総本家青信号特派員さんがテレビに

今朝、辛坊治郎氏のウェークアッププラスを視聴していると、路面電車の復活という話題があり、富山・宇都宮・京都が紹介された。京都の場面には天然色写真の語り継ぎなどで活躍中の我らが総本家青信号特派員さんが登場された。今や鉄道愛好家として不動の地位を固められたもようで、ご同慶のいたりです。京都にLRTをとの地元商人の声や特派員さんのコメントもありました。当掲示板はもとより研究家としてもますます元気にこまめに活躍されますように。

 

6 thoughts on “総本家青信号特派員さんがテレビに

  1. テレビ出演も何回かあり、今回の件も伺っておりましたが拝見できず残念であり、申し訳ございません。最近は写真展でもご活躍で時々サインを求められるとのことで次の時代の人間国宝的存在になられましたね。

    • 「蒸機の時代」編集長からも「見ました」という連絡が私の所へも入りました。多分総本家さんにも連絡があったと思いますので早く感想をお聞かせください。

  2. 大阪通信員様
    おお、ご無事でしたか!
    歳をとると身体のサーモスタットが(最近の若者はセンサーと言うらしいが)壊れて、39度を超えても『暑いことないもん』といって室内で熱中症で倒れると言われています。心配ですから時々コメントを投稿してください。「ああ、生きている!」と後輩一同が安心しますから。

  3. 昨日は朝早くから、見てはならない姿を、公器にさらしてしまい失礼しました。カメラクルーには、上からだけは写さんといてと言っていたのに(笑)、誤解の無いように、マジメなシーンも載せました。模型運転会の時は出席者には連絡しましたが、連絡をしなかった大阪通信員さんは、さぞ驚かれたと思いますが、同時に生存証明もできて良かったですね。さすがテレビの威力で、放送直後から、会の仲間はもちろん、東京の趣味者や親戚、会社時代の仲間から、電話、メールが届きました。私自身も、宇都宮や富山など全国でLRTの機運が盛り上がっていることを改めて認識しました。
    “不動の地位”までにはとても及びませんが、声を掛けられたら、最大限まで応えることを身上としています。最近は、少々オーバーワーク気味ですので、歳のことも考えて、行動したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください