微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part9 ウドンターニの一日

第8日目 12月9日 ウドンターニの町

08_▲ 朝の散歩で見かけた街路樹に水を撒くおばちゃま。日焼けしないように麦わら帽子にスカーフを巻いて厳重な対策です。回教徒なのでしょうかね。にっこり笑顔にたくましさを感じました。
32_ナチュラル美人▲ 今日はたくさんの笑顔を撮りましたが、その中でも一押しのナチュラル美人のお嬢さん。素朴で清楚な微笑みは、うっとりとさせられました

ウドンターニとは「北方の町」を意味します。人口約22万人強。ラオス国境に近く、ベトナム戦争当時は米軍基地の街として急速に発展をとげたそうです。付近は農業地帯です。
宿泊したチャルンシー グランド ロイヤル ホテルは4つ星の立派なホテルでしたが、宿泊料金は1室1日4.862日本円、二人ですので、2431円と信じきれない安さでした。さすが、JTBを今年卒業されたY崎さんだけあって、ホテル選びの原則は、「グレードの高いホテルの安い部屋を選ぶこと」という事を教えていただきました。感謝、感謝です。またY崎さんは、K大三田会の会員でもあり、熱心な鉄ちゃんです。
01_朝食 02_朝食▲ 自宅にいる時とは違って、海外のホテルでの豪勢な朝食は、昼飯を簡単に済ます私には楽しみの1つです。蜂の巣をそのまま出して蜂蜜をすくって取るというのは初めて見ました。これだけ食べれば、1日のカロリー十分です。

老体になった私の海外での暮らし方は、1週間以上の滞在の際には、必ず一日ゆっくりとして静かに部屋にいる時間をつくることです。長い海外の旅では、どうしても疲れやストレスが溜まっきますので、以降に支障をきたさないための対策です。今日は、タイに来て8日目で、身体が休養を求めていました。
朝食後はのんびりして、溜まっていますデジ青の投稿をしようかなと、フロントにインターネット使用の申し込み(有料)手続きに行きましたら、あろう事か「申し訳ありません。ただ今部屋へのインターネット回線が故障していて使えません。ロビーでは無料のWi-Fiが使用できますので、こちらをご利用ください。」と、言われてしまいました

仕方ありません。PCを持ってロビーでメールのチェックやらをしていましたら、Y崎さんから気分転換にちょっと町を散歩しませんかと言われましたので、喜んで同行させていただくことにしました。01_ウドンターニ駅05_ウドンターニ駅01_ウドンターニ駅前▲ 11:15、鉄ちゃん二人が向かったのは、ホテルから徒歩で20分ほどのウドンターニ駅でした。
駅前には、トゥクトゥクがずらりと並んで降車客を待っていました。

05_ウドンターニ駅_時刻表▲ ウドンターニ駅の発着時刻表です。上はバンコク方面、下は北上するノンカイ方面です。1日に上下6本が発着するようです。うち、始発・終着が各2本あります。
04_ウドンターニ運賃表2▲ こちらは、ウドンターニからバンコク行きの列車別の運賃表ですね。往路に乗車した1等寝台は、ローカル3等車の5倍もしたのですね。納得です。

06_ウドンターニ09_ウドンターニ_ホーム▲  11:22、ホームに行きますと、たくさんのお客が待っておられました。どうやら、8:50発のノンカイ行きのRAPID133列車が大幅に遅れているようです。
07_ウドンターニ保線車▲ 11:23、ノンカイ方面から保線モーターカーが走ってきました。一度乗ってみたい車両ですね。
14_ウドンターニ▲ 11:30、RAPID133列車の到着です。停車する直前で、機関助手から駅員にタブレット渡しが行われました。列車は、11両編成でした。
07_ウドンターニ▲ 列車が停車すると、整然とした下車、乗車が行われていました。駅員がいて、整理しているわけではありません。礼儀正しい国民性を見るのは、すがすがしいものです。1920▲ お客の乗車は終わりましたが、発車しません。何と荷物の積み下ろしの真っ最中でした。初めは窓から大きな袋や段ボール類でしたが、最後に出てきたのは大きなタンクです。積み込みも大変だったでしょうね。たくさんの荷物でしたが、約5分間で終えました。
16_ウドンターニ発車17_ウドンターニ発車▲ 11:52、約3時間遅れで、RAPID133列車は発車しました。
後ろ3両は、ウドンターニ止まりだったようで、8両編成で終着駅ノンカイへと向かいました。
留め置かれた客車3両は、今夜のノンカイからの折り返しRAPID134列車(20:10ウドンターニ発)に連結されて、バンコクに戻るのでしょうね。
17_ウドンターニ止まり客車24_車内▲ 客車は3両とも3等車です。シンプルな車内ですね。
38_▲ 一応、KIOSKもありますが、1日6往復ではお客は、まばらです。
26_バラス列車26-1_バラス列車▲ 明日バンコクに戻る切符を買ってホームに戻りますと13:19、線路改修工事用のバラス積載列車が到着しました。工事に携わる作業員の皆さんは、マスクで防塵対策をして用意をしておられますが、全員私服です。
27▲ バラス積載列車は、推進運転でノンカイ方面へと向かいました。別線を設置しての工事ではありません。現在走行している路線をはずしてレール、枕木とバラスを敷いての工事です。ダイヤの間をぬっての工事が進められています。3時間も列車が遅れるわけです。
10_ウドンターニ保線jpg▲ 構内には、バラス軌道に使用するオーストリア製のマルタイ・道床整理車・道床安定作業車が構内に待機していました。

27-1_ルーイ行きバス▲ 駅をでますと、ルーイ(Muangloei)へと向かうバスが立ち寄って、たくさんの乗客を乗せていました。山に囲まれた自然の豊かな避暑地だそうです。
36_駅前マーケット▲ 駅前左に入りますと、大きなフードレストラン街になっていました。客はまばらですが、適当に買い込みました。寿司もありましたので、試に食べてみましたが、まあまあ食べられる程度でした。
28_1_レストランのお姉さん

▲ 近くの化粧品店で働いておられるのでしょうか、バッチリ化粧をしたお姉さんもカメラを向けるとピースで答えてくださいました。
37_焼肉屋?▲ ちょっと変わった焼肉屋さん。ポスターが斬新ですね。
33_花屋▲ 日本の切り花輸入では、マレーシア、コロンビアに次いで多いのがタイです。特にランでは№1ですので、お花屋さんものぞいてみました。SLの前についていた菊の花章もありました。
34_八百屋さん▲ 道路で果物類を売るお兄さん。素朴な笑顔でなんでも美味しそうに見えました。
35▲ そんな果物屋で買っておられたお姉さん。私も撮ってよと、にっこりピースポーズを見せてくださいました。

駅前からホテルまでは、ファッションプロムナードもあって、街角散歩を楽しめました。またホテルは、大きなショッピングマーケットと隣接していて、あちこちで珍しそうな物をつまみながら帰りました。
移動が多かった7日間でしたので、丁度良い休息と気分転換になりました。さあ、明日は朝から、568.84キロを下車なしの10時間16分の乗り鉄旅です。昼間の乗車ですので、どんな車窓が見られるのか楽しみです。  Part10へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください