ことしは 伏見線廃止50年

間際になっての案内で恐縮ですが、明日2月16日(日)だけ、伏見区役所(伏見区総合庁舎)で、こんなイベントが開かれます。

 伏見 歴史Do!フェス2020
 2月16日(日)11:00~16:15
 伏見区総合庁舎 一階ホール(京阪丹波橋駅から西へ10分)

伏見の歴史に関係する、さまざまな団体が合同で資料展示・プレゼンを行なうものです。伏見線の歴史の掘り起こしに努めておられ、私もお世話になっている「伏見チンチン電車の会」さんも出展され、私も写真展示、映像解説のお手伝いをします。何分にも展示は一部であり、急なお知らせでもあります。強制はしませんよ。ヒマを持て余して困っておられる方だけに、そっとお知らせしておきます。
京都市電伏見線…、昭和45年3月限りの廃止だから、ことしちょうど50年を迎える。しかも日本最初の電車営業路線として京都電鉄伏見線が開業してからは125年だ。もう50年経つのか、ほんとに感慨深い。伏見線の思い出は、何と言ってもDRFCのヘッドマークの製作だ。その前年の江若鉄道廃止のヘッドマーク贈呈に味をしめて、伏見線でも‥‥と思い、例によって、あり合わせの材料で急ごしらえをして、3月30日午後、予約もなしで九条車庫へ乗り込み、局長に直談判した。江若は即OKだったが、そこはお役所のこと、その場では結論が出ず、預かりの形で、その日は終わった。果たして翌31日の最終日、朝早くから伏見線に駆けつけると、なんと廃車になる500形のトップナンバーで、装飾車の501に燦然と輝いているではないか!しかも、本来「急」マークを取り付けるステーにDRFCマークを取り付けたため、「急」はなんと腰板ライトの網に差し込むという心配りで、何とも賑やかな前面だ。急いで、分かる限りの会員に電話して吉報を伝えた。結局、この日一日、最終電車まで501はヘッドマークを付けたまま走り、多くの市民の目に焼き付いた。

伏見線がなくなってから50年、本デジ青でも、順次、思い出を綴って行くことにします。

5 thoughts on “ ことしは 伏見線廃止50年

  1. 総本家青信号特派員様
    前年の江若鉄道に続いて伏見線の廃線があったこの時期、私は高3の受験生でした。夏から秋にかけては江若鉄道の撮影にうつつを抜かし、年明けの受験に失敗、最後の二期校の試験が終わった3月28日、この日はまだ受験の発表前でしたが、もう開き直っていて伏見線の写真を撮りに行きました。数日後に出た結果はやはり不合格、浪人生活の始まりとなって、伏見線の廃線と共に何か暗い記憶が残っています。

    • 大津の86さま
      伏見線の思い出、ありがとうございます。大学の合否結果を待たずに伏見線へ行かれて、戦闘的に撮っておられたのですね。だいたい鉄道の廃止は年度末が多いですから、受験結果や、そのあと社会に入ってからも転勤や異動と重なって、ホロ苦い思い出とつながりますね。

  2. 去る16日(日)に5時間だけ開催しました本展示でしたが、「ヒマを持て余している人のみ限定」と謳ったところ、3名の会員に来場いただきました。うち2名は、酒を飲みに伏見の街へ去って行ったあと、再び来場という熱心さでした。厚く御礼申し上げます。さて展示は、市電関係ではなく、鴨川運河、伏見市、指月城、車石、大和街道など、伏見に特化した歴史研究の市民団体の展示があって、教えられるもの多く、伏見の歴史の厚みを改めて知りました。

  3. 総本家青信号特派員様
    市電中心の展示ではなかったんですネ! それは残念でした。
    貴殿がアップした写真の『廃止日』は小生は既に社会人で、尚且つ関東帰化人となり果てた時期でした。
    従って、その歴史的な路線の、しかも歴史的な日に立ち会う事が出来ず残念に思っております。
    京都市電の中でも北野線と並んで伝統ある伏見線には結構思い入れが有って、両線の沿線を行ったり来たり歩いて撮影した思い出が蘇ります。
    今度、市電関連の写真展等があれば、是非一枚でも参加したい気持ちで一杯です。

    • 河さま
      京都市電の大先達からコメントをいただき、恐縮です。改めて、河さんの鉄道ピクトリアル2012年10月号の「京都市電」を拝見しました。私がいま書いている伏見線のことも、きっちり記録されており、私など記憶にしか残っていない高倉陸橋の旧経路の記録もされているんですね。最終の時期は、関東に“帰化”されていたと言うことですが、全盛時期をきっちり記録されていたこと、改めて凄いと思いました。今後、市電の展示・写真展がありましたら、また本欄でご案内いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください