広島短信

コロナ騒ぎは落ち着いている広島ですが、インバウンドはもとより外出自粛の風潮は定着し、交通機関の利用者の落ち込みは続いています。広電も同様で、終電の時刻繰り上げが発表されました。

令和2年10月17日 中国新聞朝刊 1面

同上。京都1906(元1920)と京急カラーの3903

バス業界も特に観光バスは窮地に陥っているようです。タクシーも同様でしょうが、終電繰り上げによって、タクシー利用客は少し増えるかもしれませんね。

ところで、先に発表されているように広島駅ビルの建て替え工事が始まっています。

解体工事が始まった広島駅ビル(R2-10-14撮影)

新駅ビルの開業は2025年春の予定です。的場町から猿猴橋町を回って広島駅前に至る現在の路線は、稲荷町からまっすぐ駅ビル2階に乗り入れる新線に変更されます。完成予想図です。

駅ビル外観予想図(JR西のHPより)

駅ビル内観予想図(同上)

駅前大通りの勾配区間を上って新駅ビルに進入する1900の姿を見ることができるか、不安と期待が入り交じります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください