三江線と可部線 続報

三江線の代替バス路線(案)が提示されました。ただ これはあくまで中国運輸局の案であって、これをベースに具体案を協議してゆくようです。沿線の地形や道路事情から考えればルートは自ずと絞られてきます。いくつかの事業者が各地域の生活路線として運営し、三次・江津間を乗り通そうとすると 何度か乗り換えるかたちになるのでしょう。乗換えはやむを得ないとしても 生活路線としても旅行者にとっても いかに上手な接続ダイヤを設定できるかが見ものです。運賃も全線乗れば相当高くなるような気がします。

平成29年4月28日 中国新聞朝刊

一方 先日紹介した関連資産の処分に関して 早速反応があったようです。至当な反応だと思います。

同紙

さて可部線の延伸開業から もうすぐ2ケ月になります。何事でも同様ですが お祭り騒ぎが一段落すると ようやく日常の実態が見えてきます。延伸の効果は早急には判断できませんが、今のところ利用客数は目論見以下のようです。

同紙

三江線と違ってプラス要素が期待できる地域ですから、全国の先がけモデル事例になってくれることを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください