尼崎港線 最後の日々

総本家青信号特派員先輩の尼崎港線の記事に触発され、尼崎港線の最後の頃の写真を投稿します。

私が訪れたのは、1981(昭和56)年3月24日と27日、31日です。

24日の朝の821/822列車はDD13 101 大吹一 の牽引でした。

まだ、あまり人はいませんでした。

客車はスハフ42 2162 大ミハで、木製の板で作られたサボでした。

3月27日は、尼崎港から塚口のきっぷを買うために出かけました。準常備式の普通乗車券を手作業で発行するため時間がかかります。ろくな写真を撮影できませんでした。821/822列車の牽引機は、DD13 376 大吹一でした。

最終日の3月31日、塚口から尼崎港に向かう最終の下り823列車です。

客車は2両に増結されDD13 256 大吹一 には、保安要員がたくさん乗っています。金楽寺~尼崎港間です。

急いで尼崎港に行き、本当の最終列車 上り824列車に乗ります。

遠くから撮影していなかったことが悔やまれます。

塚口到着後、木製のサボは、「好きな人もっていっていいよ!」と言ってサボの近くに陣取っていた人が持って帰られました。

うらやましかったです。

2 thoughts on “尼崎港線 最後の日々

  1. デカンショさま
    連続投稿、ちゃちゃ入れコメント、大歓迎です。尼港線の最終、よく行っておられたのですね。私は、この一日だけで終わってしまいました。グッズも続々の公開で、“尼港愛”を感じました。DLもラッパのような一灯の101号が珍しいですね。

  2. 総本家青信号特派員様
    コメントありがとうございます。
    DD13256は、頻繁に尼崎港線運用についていたようですね。3月22日に尼崎港線に行っていたら、いつぞやの阪急6300系の撮影会のようにお会いできたのかもしれませんね。
    ただ、そのころは、まだ、DRFCに入っておらず、ご尊顔も存じておりませんが・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください