積み残しも出る芸備線

不要不急の外出自粛が叫ばれるなか、学校は夏休みになり、青春18きっぷを手にした旅行者が中国山地内に押しかけているようです。

令和3年7月25日 中国新聞朝刊

4年前の2017年4月8日、クローバー会の木次線ツアーで、岡山から伯備線で新見入りし、新聞記事にある新見発備後落合行キハ120単行に乗ったのは良いのですが、立ちっぱなしで落合まで行き、沿線風景を楽しむどころではなかった苦い思い出があります。

4年前の芸備線車内

今回は、新見駅で積み残しも出たようですから、もっとすし詰め状態だったのかもしれません。キハ120の予備車が何両あるかわかりませんが、2両、3両と増結してくれればよいのですが、普段は空気を運んでいる線区だけに最小限の両数しかないでしょうから増結は期待できず、ゆったり座って景色を楽しむ旅は望めそうにありませんね。

実は、4年前に木次線の3段スイッチバックに乗り損ねて涙を飲んだリベンジとして、ほぼ同じコースでの有志の旅行を計画しつつあったのですが、この紙面を見て気持ちが萎えてしまいました。特派員殿、どういたしましょうか?!クローバー会の貸切列車を走らせましょうか?

2 thoughts on “積み残しも出る芸備線

  1. 西村様
    芸備線の最新情報、ありがとうございます。やはり18きっぷシーズンは混んでいるのですね。木次線も推して知るべしでしょう。クローバー会の貸切列車しかないですかね。
    いえいえ、ちょっと私の個人的事情もあって、8月は参加が困難になってきました。こちらの関係者ともう一度、相談します。お騒がせしました。

    • 特派員殿
      先般の大雨で木次町の斐伊川の対岸、雲南市三刀屋町は大きな被害を受け復旧工事の最中のようです。それもあって、雲南市木次町を訪ねて良いものやら気になっていたところで、新聞記事が出たので困ったなと思っていました。積雪期にはクルマでは参加しかねますが、冬場の訪問もありかも?皆さんとご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください