芸備線不通区間の限定運転再開 他

鉄橋が流された狩留家・中三田(なかみた)間を残して、三次・中三田間の運転が4月上旬に始まると報じられました。但し、朝夕の通勤・通学時間帯のみの運転再開だそうです。

平成31年1月16日 中国新聞朝刊

中三田駅は島式ホームの交換可能駅で、無人駅です。流失した鉄橋は中三田の次の駅 白木山駅と狩留家駅間にありますが、白木山駅が1面1線の無人駅で閉塞区間の途中にあるため、閉塞区間の関係で中三田駅止まりとしたのでしょう。ゴールデンウイークや学校の夏休み中は運休という変則的な再開で、通勤というより通学生のための運転再開と言えるでしょう。災害とは無縁ですが、かつて宇品線が営業廃止後 通学生のために部分運転していたことを思い出しました。こういう特別な運転をするのは広鉄のお家芸かもしれませんね。

同紙

さて先日宇部・小野田線のBRT化検討のニュースをお届けしましたが、その関連記事が載っていました。

同紙

我々もBRTについてしっかり「勉強」が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください