伊賀線廃線跡

初めて投稿します、名張に移り住んで20数年が経ちましたwakutaです。最初にこちらに残っている近鉄伊賀線(伊賀鉄道)の廃線跡で明確にそれと分かる遺物がありますので紹介します。近鉄大阪線美旗駅の南数百メートルの小波田川にかかるプレートガーターがあります。周りは一面の田圃となっていて面影はありませんが鉄橋だけがポツンと残っています。

 

向こうに見えるのは大阪線です。伊賀線も伊賀鉄道と昔の名前に戻り、関東からの車両で牛耳られてきました。

2 thoughts on “伊賀線廃線跡

  1. WAKUHIROさま
    伊賀線の廃線跡、拝見しました。伊賀神戸を出て大阪線の築堤の下をくぐる廃線跡は、いつも車窓から確認するのですが、それ以降は、大阪線と並行するとはいえ、高速で走る車内からは、廃線跡を確認できませんでした。貴重な鉄橋跡、ありがとうございました。これを見ると、前後の区間は、完全に田んぼに変わっているのですね。途中駅として、美旗新田、西原、倉持、八丁、終点の西名張があったそうですが、このあたりの現況もまたお聞かせください。

  2. WAKUHIRO様
    年に2~3度近鉄名古屋・大阪線に乗っております。それにしてもこんな所に廃線跡があるとは思ってもいませんでした。1964年の廃止ということはそれほど大昔ではないような気がします。当会には電車に造詣の深い方々が多数おられますので是非廃止前の姿、あるいは車両でも発表していただきたいと思います。ところで伊賀神戸は学生時代に2200系を撮るため大阪よりの山裾に駆け登り俯瞰撮影を試みた思い出の場所です。最近は中川よりにあるお寺さんのあたりで伊賀線と大阪線を何度か撮りに行ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください