台湾一周駆け足旅行(2)

<3月21日> 台中⇒二水⇒車埕⇒集集⇒二水⇒嘉義⇒北門⇒タクシー⇒嘉義⇒高雄⇒MRT西子湾⇒高雄

虎尾サトウキビに代わり集集線乗車、嘉義で阿里山鉄道北門まで乗車、自強号で高雄に向かい、時間があれば高雄港の鉄道故事館に行くという乗り鉄に変更。

集集線乗車というよりも始めての台鉄支線乗車経験である。二水からは日本車両製DR1019に乗車。室内灯にはカバーがつき運転室横まで座席スペースがあり、そこは特等席。今にも雨が降り出しそうな天気の中、2705車次は8時3分定刻に二水を発車。8時50分に車埕に着く。折り返し9時00分までの10分間で駅舎やディーゼルロコを撮る。後でわかったことであるがここは以前ゼミ旅行の時宿泊した景勝の地日月潭の入り口である。

集集線車埕駅9時00分発車直前の2706車次台中行きDR1006↓

s-13.3.21車埕1006

 

車埕から二つバックし集集駅で本日唯一の走行写真を撮る。走行写真と言ってもどなたか以前ここへ来られた方の情報で駅からものの5~6分も歩けば南国ムードの景色が撮れる。集集駅は日本のローカル駅そのもので、付近にハイキングコースでもあるのかお土産屋があり観光地のムード。駅前には阿里山シェイ22号が屋根付きで綺麗に保存され、若者ハイカーが盛んにシャッターを切っていた。

集集駅舎 日本のどこにでも見られた懐かしい駅舎↓

s-13.3.21集集駅

集集駅前保存の阿里山森林鉄道22号シェイ↓

s-13.3.21集集22

集集~水里間の南国ムードの中を行く2707車次台中発車埕行きDR1009↓

s-13.3.21集集DC

 

二水にはC57が保存されており、朝の列車内から確認しておいたので行ってみた。屋根付きでサトウキビ鉄道の345号と並んでいたが、荒れた感じの保存状態であった。なお、このC57であるCT278は現役時代台中駅で撮影している。↓

s-13.3.21二水CT278

 

二水からは台湾名物阿里山森林鉄道をかじることになり、始発駅の嘉義に向かった。雨の中、駅前食堂で昼食をとる。阿里山森林鉄道は嘉義からは平日は隣の北門まで2往復あるのみという。話のタネに乗車してみようということになった。

嘉義駅阿里山森林鉄道北門行き APC6+APC9+DL45↓

s-13.3.21嘉儀APC6

ナローの車内 我々以外に客は居らず運転関係者の数の方が多かった。↓

s-13.3.21車内

 

北門には車庫と鉄道公園があり、蒸機シェイ、客車、DC、ディーゼル機を撮影することができた。アメリカリマ社製23号と客車。シェイはアメリカコロラドの山中にあるジョージタウン鉄道以来久しぶりに見る。↓

s-13.3.21北門23

中興号DCでかつて多くの鉄道雑誌や写真集で紹介されたので始めて見たにもかかわらず何となく懐かしく感じた。↓

s-13.3.21北門中興

 

北門では雨があがり、太陽が出て猛烈に暑くなってきた。タクシーで嘉義に戻り、15時35分発自強号123車次で高雄に向かった。高雄は17時前に到着したが、もう一仕事あり、MRTで西子湾に行くことにした。西子湾駅前には打狗鉄道故事館があり保存車両C55がいた。山陰・播但、日豊・吉都・肥薩・筑豊、室蘭・宗谷の各線で撮ったが、現役撮影は1969年3月の旭川が最後である。展示のCT259(C55)と後方DT609(9600)↓

s-13.3.21高雄港CT259

高雄港駅構内を利用したこの鉄道故事館にはCT259(C55)とDT609(9600)および客車が展示されており、散歩がてら夕涼みの人で賑わっていた。その中の地元古老グループにセピア色の高雄港機関区の写真を見せたら、近くに見える山の方向を指さしてその場所を教えてくれた。しかし、今一よくわからなかったのでこれは次回の宿題とする。写真は1968年3月20日撮影の高雄港機関区のCK59、EK903、DT563である。

CK59 CK50形は1905~12年汽車会社で14両製造され勾配区間に使用された。↓

s-68.3.20高尾港CK59

EK903 日本では板谷峠や大畑で活躍した4110。現役では美唄鉄道で見たのみである。EK900形は1915~16年汽車会社で11両製造された。↓

s-68.3.20高尾港EK903

DT563 アルコ製9600であるDT560は14両製造され、苗栗に1両保存されている。↓

s-68.3.20高尾港DT563

鉄道故事館を後にする頃にはすっかり暗くなった。ホテルで6名全員が集合して釜飯屋で明日以降の旅程の確認と無事を祈念して乾杯した。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください