【98489】広島県の豪雨災害と鉄道

今回の豪雨災害に関して、多くの方々にご心配を頂き、電話やメールを頂きありがとうございました。幸い我が家は被災せず、家族も無事に過ごしておりますのでご心配なく。10日朝、いつもより遅れて届いた中国新聞朝刊から鉄道関連の記事をピックアップしてみました。

鉄道と道路の被害状況

広島県内で動いているJRは山陽本線海田市・岩国間と可部線全線だけで、その他の線区はすべて運休状態です。山陽本線の復旧には数ケ月となっていますが、次の本郷・河内間の被災状況から考えると、数ケ月というのは見通しが甘い気もします。

本郷・河内間の路盤流失した山陽本線の様子

九州と関西・関東を結ぶ大動脈が何ケ月も不通となる事態をだれも想定していなかったことでしょう。幸い中国自動車道は全通しています。山陽自動車道、国道2号は寸断されて復旧に時間がかかるようです。山陽新幹線は動いていますが、主要都市間の往き来はできても、地方交通の役には立たないのが残念です。

芸備線は致命的な状況

私の住む三原市は地区によって被災状況はまちまちですが、市内の大半が断水し、停電の地区もまだ多くあります。大雨が上がると即梅雨明けとなり、連日の猛暑に水不足はつらい状況です。被災地が中国、四国など非常に広域であるだけに支援の手も分散するので 復旧・復興には相当時間がかかりそうな状態です。

広島県の豪雨災害と鉄道” への3件のコメント

  1. まずは亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。被災された方々にお見舞いを申し上げます。
    報道では人的被害のあった水害が主に報じられ、鉄道関係の情報が殆ど無かったため、そろそろJR広島支社のHPをと思っていた矢先で、詳しい情報を有難うございました。改めて深刻な鉄道被害に愕然としました。橋梁被害の復旧は長期間を要しますが、本郷~河内間の路盤流出はやろうと思えば数か月はかからないと思います。早期の復旧を期待したいですね。
    毎日利用される通勤・通学客はもちろんですが、記事にもあったように特に山陽線は貨物輸送の大動脈でもあります。かつて大幹線がこれだけの期間不通になったことは殆ど記憶にありません。有珠山噴火で室蘭線が不通になった際は、不十分ながらも一応山線という迂回ルートがありましたが、今回はそれらも見当たらず、不通期間の長さが日常生活や物流に与える影響が非常に気になります。JRFはモーダルシフトで輸送量を増やしてきたのに、一時的とはいえ海運や陸運に頼らざるを得ないのはつらいところでしょう。
    避難生活を送られている方も多いのに、いささか不謹慎かもしれませんが、貨物列車の運休で機関車の運用もガタガタです。暫くは撮影も運休です。

    • 1900製様
      下関から山陰本線ルートの情報が無いので何とも言えませんが、不通箇所が無ければ裏縦貫はダメでしょうか?DD51が全く足りないからダメか? 水島貨物ターミナル、東水島駅や休線状態になっている西水島港線を復活させて海陸の接点として使えないかと勝手なことを考えています。コンテナ輸送の時代ですから港湾設備も関係しますが、何にせよ国全体のシステムとして選択の幅がなくなり、バックアップも乏しく、脆弱さが増しているように思えてなりません。秋口までは当地でEF66やEF210を見られそうにはありません。
      給水所のボランティアで交通整理に行っていますが、とにかく暑いというより熱いというここ数日です。

      • 西村 様
        ボランティア活動ご苦労さまです。頭が下がります。体調には十分お気を付け下さいますように。
        山陰線回りは思いつきませんでした。DD51は全ての山陽貨物の代替程は無いでしょうが、一日数本程度なら何とかなるのではないでしょうか。今なら春に運用離脱したのがまだ何両かはあるはずです。しかし京阪神からというのは諸条件から厳しいでしょうね。せめて伯備線が復旧して米子以西というのであれば可能性はゼロではないと思います。東北大震災時に磐越西線回りでタンク臨が走ったこともありますから。
        そういう臨貨が走れば撮りに行きたいと思いますが無理でしょうね。
        阪神・東北と2度ともダイヤまで描いて準備しましたが、やはりどうしても被災関連列車を撮る気になれず断念したからです。今回もし実現しても物流確保のために良かったと思いながら、多分傍から眺めているでしょう。
        合理化による設備撤去はもとより、今回見られたように防災上の脆弱さも加わり、どんどん貧弱な鉄道に退化していっているのが不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください