三重・岐阜の旅(1)

写真展の最終日に祇園を訪ねたあと、近鉄特急で伊勢方面に向かいました。主目的は三重県下の私鉄・専用線訪問です。まずは訪ねたことのないJR名松線の乗り鉄から開始です。

平成21年の台風18号による被災によって 家城駅から伊勢奥津駅まではバスによる代行運転が続けられ、鉄道の存続も危ぶまれた名松線ですが 平成28年3月26日に不通区間は復旧し、何とか運行が続けられています。松阪発9:38の411Cで名松線初乗りです。

平成29年5月11日 松阪・六軒間の名松線分岐点

松阪駅を出てすぐに紀勢本線から分岐するのかと思いきや、かなり本線上を走ったところでようやく分岐点があり、またそこから本線とかなり並走してからようやく本線と離れてゆきました。

上ノ庄駅、権現前駅あたりまでは平野部で海抜が低いせいか、線路ぎわに点々と津波来襲時の避難方向を示す標識が立てられていました。約30分で唯一の交換駅 家城駅に到着です。名松線はJR東海で唯一の通標(タブレット)が今も使われている線区です。

キハ11-306の運転台とタブレット

家城駅で408Cと交換です。家城駅には通標扱いのために駅員が配置されていました。すべての上下列車とも家城駅では 駅員がタブレットを一旦事務所に持ち帰って閉塞作業をするため 停車時間が13分もとられています。

家城駅で413Cと交換。13分停車。

まったりとした時間が過ぎて家城駅を発車。次第に山あいに入って行き、15‰や20‰の勾配標が出てきます。軌道や線路脇の樹木の伐採などは非常に良くメンテされていて、中国地方の山間部では珍しくない25Km/hなどの速度制限区間は全くありません。

このあたりは伊勢茶の産地でもあり、茶畑が点在しています。

緑鮮やかな茶畑が点在している。

約1時間半で終着 伊勢奥津に着きました。一本突っ込みの駅でした。

ツタに覆われた給水タンクが残っている伊勢奥津駅

終着駅独特の風情を楽しんだあと、伊勢奥津発11:30の410Cで松阪に戻ります。そして再び家城駅で交換です。

家城駅で413Cと交換。高齢者にはなくてはならない名松線。

タブレットの受け渡し

かつて43両が在籍したJR東海のキハ11も 現在では300番台の6両だけとなり、そのうちの4両(303~306)が名松線で活躍しています。各地のローカル線同様、名松線は高校生と高齢者には無くてはならない鉄道であることを実感した3時間の旅でした。

4 thoughts on “三重・岐阜の旅(1)

  1. 西村雅幸さま
    名松線は初乗りでしたか。小生は2月に再訪しています。タブレットの存在は知っていましたが、家城での長時間停車にそんな秘密があったとは知りませんでした。この交換シーンは懐かしいですね。
    初めて乗ったのは昭和47年頃で、米手作市さまと一緒でした。京都駅朝8:15発の近鉄特急で出発、名松線を往復してから復路の草津線貴生川からの信楽線にも乗りました。
    名松線は家城から先、特に奥津に近づくにつれ結構勾配区間もあり、SL時代(どんな形式だったかは知りませんが)はいい撮影地があっただろうとの印象をもちましたね。
    奥津での折り返しの間に駅前にあった三重交通のバス停をのぞくと、近鉄名張駅行のバスが確か4本ほどあったと記憶しています。勿論現在は自治体バスしかありませんでしたが。
    余談ですが名松線用キハ11はお昼前に関西線を東上し、名古屋まで検査?回送されているのを目撃しています。伊勢市にも基地があったはずですが、現在はもう無いのかもしれません。

    • 1900生様
      松阪発9:38の411Cに乗る前に 同じホームに停車していたキハ11が回送で名古屋方面に出発してゆきました。8:56着の406Cが2両で到着し、1両を切り離して回送したのではと思います。奥津では時間が無く バス停を見るヒマがありませんでしたが、確か名張行きは廃止されたのではないでしょうか?C11が走っている頃に来ておけば良かったのにと思いながら車窓風景を楽しみました。伊勢市で泊まったホテルの部屋から旧伊勢機関区が一望できました。機関区の車庫などはありませんが留置線や洗車線があって、キハ25が駐泊していました。

  2. 西村雅幸様
    写真展に行く1日前に名松線を見ました。この日は私の70数年目の誕生日でしたが近鉄の伊勢中原駅で下車して接近しているJR参宮線と近鉄の併撮を試みました。結果は「二兎を追うものは一兎を得ず」でしたが、ゴ-ルデンウィ-ク最終日で団体列車等日頃見られない車両が次々にやってきてまあそこそこの収穫もありました。ところで西村さんのご報告のとおりでこのあたりはJR2線が近接しており参宮線の六軒駅から西側には少し距離がありますが名松線が走っており結構長時間キハ11の姿が見られました。本当は三兎を追うつもりでしたが体力的にあきらめざるを得ませんでした。名松線も未乗車路線ですのでくたばる前に乗ってみたいと思っております。レポートありがとうございました。

    • 準特急様
      いつもコメントありがとうございます。三重県は熊野地方も含め殆ど足を踏み入れておらず、駆け足ではありましたが欲張ってあちこちを巡りました。旅の成果を順次アップしてゆきますので、引き続きコメントをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください