【98870】水害からの復旧 道遠く(続)

各線区の復旧見通しは下図の通りです。

 

平成30年7月19日 中国新聞朝刊

山陽本線の全通は3ケ月以上先、呉線全通は半年先を目指す、芸備線の狩留家以北や福塩北線は1年以上とのこと。なんともはや、言葉もありません。鉄道網で言えば三次は陸の孤島状態です。

同紙

先にお知らせしました福山・三原間の開通についても記事が載りました。

同紙

広電撮影など広島に行く際には、本郷駅までマイカーで行き、山陽本線を利用することが多かったのですが、当面はマイカーで広島まで行くか、新幹線を利用するしかありません。とは言え代替手段があるわけで、贅沢は言えません。1日も早い復旧が望まれます。

水害からの復旧 道遠く(続)” への2件のコメント

  1. 西村雅幸様
    河内~本郷間はセノハチほど有名ではないが隠れた好撮影地と前に書きました。また、一般的に好撮影地は災害時には最も被害を受けやすい場所と感じているのは私だけではないと思います。山陽本線は東海道本線と並ぶ2大幹線と学んだ古い人間です。その山陽本線も4本のブルートレインが走っていた時代と異なり併行して新幹線が走っており、ローカル線となった今は全国的な経済等の影響は以前よりは大きくないと思いますが、地元の方々には生活の一部であり貨物輸送も打撃を受けていると思います。早い時期の復旧を祈ります。

  2. 準特急様
    引続きのコメントありがとうございます。山陽本線は確かにJR西にとってはローカルな生活路線ですが、JR貨物にとってはドル箱の大動脈の筈です。例えば長距離宅急便の拠点間輸送は鉄道コンテナにシフトしていますが、それがマヒしたため中国自動車道や山陽自動車道は大型トラックの通行量が増えていると思われます。長距離トラックドライバーの不足が深刻ななか、過労運転や不法操業が増えないかと心配です。全国の遊休DLを集めて、山陰本線経由の貨物列車を増発できないかとつい考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください