山陽線河内駅付近の思い出

先日の西村様の投稿に呼応して、久しぶりに書いてみます。画像やプレヴューが見えないので、随分緊張しながら書いて居ます。
河内駅付近の風景。上下方面から降りて来た国道432号線が駅前の旧道とぶつかり、直角に曲がる付近です。

さらに国道を南下し、竹原に向かう途中、新幹線をくぐると不思議な建造物の残骸に遭遇しました。

付近に人家は少なく、商業建築とも思われない頑健な構造に、新幹線建設時の工事用、たとえば生コン工場の跡ではと想像いたしました。

投稿が不適切ならば削除いたします。(2010年3月訪問)

1 thought on “山陽線河内駅付近の思い出

  1. K.H.生様
    久々のご登場ありがとうございます。河内の町を先日歩いてみましたが、大正、昭和の建物や橋が残っていて 時代から取り残されたような雰囲気でした。新幹線横の構造物については現地を訪ねて調べてみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください