三江線だより(1)

廃止まであと1ケ月となった三江線ですが、これから先いろいろな報道や情報が飛び交うのではと思います。あまり関心のない方もおられるかとは思いますが、適宜デジ青に載せてゆきますので、現地訪問の参考にして頂ければ幸いです。なお三江線以外の中国地方ネタも便乗させますのでよろしく。

平成30年2月28日 中国新聞朝刊

現在の尾関山駅は1面1線の無人駅ですが、かつては島式ホームの交換可能駅で貨物ホームもある有人駅でした。無人駅になったのは昭和60(1985)年2月1日からで、1987年頃から切符を委託販売されたのでしょう。

平成27年4月5日 尾関山公園から見た尾関山駅

例年以上に厳しい冬だった今年の桜の開花はいつ頃になるかのかわかりませんが、沿線各地で見納めの桜が写材になることでしょう。

さて可部線の延伸開通から1年が過ぎようとしていますが、記念入場券が発売されるようです。

平成30年2月28日 中国新聞朝刊

ところで入場券1枚140円の3枚セットで420円は至極当然なのですが、先般発売された「平昌オリンピックメダリスト 公式フレーム切手」は82円切手5枚=410円のものを1400円で売るというのは、あまりに高すぎるように思うのですが・・・。JR西も正直な日本郵便と結託して三江線廃止記念切手を売り出して、いささかなりとも赤字を補填すればどうでしょうかね。C623の62円切手10枚にZゲージの模型が付いて8900円というのもありますから、モノの価値がよくわからない昨今です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください