行ってきました、道明寺線・長野線

「近鉄道明寺線・長野線ツアー」が中止となり、残念な思いをしておりました。ところが昨日の天気予報では今日(3/21)は一日中晴天で暖かいとあります、ツアーは中止となったけれど屋外の人の集まらない場所であればそう怖くは無い、移動の電車の中では出来るだけ空いた車両に乗り、おとなしくしていればよい!折角考えてもらったスケジュールがもったいない!と思い立ち「こんな時こそ…」と出掛けてきました。ルートは多少異なりますが「美旗」から大阪線「安堂」まで行き、「安堂」から道明寺線大和川橋梁までは徒歩です。大和川橋梁を渡る6426+6526のワンマン列車柏原方面行きです。

この後、「柏原南口」から「道明寺」「古市」経由で「河内長野」に到着しました。ここから、どですかでんさん紹介の「橋台」へ向かいます、場所がよく判らないまま、線路伝いに歩いて行き途中で地元の方に親切に教えていただき、たどり着くことができました。さすが地元の方は小さな鉄橋(橋台)があることはよくご存知でした。6704・6065連結面です。

当初予定の「松永白洲記念館」はパスしましたが計画されていた場所は回れたと思います。近鉄沿線に住みながら「河内長野行き準急」はよく見かけていたのですが長野線に乗ったのは多分初めてです、まして開通当時の「橋台」が残っているとは驚きです。帰りは、折角南大阪線に来たのにハルカスに寄らない手はありません、以前から気になっていた10階のオープンスペースから河堀口方面を眺めたものを「付録」としておきます。

 

行ってきました、道明寺線・長野線」への2件のフィードバック

  1. wakuhiroさん 河内長野の橋台の所に行ってこられたのですね。私も地図を持っていながら迷ってしまいました。橋台のある道は急傾斜なのは驚きました。私が行った時は近くの畑で草刈りをしている人たちがいて帰るところでした。草刈り機を軽トラに積んで橋台の下をくぐっていきましたが、ちょうど軽トラの幅と橋台の間がちょうど同じぐらいなのでサイドミラーをたたんでゆっくりと登って行きました。よく通れたものだと思ってしまいます。他にも滝谷不動-汐ノ宮間でも写真が撮れそうなところがあるのでどのようなところか行ってみたいと思っています。

  2. 橋台については、道を教えてもらった地元の方が「あそこは軽しか通られへんで」とおっしゃっていました。現地へ行くとちょうど軽トラが通るところでした、よくも擦らずに通れることだと感心しました。コロナが落ち着いたらまた出掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

広告 Ads