秋の中国一人旅2010年 Part8 調兵山

第8日目 10月28日
夜明けと共に目覚めました。6:28王千行き、6:40大明行き、7:16大青行きと連続して発車します。この牽引機関車を見ておかないと今日の運用が分らないので、急いで調兵山站に向かいました。


2010年10月現在の調兵山站発着の時刻表です。2年前と殆ど変わっていません。

朝の調兵山站。SY形に替わって見慣れないDLが王千行きを牽引していました。今回初めて見た湖北省襄樊市にある襄樊金鹰轨道车辆有限责任公司製造の「金鷹GCY-450号機」です。このメーカーは主に軌道試験車等の特殊事業車を製造しています。

しかし、全列車ともDL牽引です。SY1770号機は、待機状態で留置されています。いつものように追っかけをする必要がなくなったので、いつもは破棄する朝食券を使って、ホテルで初めての朝食をしました。

8時に営業開始する旅行社に行こうとすると、7:50SY1170号機が突然に単機で発車して行くのが見えました。直ぐに旅行社で、今日のSL運用を機関区に聞いてもらいましたが、「残念ですが、今日の運用はありません。」との返答でした。先ほどは、大青機関区に回送される運用だったのだろう。今日は休んで疲れを取る日だという事なんだと部屋に戻って、不貞寝としました。


11:00、起きると青空が広がっています。明日に備えてロケハンをしておこうと、大明の街まで行ってみる事にしました。列車だと約45分かかりますが、Taxiだと約15分で着きます。

鉄路とは離れて一直線に延びる舗装道路を行きます。多く見られる馬車もここでは現役の交通機関です。大明の街には屋内・屋外の市場があり、野菜・果物・肉等の全ての食材が揃います。料理好きの私としては珍しい食材を見るのが楽しみでもあります。


東風5B-0037号機が牽引する106次

① 大明12:58(106次)→13:44調兵山
② 調兵山14:06(403次)→15:37东開屯16:17(406次)→17:56調兵山

大明からは12:58に乗車。SL運用がないのでまだ行った事のない东開屯まで往復しようと計画しました。ところが、調兵山に着いて东開屯行きの列車に乗り込み発車待ちをしていると、SY1770号機が暁南からの206次を牽引して到着しました。騙されました。予定変更です。折り返しの列車を牽引して発車準備をします。


14:26、大青に向けて発車する先ほどの東風5B-0037号機が牽引する309次。
調兵山站で並ぶ大明行きと、王千行き列車。DLは、東風4-7720号機。

時間がないので、調兵山站発車を撮った後Taxiで橋南~暁南間に先回りして待ち受けましたが、来たのはDL牽引でした。

15:21、王千行きの205次を牽引するのは、東風4-7720号機でした。橋南付近にて。

SY1770号機は、暁南から来たので折り返しはてっきり暁南に向かうと思い込んでしまっていました。次の運用は、大明行きになっていたのです。発車前に機関士に聞く時間がありました。発車した時間をデジカメで確かめると、大明行きの時刻でした。確認すれば分った事なのに、冷静さを欠いていました。しばらく自己嫌悪に陥りました。
仕方ありません、大明への撮影地に行くにはもう無理ですが、折返しが撮れます。待たせておいたTaxiの運転手に大明へ向かうように指示しました。

SY1770号機牽引の大明発調兵山行きの108次が発車を待つ。


落日の大明付近。右の写真は、こんな感じを撮りたかった合成です。


17:01、もう30分日没が遅ければ、良かったのですが・・。これが精一杯でした。

大明站到着後はSY1770号機を確認してから決めていた撮影地で待ちますが、刻々と日没が近づき思い描いていた光景は列車が来る時には、日没と共に消えてしまいました。もう少し日没が遅ければ傑作を撮れたはずなのですが、残念です。

おまけに調兵山站へ戻ると、もう1台のSY1771号機がいます。大青からの列車を牽引していたと機関士は言います。今日はSL運用のない日だと言われましたが実際は4本の運用がありました。自分のミスもありましたが、こうゆう事があるのでここでの撮影は難儀です。明日は、旅行社に間違えがあった事を伝えて、確実な返事を聞いてもらえるようにする事にしました。  Part9へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください