【19879】2012年春の中国鉄路の旅          Part2 満鉄客車を求めて鄭州へ

第2日目   4月20日
① 大世界(地鉄)→上海虹橋火車駅
② 上海虹橋7:45(D286次)→15:09
鄭州 990キロ 7時間24分

今日は、昨日上海駅で受け取った切符を手配していただいた、鄭州鉄道日記さんがおられる鄭州へと立替金支払と、満鉄客車を見るために向かいます。


▲ ホテルの窓から見る上海の下町です。近代的なビルが立ち並ぶ上海ですが、中心部でも昔の上海を見ることが出来ます。
上海虹橋は、市内中心から約40分かかりますので、5時半には目覚めて直ぐに地下鉄駅へと参りました。


▲ 乗車しましたD286次は、「はやて」ベースのCRH2型です。1等車の切符ですが、2等車の車内を改造した1等コンパートメント車になりました。グループ旅行には最適のシートですが、シートピッチが狭いので、他人同士が乗るには辛いものがあります。


▲  上海虹橋を出発した列車は、昨年開業した北京~上海間の京濾高速鉄路を走行します。上海から蘇州あたりの車窓は、水郷に菜の花が満開で見ごろです。春を迎えた大地は息づいていました。
この列車、途中停車駅に着くたびに後続の高速G列車に追い抜かれます。発車してすぐの昆山南では3本、無錫東蚌埠南でも追い抜かれていました。300km/hの高速路線に最高速度200~250km/hのD列車が混在して走行しているので仕方ありません。9つ目の停車駅の徐州東では、スイッチバックで、在来線に降りて鄭州へと向かいました。
鄭州には、定刻より24分遅れに到着、予約してあった駅前の中国ビジネスホテルチェーン店の錦江之星鄭州火車站店にチェックインしました。


▲ 左上は宿泊したホテル内ですが、これで1泊2,414円。一人で泊まるには十二分な広さで快適でした。右上からは、鄭州鉄道日記さんお勧めのなべ料理屋さん、麺を頼みますと可愛いお嬢さんが、鄭州名物のフイ麺を目の前でのばして切って入れてくれます。


さて、明日は鄭州世紀歓楽園に保存展示されていますテンイネ2型とよく似た特別車「トク2」を視察に参ります。あまり分らなかったこの車両をじっくりとお見せしたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.