島君の近況

広島地方の酒造メーカーの御曹司であった1981年度生の島靖英君と

京都駅で20年ぶりくらいに再会しました。

貴重なる鉄道情報源の当会BBSで、個人の近況を載せるのは

いかがなものかという懸念はありますが、1980年前後の会員には

大変知りたい情報かと思い報告いたします。

会員連絡用の第2掲示板のようなものがあればいいのですが、

今の段階では無いので、2週間くらい載せてこの記事は削除しようかと

考えております。コメントがあれば欲しい気持ちもあります。

彼も48になり、営業担当責任者という職責は重いですが、大学ゼミの

交流会に出て来る程度の時間がとれるようになったので、私はOB会

行事への今後のふるっての参加を勧めました。

なお、「関西で白牡丹は飲めないのか」という私の質問に対し

「阪急オアシスに1銘柄だけ置いてもらっている」そうです。

早速池田駅のお店で買い求めたのがこれ。

「さらりとうまくち」720mlで750円くらいでした。

紙パックのトップには「うまさがちがう白牡丹」のコピーが。

この文面について1982年度生の諸君、解説(怪説)と感想を

述べよ。

4 thoughts on “島君の近況

  1. (乙訓の長老様が酩酊したらしく間違って投稿されました。僭越ながら介護人として投稿し直します。)

    島君!げんきですか。1992年秋の連休に旦那コト2代目会長の帰京記念で行われた野辺山荘を舞台として行われたOB会に、”白牡丹”御持参で参加してくれたことを乙訓の老人は覚えています。今年も11月7日ホームカミングディに集まります。貴兄の参加をまっていますぞ!

  2. 広島県三原市にも酒造メーカーはいくつかあったのですが、芸予地震で被害を受けたりで廃業が相次ぎ、今では「酔心」だけになりました。「酔心」もきらいではないのですが、今では西条の「白牡丹」や呉の「千福」を愛飲しています。「白牡丹」の御曹司が我がクローバー会の仲間とは思いもよらず、驚きました。これからは「白牡丹」ひと筋でゆくことにします。うれしい情報をありがとうございました。・・・・飲みすぎに要注意!?・・・・・・

  3. K.H.生こと1979年@弘津興太郎です。

    温かいコメントありがとうございます。
    このまま載せておいてもよいでしょうか。
    失礼いたします。

  4. 島君より、先輩方へ、お礼のコメントをいただきました。
    さしあたりない程度に紹介しておきます。

    今回は私の近況と白牡丹のPRをしていただき、ありがとうございました。
    西村先輩、田野城先輩に、どうぞ宜しくお伝えください。

    あらためて、大学時代4年間、DRFCに所属させていただくことが、できたことが、いかに素晴らしいことだったか、あらためて感謝しております。

    今まで、DRFCの皆様に、不義理をしてばかりでしたので、鉄道趣味では、役にたちませんが、何かしらのことで、お役にたつことができないかと思っております。

    以下は略させてもらいました。

    どうぞよろしくとの旨、お伝えしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください