微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part10 ウドンターニからバンコクへ、ローカル列車の乗り鉄旅 キハ58発見!

第9日目 12月10日
① ウドンターニ7:54(DIESEL EXPRESS-76)→17:43バーンスー
② バーンスー18:04(MRT)→19:00頃シーロム

③ シーロム日本人街20:20(トゥクトゥク)→20:50バイスカイヨークホテル

タイ鉄道地図_縮小今日は、ウドンターニから、DC急行に乗車してバンコクに向かう乗り鉄旅です。往路では夜行寝台列車でしたので、車窓を見ることはできませんでしたが、今日は朝から晩まで堪能できます。移動距離は568.84キロ、途中下車なしの10時間16分の予定ですが、タイ鉄道の今までの乗車経験からは、相当の遅れが予想されます。 01_切符▲ ウドンターニ発車は、定刻では6:54です。朝は早いのでホテルの美味しい朝食は食べられません。6時すぎにホテルを出発、駅までは荷物がありますのでトゥクトゥクを利用しました。
02_朝の温度6:25、駅に着いてすぐに発車時刻を確認しますと、やはり1時間の遅れとの返事です。この列車の始発駅はノンカイで、1つ手前の停車駅です。発車すぐで1時間も遅れていますのが、今のタイ国鉄の運行現状ですね。 仕方ありません、この列車に乗車される皆さんと一緒にホームで待つことになりました。

朝7時の温度は、涼しいぐらいの快適な22℃でした。

03_駅の物売り02_駅の物売り04_駅の物売り05_駅の物売り待っている間に天秤棒を担いで、自家製の食べ物を売りに来られるおばちゃまがおられました。Y崎さんは、これを気にいられたのか、おばちゃまと掛け合いをしながら買っておられます。すっかり現地住民と同化されておられました。
おばちゃまが売っておられるのは、ウズラの煮卵とか何かの野菜を甘辛く調理したもの等々です。スーパーで売っているような惣菜類ですが、地元で日常的に食べられている土地の味です。

私は、おじちゃまが売りにきた竹筒に興味が引かれました。竹筒は大小様々で、赤飯と白いおこわが入った2種類を天秤棒にぶら下げた左右の籠に分けておられました。 竹筒は、丁寧に斧で剥きます。台湾では同じのをよく食べましたが、もっと青い竹筒で太さは揃っていました。また斧で真っ二つに割っていましたので、中身の出し方が違っています。野性味のある味で、大変美味でしたので赤白と2本をいただきました。これこそ土地の味です。こんな駅弁は大歓迎です。 07_駅の物売り 続きを読む

微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part9 ウドンターニの一日

第8日目 12月9日 ウドンターニの町

08_▲ 朝の散歩で見かけた街路樹に水を撒くおばちゃま。日焼けしないように麦わら帽子にスカーフを巻いて厳重な対策です。回教徒なのでしょうかね。にっこり笑顔にたくましさを感じました。
32_ナチュラル美人▲ 今日はたくさんの笑顔を撮りましたが、その中でも一押しのナチュラル美人のお嬢さん。素朴で清楚な微笑みは、うっとりとさせられました

ウドンターニとは「北方の町」を意味します。人口約22万人強。ラオス国境に近く、ベトナム戦争当時は米軍基地の街として急速に発展をとげたそうです。付近は農業地帯です。
宿泊したチャルンシー グランド ロイヤル ホテルは4つ星の立派なホテルでしたが、宿泊料金は1室1日4.862日本円、二人ですので、2431円と信じきれない安さでした。さすが、JTBを今年卒業されたY崎さんだけあって、ホテル選びの原則は、「グレードの高いホテルの安い部屋を選ぶこと」という事を教えていただきました。感謝、感謝です。またY崎さんは、K大三田会の会員でもあり、熱心な鉄ちゃんです。
01_朝食 02_朝食▲ 自宅にいる時とは違って、海外のホテルでの豪勢な朝食は、昼飯を簡単に済ます私には楽しみの1つです。蜂の巣をそのまま出して蜂蜜をすくって取るというのは初めて見ました。これだけ食べれば、1日のカロリー十分です。

老体になった私の海外での暮らし方は、1週間以上の滞在の際には、必ず一日ゆっくりとして静かに部屋にいる時間をつくることです。長い海外の旅では、どうしても疲れやストレスが溜まっきますので、以降に支障をきたさないための対策です。今日は、タイに来て8日目で、身体が休養を求めていました。
朝食後はのんびりして、溜まっていますデジ青の投稿をしようかなと、フロントにインターネット使用の申し込み(有料)手続きに行きましたら、あろう事か「申し訳ありません。ただ今部屋へのインターネット回線が故障していて使えません。ロビーでは無料のWi-Fiが使用できますので、こちらをご利用ください。」と、言われてしまいました

仕方ありません。PCを持ってロビーでメールのチェックやらをしていましたら、Y崎さんから気分転換にちょっと町を散歩しませんかと言われましたので、喜んで同行させていただくことにしました。01_ウドンターニ駅05_ウドンターニ駅01_ウドンターニ駅前▲ 11:15、鉄ちゃん二人が向かったのは、ホテルから徒歩で20分ほどのウドンターニ駅でした。
駅前には、トゥクトゥクがずらりと並んで降車客を待っていました。

続きを読む