秋の中国一人旅2010年 Part16 帰国

前回投稿してから随分と経ってしまいました。1年間動き回ったので全身点検に行きましたら、即日入庫を命じられ軟禁状態となりました。加えて、車庫内感染で約40度の高熱を発症し絶対安静です。今年は最後までいろいろと予期せぬ遭遇にあいます。とうとう開放は、年末となってしまいました。勿論こんな半月以上におよぶ入庫は初めての経験です。今日は朝から雪の降る1日でした。総本家青信号特派員のようにカメラを持って出かけたいところですが、自由の身となってもこれからの予定を考慮すると、年末年始だけでもおとなしくせざるを得なく残念です。


第15日目 11月4日
①上海虹橋空港13:05(JL082)→16:30羽田国際空港
②羽田 16:53(京急)→品川(JR)→17:46池袋
第16日目 11月5日
①池袋(JR)9:40→ 10:15大宮_鉄道博物館
② 大宮14:20(JR)→浜松町(モノレール)→羽田
③羽田16:30(JL127)→17:40伊丹
④伊丹(モノレール)→南茨木(阪急)→長岡天神→帰宅

11月3日夜は宿泊先のホテルに長期滞在されている日本人の方のお薦め按摩に行き、溜まった疲れを2時間念入りにほぐしてもらいました。おかげでゆっくり安眠できましたが、起きて時計を見ると何と11時です。今日の飛行機は13:05発です。2時間しかありません。さすが慌てました。スーツケースに荷物を詰め込みチェックアウトすると、もう1時間半もありません。

地鉄乗車だとたっぷり1時間はかかり間に合いません。フロントでTaxiだと何分で行けるか聞くと、多分30分以内との答えが返ってきましたので、Taxiを捕まえて上海虹橋空港へと向かいました。車中でJALに電話をしてギリギリまで待ってくれるように連絡して、出国審査場までの優先誘導も依頼しました。運転手にはフライト時間を告げて無理はしないが早く着くように頼みました。
今まで早くに起きる事はあってもこんなに熟睡したのは久しぶりです。昨夜の按摩が効き過ぎました。途中で、電話をしておいたJAL担当者からも心配の電話が入りましたが、結局空港には余裕の到着で安堵しました。

帰国後は、池袋駅近くの居酒屋で準特急先輩と来年の中国SL撮影計画の打合せを行い、翌日は初めて鉄道博物館を見学して、往路と同じく羽田、伊丹圣由で帰宅しました。無事に15泊16日間の2010年中国一人旅を終えました。




以上が、今回の行程表、乗車した列車の時間・距離と運賃明細と現地旅費費用の明細です。旅費は前回と違って、天津で日本料理屋に行きましたので、日本で飲食するのと同じくらいかかりましたが、地方に行くと10分の1以下ですみます。列車も新幹線や高い電車寝台に乗車しています。現地移動では時間の有効利用のためにTaxiを利用しましたので結構かかりましたが、日本とj比べると格安です。

人民元の切り上げが実施されれば旅費も高騰しますので、それまでには出来るだけたくさん行こうと思っております。次世代新幹線車両のCRH380A乗車ご案内、地方に残るSL撮影、満鉄客車の視察引率もお引き受けしております。中国版新幹線は来年も続々と延伸を続けます。待望の上海~北京間も開業します。遅れていた地铁の開業も相次ぎます。 来年も頑張って大地に向かいたいと思っております。
それには、何よりも健康な身体が必要不可欠です。今回の年末騒動にならないように、大好きな米ジュースや麦ジュースですが、少し控えめにしなければと思いました。皆様方も健康にはご注意下さい。そして、来年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください