【50493】2014年 ドイツ、メルヘン鉄道の旅 Part27 ラーデボイル(Radeburg)鉄道=レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)

106 ▲ 13:23 撮影地② Google座標; 51.149872, 13.677221
青く晴れた空の下、多くの観光客を乗せた9両のレトロ客車編成が丘陵を駆けてきます。
ドイツらしいメルヘンな光景が広がっていました。

Logo Traditionsbahn Radebeul e.V.ラーデボイル(Radeburg)鉄道は、レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)とも呼ばれています。
logoslogan89blau開業は1884年、ラーデボイル-オスト~ラーデブルク16.634キロの路線でゲージは750㎜、最大勾配16.6‰、最高速度30km/h。
ドレスデン近郊にある他の2路線と合わせてサクソン蒸気鉄道会社(SDG)が経営しています。

ラーデンボイル鉄道としての公式HPはこちらです。
レスニッツグルント鉄道としての公式HPはこちらです。 記事の続きを読む


【50430】2014年 ドイツ、メルヘン鉄道の旅 Part26 ドレスデン駅、ドレスデントラム、ラーデボイル(Radeburg)鉄道へ

10▲ 8:53 ドレスデン駅前に向かう主力のボンバルディア製の低床式5連節トラム、NGTD12-DD型、2806編成。2003年より投入されています。最初の32編成にはそれぞれ名前が与えられていて、この編成はゲルリッチ市です
車両長45,090㎜、車幅2,300㎜、出力85kw×8、最高速度70km/h NGTD12DD_Dresden_edited-2ドレスデンのトラムは、1872年開業の馬車軌道で始まり1893年に電化されています。現在の総営業距離は131.4キロ、12系統が運行されています。ゲージは1435㎜です。
ドレスデン交通局の公式HPはこちら
ドレスデントラム路線図は
こちら

記事の続きを読む