2022年春 桜前線追っかけ旅 Part4 長良川鉄道Ⅳ

第2日目 4月6日 午後の部

歯ごたえ十分なおそばで満腹になりましたので昼からの撮影再開です。
前回気に入っていた那比川橋梁に再訪です。

▲ 12:45 深戸⇒相生 対岸の国道からの撮影です。列車は美濃太田始発北濃行きの7列車です。俯瞰できればもっと素晴らしい光景が見られるのですが高齢者が崖を登るのは無理です。ドローンが欲しいですね。

▲ 13:31 駅前の桜が素晴らしい相生駅です。ホームに入線してくる列車(北濃始発美濃太田行きの12列車304号)と一緒に撮りたいと思っていましたので待ちましたが車が邪魔でした。もう一度、朝に再訪することにしました。

▲ 14:03 深戸⇒相生 沿線にも桜並木があります。美濃太田始発美濃白鳥行きの9列車503号がトンネルから出て駆け下りてきました。

この語、午後から撮影したいと思っていました湯の洞温泉口へ向かいました。

▲ 15:09 朝は山影になっていた湯の洞温泉口に再訪しての撮影ですがやや逆光気味です。列車は美濃太田始発郡上八幡行きの11列車303号です。

▲ 15:51 北濃始発美濃太田行きの14列車306号が降りてきました。こちら側は順光です。

▲ 16:26 八坂⇒みなみ子宝温泉 列車は美濃太田始発北濃行きの13列車304号です。気になっていた場所なのですがレンズが抜けない細かい網にアングルが取れません。

▲ 16:32 みなみ子宝温泉⇒八坂 下りてきた郡上八幡始発美濃太田行きの16列車303号です。

今日は朝早くから行動しています疲れもあります。早く温泉に浸かって休みたいと宿営地に選んだ「道の駅 古今伝授の里 やまと温泉」へと向かうことにしました。
走行距離は約28㌔、所要時間は約40分です。

途中、美濃大和のスーパーに立ち寄ってビール・日本酒を仕入れてからやまと温泉へ入場です。
びっくりするほど広い道の駅で地元野菜売り場の他大きな温泉、食堂街、近くにはホテルまで備えていました。大変に立派な道の駅です、最近は道の駅での車中泊を拒否されるケースがありますので心配で聞いてみますとOKとの返答があり安心しました。


▲ 18:42 温泉にゆっくりと入浴後、レストラン山法師で夕食です。注文は中生ビールとお薦めの「おろしハンバーグ定食」(1,280円)にしました。
食後は車内泊の準備ですがエアーマットが上手く作動しません。四苦八苦で何とかセッチングできましたが寝心地が良くありません。明日もこれでは車中泊はしんどいと、宿泊ホテルを予約しました。こんな事は初めてです。

明日は越美北線と越美南線がつながらなかった峠を越えて福井県に向かいます。今日ちょっと気になった相生駅の朝の光景を撮ってからとしました。
 Part5 へ続く

2022年春 桜前線追っかけ旅 Part4 長良川鉄道Ⅳ」への2件のフィードバック

  1. ぶんしゅう様
     見事な桜と山の新緑、やさしい花の色と新芽の色の融和はまさに「日本の春」ですね。
     ぶんしゅうさんの撮影に関しての熱意は凄まじいものですね。お陰様で山の春を堪能させて頂きました。
     車での撮影旅行、さぞかしお疲れのことかと思いますが、お大事になさってくださいね!
     次の福井編を楽しみにさせて頂きます。

    • マルーン様、コメントをいただきまして、ありがとうございます。
      今回は桜の満開状況がよく読めずで苦労しました。天浜線も交えていければよかったかなあと思っています。日本にはもっと素晴らしい桜と鉄道が見られる場所がありますので来年は新規開発に努めたいと思っております。
      福井にはご一緒したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください