関東便り(私鉄乗りつぶし)

関東支部員の鉄鈍爺です。
乙訓の老人氏から「京成のスカイライナーAE形に乗らへんか?」とのお誘いを受け、10月31日に関東在住の有志4人が集まりました。
ただ平日昼間の鉄活動故、常勤者の参加がしづらかったのは残念な点です。

【記念撮影】
※ 管理者により不快感を与えるものとして削除されました。
人物写真の掲載につきましては、十分な注意と配慮をお願いします。
【行動記録】
日暮里駅に集合しました。日暮里駅はスカイライナー専用ホームが設置され、時間により京成本線のホームと乗客数が増減します。
★本線走行の列車接近時

keisei_20131031a

★スカイライナーの接近時

keisei_20131031b

スカイライナーAE形の先頭車に乗り込みました。高速走行区間のポイントは可動ノーズ方式で、通過のギャップ音は聞こえません。
印旛日本医大駅を過ぎると、いよいよ160km/hの走行区間に入ります。これ迄の130km/h走行から更に「グッ、グッ」と力強く加速して行くのが実感できました。しかし惜しむらくは車体の横揺れを予想以上に強く感じるところもありました。
終点の空港駅から再び京成線の成田へ戻るのですが、改札外からは成田空港敷地内となるためチェックを受けました。
成田から芝山千代田へ向かいました。芝山鉄道は日本一、保有する路線が短いとの事ですが、芝山千代田駅前には写真の様な路線延伸計画の看板が立っていました。
さて、この車輌は芝山鉄道の計画車輌でしょうか?

sbym_20131031a

夕方、乙訓の老人が新幹線へ乗り込まれる迄の間、日暮里で飲み会を開催し、昔話に花が咲きました。

 

1 thought on “関東便り(私鉄乗りつぶし)

  1. クローバー会関東支部の4人さま、お付き合いいただきありがとうございました。大幅スピードアップと新線経由の看板に引かれ、関東圏電化民鉄乗り潰しの一環として芝山とはどんなとこかとの好奇心に駆られての今回の行動でした。スカイライナーの新線区間、160Km/60分区間の揺れのひどいのには驚きました。これも印旛沼埋め立て跡地によるものでしょうか。複線から単線への導入ポイント、どこかで紹介されましたが、長野新幹線高崎ジャンクションと同規格とあって、とてもすばらしい乗り心地でした。芝山終点は予想とおりで、アッケラカンとした駅前でした。乗降ホームから飛行機が見えましたが、写真撮影は不適なところでした。成田で乗った電車は5名乗車で到着、折り返し我々5名と他に5名、10名で12:27発となりました。
    1件おわびです。10月19日付【40523】西山天王山駅12月21日開業に合わせ、洛西口駅上り線(本当は下り線?)高架線化予定と記したが、10月29日に裏磐梯の温泉で目覚めたところに、乙訓から「洛西駅が高架になっている」との報が舞い込んだ。春に工事業者に聞いていた話をどこか聞き間違えたようだ。記してお詫び申し上げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください