客車廃車体訪問記 内地編59 石川県-4

【甲駅】 37.207344, 137.024687 1987年4月12日撮影
国鉄能登線甲駅構内である。能登半島のこんな辺鄙な所に、廃車になって半年も経たない郵便車がこっそり置かれているなどまだほとんど知られていない頃であった。当日、ホームの桜が満開の能登鹿島駅で撮影した後、甲駅に着いて事務室で許可をもらい撮影を始めたら突然吹雪いて急に寒くなったので、待合室でストーブにあたって暫く待っていたら今度は快晴になり、さっきの猛吹雪がうそのような無茶苦茶な天気であった。
郵便車の廃車体は珍しい。このオユ10 2565はその後、2004年11月16日に能登中島駅に引っ越した由。
◆オユ10 2045(1969年新製 新潟)→(1976年改造 大宮工)オユ10 2565→1986年廃車
↓撮影にとりかかった時の猛吹雪。

2 thoughts on “客車廃車体訪問記 内地編59 石川県-4

  1. オユ1020XXですが2045と言うことにできませんか?
    昭和41年8月たぶん仙台で、列車は大ミハの車輌でした。

    • 昭和41年でしたらオユ10 2045はまだできていませんので、残念賞ですね。でも、これはもしかしたらファーストナンバーではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください