2012年 秋のみちのく一人旅  Part3 弘南鉄道弘南線、黒石線、鉄道写真展in青森

第3日目 10月11日

① ホテル(徒歩)→弘前10:00(弘南鉄道)→10:29黒石
② 黒石10:50→11:00津軽尾上12:30→12:48弘前
③ 弘前12:56(JR)→13:48青森

▲ 平賀駅の改札鉄柵によじ登って、ED333の入換え光景を見ていた坊や。自分にもこういった時がありました。41年経った今、この子は鉄ちゃんに育ったのでしょうか?

朝起きて、窓の方を見ましたらまだ明けている様子はありません。まだ早いかなと思いながらゆっくりとシャワーを浴びてからTVをつけると、何と7時半です。嘘だろう、まだ暗いじゃないか。どうして?と、カーテンを上げると、すっかり明るくなっています。よく見ますと、寝る前にピッタリと閉めたカーテンは、遮光ロールスクリーンになっていて日中でも部屋内を暗くすることができるようになっています。おまけに目覚まし時計をセットするのを忘れていました。今日乗車する列車は8:09発で今からの用意では、駅まで遠いので間に合いません。翌日の移動に便利な駅近くのホテルにすればよかったと嘆いても始まりません。朝から大失敗です

大湊線に行く次の列車は、10:21発。復路時間を調べると青森着は16:06となって、今日のイベント準備お手伝いには遅すぎます。これでは大湊に行くわけには行きません。
気を取り直して、リンゴを求めての弘南鉄道ロケハンに切り替え、後の移動に便利なように弘南線黒石まで行くことにしました。
ホテルで朝食を食べてから駅に向かいましたが、雨が降ってきました。上手くいかない時は、こんなものです。傘をさして駅までトボトボと歩きました。

弘南鉄道の弘前駅はJRの駅でもありますが、改札口は分かれていました。切符はどうしようかと迷いましたが、どこかで降りることも考えて1日フリー切符1,000円にしました。

ホームには、元東急の7000系が入線してきました。中間車を改造した非対称3枚窓の切妻型です。
▲ 弘南鉄道には、1971年(昭和46年)8月26日に合宿参加の際に訪れたことがあります。
当時の弘前駅に入線するED333号機。1923年に武蔵野鉄道がウエスチング・ハウスから購入したデキカ10型は、西武鉄道時代はE11型に改番。1961年に弘南鉄道にやって来て貨物輸送に従事していました。貨物輸送廃止後の現在は、冬季のラッセル推進に使用されているそうです。

黒石へ向かう途中で列車交換がありました。
先頭車はクハ16形とです。当時西武鉄道や国鉄から木造車改造の17m車を譲渡されて活躍していました。
▲ 車庫のある平賀駅に近づきますと、車両検査のため車両交換をしますので、前に着く電車に乗換えてくださいとの車内放送がありました。
続きを読む