東京地下鉄 山陽路を東へ

本日 下松の日立笠戸工場から綾瀬へ向けて 東京メトロ千代田線の16000系10両が甲種輸送されてゆきました。9日12:54下松発 8862レで東上。11日深夜2:15綾瀬着の長旅です。撮影は三原ー本郷間で16:18頃です。車番が読み取れなかったのですが、かろうじて最後尾のTCが16014と読めましたので、全部で16編成投入されるなかの14編成目のようです。
EF66に牽かれて東上する東京メト��16000系

EF66に牽かれて東上する東京メトロ16000系

 

最後尾は16014。一生に一度の長旅。

最後尾は16014。一生に一度の長旅。

当地で見られる甲種鉄道車両輸送は 日立笠戸工場を出場して東上するものが殆どです。

去る2月21日には 半田市の衣浦臨海鉄道のKE653(DE10)が広島ターミナル発8866レとして甲種輸送されてゆきました。JR貨物の広島工場でATSの改造を施されたあと衣浦に戻っていったようです。
衣浦臨海鉄道KE653

衣浦臨海鉄道KE653

 

うしろのコ��は手ブレー��代用車。

うしろのコキは手ブレーキ代用車。

1 thought on “東京地下鉄 山陽路を東へ

  1. 東京メトロ千代田線には、常磐線取手~小田急多摩線唐木田間で運用される10両編成の6000系が35本と1編成のみの06系1本が在籍していましたが、現在16000系が12本運用に就いており約3分の1が置き換えられました。13編成も間もなく運用に就きます。14編成が完成したことにより予定の16編成まで出揃うのは時間の問題ですね。6000系はVVVF未改造車から廃車されており、一部はインドネシアに譲渡されました。
    16000系は、JR東日本の「走ルンです」シリーズの車両が台頭する中、貫通扉、座席の袖仕切り、網棚にガラスを多用し、中々シャレた感じの電車です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください