っぽい。

だが、煙室などは原型をとどめている。

穴は戦争時に被弾した弾痕だとのこと。1000発以上の弾丸が貫通していたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面側から見る。

正面には観覧用に陸橋が設置されている。全体的にはさすがに痛みがひどい。

 

放置されていた間に、煙室の中に木が生えていたそうだ。

その木がここに植えられている。

現在、南北の交流は冷めていて、国境を列車が走ることはなくなってしまったが、

北朝鮮の体制が変わり、また列車が走る日が来ることを祈るばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください