急ぐ時は 在来線に乗ろう

連日掲示板を占領してスミマセン。私の暮らす広島県三原市は山陽新幹線が停車する街なので、それなりの街だろうと思われるでしょうが、こと新幹線に関しては僻地並みの街です。JR西日本に知り合いがいないので、この掲示板に愚痴をこぼすことにします。時々、京都、大津に出かけるときに新幹線を利用するのですが、いつも腹立たしい気分で乗り降りします。九州新幹線開業や当地の乗降客減少もあって、度重なるダイヤ改正ごとに不便さが増しているように思えてなりません。上り下りすべての時間帯とは言いませんが、基本的に1時間に1本しか停まらないのです。例えば下りで例をとると、関西方面から三原に帰るときには岡山か福山で必ずこだまに乗り換えねばなりません。マアこれはよしとしましょう。この乗り換えが問題です。要は1時間に1本しかないので、中途半端な列車に乗ると随分待たねばなりません。大阪からさくら563号で16:31に福山に着くとすると17:22発のこだま749号まで51分待ちです。それではたまらないのでもう1本あとのさくら565号にすると17:03福山着で19分待ちでこだま749号に接続です。こだまは殆どが8両と長くなりましたが、1両に数名という感じです。これで目と鼻の先の三原にさっと着けば良いのですが、17:22に福山を出てノロノロと進み17:31新尾道着、「お急ぎのところ恐縮ですが、17:42の発車まで11分停車します」ということで、少なくとも2本の通過列車を待ち、やおら出発してまたノロノロと備後トンネルを抜けて17:49に三原着となります。営業キロ30.7Kmに27分かかります。表定速度68Kmです。もともとのさくら563号で16:31に福山に着き、山陽本線の465Mに乗り換えれば17:09には三原に着きます。まさに「急がば回れ」の世界です。のぞみの増発で長距離客は速くて便利になる一方でこういうことも起きているわけです。それではと他の交通機関にしようと思っても新幹線に乗るしかないので、苦々しい思いでキップを買います。隣接駅間は特定特急料金ということで福山-三原間だけ乗ると830円となっていますが、特急料金を返してくれと言いたくなります。競合路線の多い関西の私鉄ではかつて優等列車のあいだをすり抜けて走る高加速高減速のスーパーカーやラビットカーなどが次々登場し、サービス低下を抑えようとしのぎを削ったものでした。空気を運んでいるようなこだまに代わって、ロングシートの両開き車でもいいのでMc2両の高加減速ワンマン車を開発しようというようなアイデアは出てこないのでしょうか。15分程度なら座れなくてもいいのです。あるいは山陽本線に急行電車を復活させてくれた方が利用客が増えると思います。最近もうひとつ腹の立つことがありました。三原から確か新神戸以東に行く際に新幹線を往復利用すると三原駅駐車場が72H無料になるサービスがありました。田舎のこととて、駅に向かうにはマイカーか何千円かを払ってタクシーを呼ぶのです。関西に行くときにはこの72H無料(確か3000円分)は有難かったのですが、このサービスがなくなり 新横浜、東京往復のみになってしまったのです。まさに航空機との競争だけを考えて、どうせ他に手段のない関西行きの客は逃げないだろうという匂いがプンプンして気分が悪い昨今です。準特急さま、美しい日本はどこに行ってしまったのでしょう。うら若き女性車掌さんやみどりの窓口の女性に愚痴を言っても始まらないので、掲示板を利用させて頂きました。悪しからず。

2 thoughts on “急ぐ時は 在来線に乗ろう

  1. 温厚で人柄抜群の西村様がこれほどお怒りになっておられとはこだま号も相当ひどいことになっているとお察し申し上げます。鉄道もお客あっての商売ですからどこの会社も顧客ニーズを経営に反映させる様にしているとは思いますが、列車種別による本数の差は需要を考慮してのことだと思います。あるいはのぞみに誘導しようとしているのかもしれません。
    東海道・山陽新幹線は10年以上乗ったことがないのでそういう人間がコメントするべきではありませんが、私が新幹線に乗らないのは料金が高過ぎるからです。日本の高い人件費や土地代、環境対策、安全対策等々が入って新幹線のみならず日本の鉄道料金は諸外国と比べて高過ぎると思います。夜行高速バスは若い女性が一杯乗っていますし、企業も経費節減で出張を削減することにでもなれば新幹線は安心しておれないでしょう。大手航空会社でも早朝割引や早期予約の特典がある上、最近は格安航空が急激に進出しており今後の新幹線は厳しいと思います。私の入会している大人の休日クラブは東日本の新幹線を含め格安に利用できるので先日も上毛高原まで乗車しましたが、ここも昼間は1時間に1本です。本庄早稲田もそうです。安中榛名はもっとひどそうです。西村さんの「急ぐ時は在来線に乗ろう」というキャンペーンを料金や時間の説明入りでやると慌てるかもしれないですね。私は最近は急ぐことが少なくなり、東海道などは老春切符かバス+近鉄です。今の電車は各停乗り継ぎでも所要時間は昔の急行並みです。それに途中で伊吹山や浜名湖等で2~3時間撮影できます。本題から脱線して申し訳ありません。それより京津線の見事な役者達、ご成功を祈っております。いつも広電や中国地方の話題提供を有難うございます。

  2. 準特急さま
    冷静なコメントをありがとうございます。浜大津イベントを控えて血圧が上がっているのかもしれません。世界に冠たる安全な新幹線を維持、運営するための経営努力は理解できますが、果たしてどこまで顧客の声を聴いているのかと思うわけです。追い抜きのための信号所代わりの駅も増えていますが、高速バスも私鉄もなくJR頼みの地域は、これぐらいの不便さは我慢するしかないのでしょう。不思議なのは地元民からも特段の不満が聞こえてこないことです。企業も元気がなく、住民も高齢化していて遠出する人もなく 新幹線に乗る人が減っている証左なのかもしれません。旅行と言えばバスツアーは盛んなのですが。やっぱり新幹線が高いのでしょう。準特急さまをご指名して失礼いたしました。さあ、来週からの浜大津に全力投球することに致します。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください