微笑みの国、タイ王国鉄道の旅 Part12 ART(エアポート・レール・リンク)、BTS(スカイトレイン)とSRT(タイ国鉄)の撮影) 帰国

第11、12日目 12月12日、13日
① 18:33(APL)→バンコク空港00:40(JL728)→翌日07;50関空

② 関空(南海)→難波(地下鉄)→梅田/大阪→長岡京

今日は、タイ滞在最終日です。Y崎さんは14:50のフライトで成田へ、私は翌日になりますが、00:40のフライトで関空へと別れての帰国となります。
早朝に起床、まだY崎さんはお休みでしたので一人で、ホテル下のSRT線路上へと朝食前の散歩撮影に出かけてみました。
01_バタヤイ07_満員の372列車▲ 8:02、通勤用客車4両を中に挟んだ9両編成の満員の通勤列車がやってきました。牽引機は、1980製Alsthom製の4223号機です。121.78キロ離れた中部にあるプラーチーンブリー(Prachin Buri)からの372列車です。定刻より約10分遅れの運行でした。

03_支度

▲ 線路脇では、明るい顔をしたお兄さんが、売りに行く食材の支度を始めておられました。まずはお米の炊き出しです。
11_卵売りのおばあさん▲ こちらはリヤカーで卵を売りに行くおばあさん。左側のピンク色の卵は、タイ名物のカイ・イアウ・マー(ピータン)です。直訳すると「馬のおしっこ卵」という意味で、美味しそうな名前ではありませんが、殻を剥いてから、お粥やサラダに入れたり、勿論単品でも食べられていて、大変美味しいと私的には思います。
原産地は中国で、タイではなぜか見た目が良いピンク色になりました。アヒルの卵を強いアルカリ性の条件で熟成させてつくります。その際にピンク色に着色していますが、中身は普通のピータンです。
08_元気そうなお母さん08_元気そうな親子▲ バッチリと決めて、元気に出かけるヤンママのお母さん。
それに引き替えて、元気をお母さんに取られたのか、うつむき加減で歩くまだ朝ボケの子供さん、今日は学校に行くのがイヤなのかな。

04_保線車両

▲ 8:17、一般列車が走らない片側線を、笛を鳴らしながら保線用のモーターカーがやってきました。一応この路線は複線化されているのですが、なぜか単線のみの使用になっています。遅延助長の要因の一つになっているのでは・・・。
続きを読む